☆ 1/100 リガード 足首関節の可動範囲拡大

1/144 初代MSV MS-06R-1Aについては、完成の姿が見えてきていますが、そうなると急速に制作意欲がダウンしてしまいます。やはり、ドラマ性のない単体作品だと、モチベーションの位置が難しいんですよね。とは言え、一度お休みするだけで、近い将来必ず完成まで持っていくつもりです。さて、

20170604134719843.jpg

今井科学製の1/100リガード、現在の水準で見てもなかなかの良作キッとです。ドラマ性のあるシーンが浮かんできたので、取りかかることにしました。作例としては他にもあるのですが、私なりにもう少し踏み込んだ情景にしていきたいと思います。

そのためには、下腿を大きく後ろに傾ける必要があります。そこで足首関節の可動幅を広げます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A モノアイガードの木型

モノアイレンズの周囲を囲う透明のガードをバキュームフォーミングするため、木型を作ります。

20170515102322a84.jpg

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A みぞおちの動力パイプ基部

初代06のキットは、このみぞおち部分が一番前方に出っ張っている幼児体型です。

20170515102324fa6.jpg

トップバストよりは引っ込めないと、プロポーション的にバランスがとれないのと、パイプ構造をはっきりさせるために、実際にパイプを埋めました。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 動力パイプパーツ切り離し

金属光沢と質感を活かすべく、真鍮パイプで動力パイプを作ろうかと思ったのですが、金属加工が面倒なのと、元々のプラ部品を加工しても良いんじゃないかと思い、切断してみました。

201705061612167fc.jpg

中心部に穴を開け、数珠繋ぎにして可動できるようにします。やはり課題は、精度確保ですね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 腕間接取り付け

腕の各関節を取り付けました。

IMAG2379[1]

ひじは、ほぼ180度曲がります。 仕上げが大変ですね。

☆ 芝刈り初め 2017

夏日となるほど暑くなり、雑草も目立ってきたので、昨日、刃を交換したし、今年最初の芝刈りをしました。

20170416_170952863[1]

芝焼きをしておいたので、毛足も短く、効率的に刈り込めました。

☆ 芝刈り機の替刃の自作

何年前に買ったかもう忘れてしまったけど、たぶん15年以上前だったと思います。

20170415_180921902[1]

替刃の入手方法もなく、毎年すり減る一方でした。構造が簡単なため、自作できるはずと思いつついたのですが、いよいよ末期になったため、金属プレートで替刃を作ってみました。材料費はたったの134円。

風を起こしてゴミを吸引するため、翼端をねじってプロペラ状にします。グラインダで削って刃に仕上げたら、元通りの性能が復活しました。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 腰部装甲取り付け

糸ヒンジは綺麗な仕上がりにならないので、やはりゼムクリップを利用したヒンジにしました。

20170409_201520197[1]

L字型にして回転軸とし、装甲内部に埋め込みます。

20170409_201350996[1]

取り付け精度は、かなりシビアです。どうしても出てくるズレは、プラ板やプラシートでチリ合わせをしていきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 腰部前面装甲取り付け

糸ヒンジでの取り付けですが、精度はばっちりでした。

IMAG2377[1]

接合断面が汚いので、溶きパテで修復します。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 腰部装甲の糸ヒンジ取り付け

腰部装甲の可動軸は、スペースが限られるので、糸で吊るすことにします。

IMAG2374[1]

 問題は、取り付け精度ですね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A プロポーションチェック

スカートとふんどしがやや短いかなという感じはしますが、腰回りのボリュームも適度な感じだし、足も長すぎず凍土いいんじゃないでしょうか。

IMAG2368[1]

動力パイプが加わると、がっしりして見えるとこでしょう。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 胸部と腹部の接合板

半球状の腹部と角ばった胸部を、デザイン的に滑らかにつなぐために、台座となる板を接着します。

IMAG2366[1]

素材が複雑に入り組んでいるので、表面仕上げが難しくなります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 左肩装甲のボールジョイント接合

ジョイント支柱の長さをできるだけ詰めたいので、ボールジョイントの受けは、エポキシパテの凹部とします。

IMAG2363[1]

ボールジョイント接合部の精度と、各部の強度確保が課題ですね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 左肩装甲のボールジョイント

丸いショルダーアーマーを自在に動かすには、さすがにスペースも少なく、ボールジョイントを使うしかなさそうです。

IMAG2361[1]

肩側で一軸スイングするんで、接合点がボールジョイントになってれば、可動ポーズへの追従性はかなり良くなるでしょう。

☆ Radius HP-NHR22 新品激安落札!

 型番が22となっていますが、これは流通上のヤマダ電機専用品とのこと。さて、Radiusというメーカーは、これまでスマホ関連のアクセサリーメーカーとして細々と知られていた程度だったと思います。

20170222_223018243[1]

 元々はアップルコンピューターの主要幹部によって設立されたRadiusですが、紆余曲折あって、現在は日本に本社を置くラディウス株式会社にその名を残すことになったそうです。

 私のラディウス製イヤフォンとの出会いは、なんと、ヤマダ電機の処分品ワゴンセールで一つ200円で購入したスマホ用イヤフォンでした。元々の売価は、おそらく20000円程度と思われる普及品でしたが、装着感が良く、なかなかいい音を出してくれました。その後、マイク部分の断線によりスマホ直結では使えなくなりましたが、いまでもイヤフォンとして使うことはできます。

 以降、ドプルベシリーズなども気になっていたのですが、大宮のビッグカメラでHP-NHR21を聞いて、すっかり気に入ってしまいました。HP-NHシリーズは、11、21、31の3シリーズがあります。マイク無しがNHR、マイク付きはNHAの型番です。31はNHRのみですが、MMCX規格のリケーブル対応となっています。

 イヤフォンの最大の弱点はケーブル断線なので、長い目で見ればリケーブル対応が一番良いのですが、31は昨秋に出たばかりで、2万円台中盤とかなり高価。ただし、ヤフオク新品では1万6千円程度のようです。

 さて、eイヤフォンの宣伝どおり、ドンシャリ好きだけど、きれいな音もどっちも欲しいという方にぴったりの製品ですね。ドンシャリというのは、かつては安物の表現に使われていましたが、高音と低音がだら下がりになるフルレンジユニットのかまぼこ型に対応する表現として使われるようにもなっています。

 静電型とバランスドアーマチュアは、低音域については、どうしてもダイナミック型に劣る部分があります。本当に質の良い低音とは、打楽器を叩いた時の音の立ち上がりや、深く沈み込むような表現、豊潤さと解像度の両立といった部分で、特に豊潤さにおいては、ダイナミック型が有利です。しかし、重低音を強調したようなブーミーな製品はいくらでもあるのですが、量感を備えたうえで質の良い低音を出すのは、カナル型ではなかなか難しいものです。振動版の面積も大きければ有利だというだけで、かならずしも面積だけでどうにかなるものではないです。

 21と31を聞き比べると、さすがに後発で高価なだけあって、31の方がバランスが取れています。しかし、個性という意味では、21の方がHP-NHシリーズを代表する音でしょう。一つだけ選部という状況では決して万人向けでは無いのですが、とにかく聞いていて楽しいというか、不思議と飽きがこないのです。

 おそらく、私がリファレンスとしているSTAXとは、方向性が逆だからでしょう。逆でありながら、これはこれでずっと聞いていたいと思わせる絶妙のバランスを保っているからなんでしょうね。

 もちろん、サ行が刺さるようなことはありません。能率が高いのか、スマホのボリュームをフルにすることはほとんどありません。音量を上げて聞いても疲れないので、ついつい大きめの音になってしまいます。装着性と遮音性は極めて良いですが、たぶん音漏れは結構するようです。なお、タッチノイズなんて気にしたことない私でも、この布巻ケーブルは、とにかく衣服と擦れる音が半端なく伝わってきます。動き回りながら使うには不向き見たい。その点は、リケーブル対応の31の方が良いでしょう。

今回、22にしたのは、新品なのに信じられないくらい安く落札できたから。ヤマダ電機の通常売価の約6分の1でした(送料除く)。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 右肩装甲板の裏側モールド

シールド裏側は構造体らしくと言っておきながら、トラ縞になっちゃいました。

IMAG2359[1]

まあ、アクセントというか強そうでいいんじゃないでしょーか ^_^;

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 右肩装甲板の可動軸被覆

黒いポリランナーの周囲を囲って、それらしいジョイントにしました。

IMAG2355[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 右肩装甲板の可動軸

右肩の板状の装甲は、ポージングで干渉しないよう、可動軸を2軸方向で設けます。

IMAG2354[1]

プラランナーで連結しますが、さすがにそのままでは丸くてふにゃふにゃした物体なので、周りを構造材らしい感じになるよう、プラ板でくるんでみます。

☆ グランド・イリュージョン

2013年 アメリカ作品

 もっともあり得ない人物こそが黒幕、というセオリーからすればなるほどなんですが、まさかそう来たかと思ってしまいました。見抜けなかったです。映像もきれいだし、主要人物たちの個性が、なかなか好感できます。

grand_lllusion.jpg

 娯楽映画なんで、あまり突っ込みなしで楽しんだ方が良いでしょうね。

[アマゾン映画評]

☆ ワン・デイ

2011年 イギリス
主演 アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス

one day 

 結ばれてもおかしくはないのに、つかず離れず良き友達のままの異性というのは、稀にいるものです。長続きの秘訣は、決して燃え上がることのない、おき火のような淡い想いでしょう。あるいは、生活を共にするには至らない、微妙なすれ違いがあったなど。

 ラブコメディーであれば、そんなすれ違いのハラハラ感が醍醐味ですが、本作品はシリアスな物語なので、結ばれない背景や状況の描き方は、かなり難易度が高くなるはずです。従って、紆余曲折のあと、やっと二人は落ち着くべきところに・・・という流れの中で、違和感をぬぐえない場面が少なからずあるのが残念ですし、かけがえないものを失った後日談の描き方はなかなか良いとして、失う原因というのが、まぁ、これも作中での「座り」が悪いです。使い古された「不治の病」よりはマシなのかもしれませんが。役者の演技力など美点が多々あるだけに、もう少し細かい詰めが出来てればと思うと、もったいないですね。

[アマゾン映画評]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ショルダーアーマーの可動軸

腕を上げたときに、ショルダーアーマーが干渉しないように、可動軸を設けます。

IMAG2344[1]

狭いスペースにきちんと入りました。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 甲の装甲

設置スペースぎりぎりのため、足の甲の装甲の回転軸関節は、裏側に接着するのではなく、本体の一部を切欠いて、プラの厚み分だけスペースを稼ぐことにしました。

IMAG2341[1]

表面は一度平らにしてから、凸モールドを貼り付けます。

☆ 二年ぶりの芝焼き

天気が良く乾燥しきっているので、芝生を焼きました。

20170128_144427345[1]

毛足が短いためか、2年前に比べて火の勢いは弱かったです。今年は、初めて土入れをしようと思います。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 肩関節内部構造

肩ブロック内部いっぱいいっぱいに、関節部を仕込みます。

IMAG2342[1]

肩ブロックは、すっぽり差し込むような感じとなります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガングリップ巻き

グリップにテープを巻いてみます。

IMAG2338[1]

所々ずれちゃいました。修正しないと。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガンバレル保護棒

角型プラ材をバレルの両側に接着します。

IMAG2336[1]

接着剤が硬化したら、接合部を整えます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガン側面ディテールアップ

薬莢排出高周りのディテールアップをします。

IMAG2329[1]

まぁ、それらしくって感じで。

それと、銃身(バレル)側面に並行して走っている保護材?が一体成型になっているので、一度そぎ落とし、隙間を持たせて後から付けることとします。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガン照準器取り付け

スコープの前端はひさしになっています。

IMAG2328[1]

ステー(支柱)の長さはあまり長いと違和感があるし、短いと後ろのドラムと重なってしまいます。

ムトゥ 踊るマハラジャ

1995年 インド
監督 K.S. ラヴィクマール
主演 ラジニカーント

日本におけるマサラムービーの元祖的存在とのことで、存在だけは知っていましたが、どんな作品かは全く想像だにしていませんでした。



いやもう、スーパースター「ラジニ」の魅力全開! オッサンなのに、なんてカッコいいんでしょ。
元々のフィルムの質が良くないらしく、画質は落ちますし、ストーリー的に特に凝ったところはないので、後年の出来の良いボリウッドを見て、インド映画に興味を持ってから見た方が良いとは思います。

金字塔的な作品ではありますね。


[アマゾン Blu-ray 映画評]

☆ 追憶の森

2015年 アメリカ映画

マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツと聞いて、演技は絶対外れ無しやろうと思い見ました。

SEA_OF_TREES.jpg

まぁ、見る年代が限られる映画ではありますね。若い人が見てもさほど面白くはないでしょう。ストーリーは良く練られてます。演技は言うまでもなく安心して見られますね。

[アマゾン映画評]

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1125)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5