☆ キル・コマンド

TUTAYA先行レンタルらしく、アマゾンでもまだ取り扱いがありません。

KILL_COMMAND.jpg

4足歩行の試作軍事ロボットの映像から着想したという本作ですが、なるほど、森林と人工知能メカという組合せは、在りそうでなかなかない作品と言えるでしょう。低予算映画ながら、なかなかリアリティのある仕上がりになっているし、ストーリーにも破たんがありません。これなかなかの佳作ですよ。特に、意味深なラストシーンには、ニヤリとさせられます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガンの照準器

スコープをそれらしく作ってみました。

20170111_231720946[1]

ますますライフルみたいですね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガン仮組み

あまりコテコテにすると、ハイザックの銃になっちゃいますね。

20170110_232333199[1]

まぁ、それらしくディティールアップということで。スコープの取り付け角度が変わるように、ポリランナーを軸芯として通します。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガン銃身

銃身を箱組で太くしました。銃床は、二本フレームとし、折れ曲がり式にしてみます。

20170109_165113771[1]

今風の武器セットを参考に、それらしくディテールアップしてみます。


☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ザクマシンガン分解

銃身が細い板状なので、分解して太くします。

20170108_231831951[1]

ザク「マシンガン」という名称ですが、運用はアサルトライフルに近いですね。
前後に延長して、もう少し大きいイメージにしていきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 握り手の溶きパテ塗り

エッジがダルになっているようにも見えますが、溶きパテで細かい傷を隠したせいもあります。

IMAG2327[1]

スジ彫りとヤスリがけで、シャープさを追い込んでいきます。
疲れたので、握り手はこの四種でいいかなぁ。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A フォアグリップ握り手の親指

エポキシパテで左手を作ります。最初は大まかなな形でOK。削り込んで成形していきます。

IMAG2324[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 握り手のスジ彫り

 関節部分にスジ彫りを入れ、一本一本の指を面取りしたりして、めちゃくちゃ時間がかかります。

20170103_214352725[1]

 丁寧に丁寧に仕上げていっても、アップで写すと粗が見えてしまいますね。もう少し追い込んでいかないと。。。

☆ 2017初売り

ケーズデンキで、8,980円+8%消費税-3%値引きでした。製品は最新型ではないようですが、BAFFALOの静音設計がこの値段ならば、安いんじゃないでしょうか。

20170102_184856241[1]

データでパンパンになってしまった1TBのHDDに代わって、これをパソコンにつなぎます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ヒートホーク握り手

抜き差し式でぴったりに仕上がりました。間接部のスジ彫りをしたりして、もう少し綺麗に仕上げていきます。

20170101_221443482[1]

同時に、左手の指さし手首も同じサイズで仕上げていきます。

☆ 2016年を振り返って

 2016年は、仕事というか職場で思いもよらぬ事が多々あった年。長い社会人生活にはそんなこともあるのでしょう。

<家庭>

 大過なく平穏な年でした。今作をもって、父が農業から引退。積年の懸案だったけど、担い手にお任せすることとなりました。

<AV等>

 12年ぶり、2代目となるAVアンプの更新を9月に行いました。2年落ちのSC-LX58なので、DTS:X以外のサラウンドフォーマットには全て対応しています。これに伴い、フロントハイトスピーカーを増設。STAXも、SRS-2170とSRS-002を入手。

IMAG2310.jpg

<エンターテイメント>

 レンタルに加え、ネットなどでも映画をよく見た年だったと思います。今年観た最高傑作はインド映画の「きっとうまくいく」。笑って泣いて踊って、最高の映画です。

161810_01.jpg

<模型>

 昨年に続き、今年も1作品完成することができました。楽しんで作れたし、表現したいことも十分に具現化できたけれど、やはり仕上げに課題を残してしまったのが反省点でした。

DSC08539_1_1200_900.jpg


 私自身は健康に過ごせました。家族と周りの人々のおかげだとつくづく感じています。かつての毎日更新のペースはもう難しくなっておりますが、おつき合い頂いた方々、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 指さし手首の親指

一から作り上げるのって、やはり楽しいですねぇ。

20161225_224747751[1]

まぁ、ここから精度を追い込んでいくのが大変なんですが。。。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 指さし手首の握り部分

加工は均一素材が一番やりやすいわけで、エポキシパテだと、硬化途中に形を整え、削り出しで追い込んでいけます。

20161224_232853753[1]

丸指が楽なんですが、少し角をつけようか思案中です。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 手首いろいろ

エポキシパテでスクラッチビルドした方が早いかもしれませんが、キットをベースに工夫していくのも楽しいものです。

20161223_221618948[1]

それにしても太さがまちまちなので、きちんと統一しながら作りこんでいくのは骨が折れます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 銃握り手分解

500円のキットに、右手は3種、左手は2種も同封されていたんですから、なかなか良心なキットでした。

20161219_233232149[1]

銃の握り手も、当時としては良く再現されていた方だと思います。ただし、不自然に細くなっていたりしているので、かなり手を加えないとなりません。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 上肢膝上のスリム化

むっちりした太ももに反して、引き締まった膝回りがザクのポイント。

20161218_162050840[1]

可動範囲の確保にも役立ちます。ヤスリがけしながら慎重にプロポーションを矯正していきます。

20161218_162345617[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝関節回転軸の位置決め

膝二重関節の下側(下肢側)については、ふくらはぎ燃料カートリッジの上にある突起部分とします。

20161218_100805354[1]

これにより、正座が可能なほどの深い膝曲げができます。

20161218_101044636[1]

内部のクリアランスは本当にギリギリでした。仮組してもぴったりピタピタでしたのが、狂いなく可動部を設置するのは本当に難しいものです。

☆ 猫のマグカップ

上の子が買ってきた猫のマグカップ。

DSC09032_1JPG[1]

記念に写真を撮ってみました。

☆ Garden Cafe Komorebi

写真を撮らせていただくのは、何年ぶりだろう。

DSC08972_1.jpg

DSC08968.jpg

DSC08970_1.jpg

いつ来ても素敵な空間です。


☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足首関節の仮取り付け

なんとか下肢内部に関節のパーツが収まりそうです。



内部構造なんて見えなくなっちゃうわけですが、追い込んでいくと、機能美というかメカらしい雰囲気が出てきますね。これ見よがしにメカを見せるのって好きではないのですが、こういうときは少し気持ちが分かります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足首関節の下肢側取付け基部(左右)

もう片側も設置します。

20161208_232251007[1]

がっちり固定しないと後でひびが入りそうです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足首関節の下肢側取付け基部

加重に耐えらられるよう、強固な心棒を取り付けます。

20161207_221028456[1]

外側から虫ピンを貫通させ、ピンの頭は、外装表面下まで食い込ませます。 それにしても、関節部ギリギリです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 複雑な足首関節

狭いスペースでどうにか可動範囲を確保しようとして、なんだかとても複雑な関節になってしまいました。

20161205_225242179[1]

クリアランスギリギリですが、なんとか収めてみましょう。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A かかとの段差

つま先とかかとの可動のために、足中央部に隙間が空きますが、そのためもあって、かかとの厚みが足りなくなりました。

20161204_104634498[1]

プラ板を貼って高さをそろえたいと思います。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 首関節仕込み

首を左右にかしげるための関節を仕込みます。これがあると無いとでは、銃のスコープをのぞき込むときの姿勢がまるで違ってしまうのです。

20161204_102112461[1]

これが具体的な軸位置になります。
前にかがんで、顎を少し前に出すと同時に左にかしげてスコープをのぞき込む姿勢です。

20161204_103141293[1]

バグダッド・カフェ

原題:Out of Rosenheim、英題:Bagdad Café
監督 パーシー・アドロン
主題歌 ジェヴェッタ・スティール
西ドイツ作品 1987年

 ずっと気になりながらもなかなか見る機会がなかった「バクダッド・カフェ」。主題歌「コーリング・ユー」は、後に80組ものアーティストがカバーする名曲で、こちらの方が映画よりも有名かもしれません。私自身は、シセル・シルシェブーのカバーで知っていましたが、ホリーコ-ルのカバーが一番有名のようです。もっとも、雰囲気は、オリジナルのジェヴェッタ・スティールが一番しっくりきますね。

バグダッドカフェ

給水タンクをモップ掛けしている太った女性という、何とも不思議なジャケットが目につきます。テーマは女性としての挫折と再生、かけがえの無い出会いと言ったところでしょうか。リアリズムと言うよりは大人のファンタジーとして、細かいツッコミはせずに楽しんだ方が良い物語です。

 助演のCCH.パウンダーのキャラクターだからこそ、主演のマリアンネ・ゼーゲブレヒトの魅力がより際立っています。主題歌やカメラワーク、色使いなど、全てが絶妙な雰囲気を作り出していて、おふと疲れたときに、ぼーっと見るとじんわり癒されそう。

[アマゾン映画評]


☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重二段関節の仮組み

06R1-A特有のふくらはぎ部のカートリッジ交換式燃料タンクが邪魔にはなるのですが、180度近く膝を曲げることができます。

20161127_162836425[1]

ポイントは、ぎりぎりまで回転軸を後ろにもってきたこと。下肢内部空間に、二段スライド式の関節部が収納されることになります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重二段関節成形中

二段スライド式にすることによって、隙間なく180近い膝曲げができるようになります。

20161127064206206.jpg

串刺しにする順番を変えながらやすり掛けすることで、パーツの精度を上げていきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重二段関節の下側

二重軸かつ二段スライド式で、可動範囲を大幅に確保します。

20161124_231347672[1]

下側のパーツを、採寸して切り出しました。二重関節下側の軸に通し、下側・外側とします。

☆ フルーツサンドづくり

以前、今までのフルーツサンドは何だったの?という記事を読んで、いつかは作ってみようと思っていたので、何も予定のない祝日前夜からホームベーカリーを用いて食パンから用意してみました。

20161123_082215955[1]

生クリームは冷却が重要とのことなのですが、ボールを冷やすための氷が足りなくて、泡立ちがいまひとつでした。

20161123_082332955[1]

この写真では、かなり緩い感じですが、冷蔵庫に入れておいたら、上の方は結構固まりました。
味は良かったですよー。

次回こそ、上手に作りたいものです。

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1099)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(168)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(304)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(405)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5