☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A フォアグリップ握り手の親指

エポキシパテで左手を作ります。最初は大まかなな形でOK。削り込んで成形していきます。

IMAG2324[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 握り手のスジ彫り

 関節部分にスジ彫りを入れ、一本一本の指を面取りしたりして、めちゃくちゃ時間がかかります。

20170103_214352725[1]

 丁寧に丁寧に仕上げていっても、アップで写すと粗が見えてしまいますね。もう少し追い込んでいかないと。。。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ヒートホーク握り手

抜き差し式でぴったりに仕上がりました。間接部のスジ彫りをしたりして、もう少し綺麗に仕上げていきます。

20170101_221443482[1]

同時に、左手の指さし手首も同じサイズで仕上げていきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 指さし手首の親指

一から作り上げるのって、やはり楽しいですねぇ。

20161225_224747751[1]

まぁ、ここから精度を追い込んでいくのが大変なんですが。。。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 指さし手首の握り部分

加工は均一素材が一番やりやすいわけで、エポキシパテだと、硬化途中に形を整え、削り出しで追い込んでいけます。

20161224_232853753[1]

丸指が楽なんですが、少し角をつけようか思案中です。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 手首いろいろ

エポキシパテでスクラッチビルドした方が早いかもしれませんが、キットをベースに工夫していくのも楽しいものです。

20161223_221618948[1]

それにしても太さがまちまちなので、きちんと統一しながら作りこんでいくのは骨が折れます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 銃握り手分解

500円のキットに、右手は3種、左手は2種も同封されていたんですから、なかなか良心なキットでした。

20161219_233232149[1]

銃の握り手も、当時としては良く再現されていた方だと思います。ただし、不自然に細くなっていたりしているので、かなり手を加えないとなりません。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 上肢膝上のスリム化

むっちりした太ももに反して、引き締まった膝回りがザクのポイント。

20161218_162050840[1]

可動範囲の確保にも役立ちます。ヤスリがけしながら慎重にプロポーションを矯正していきます。

20161218_162345617[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝関節回転軸の位置決め

膝二重関節の下側(下肢側)については、ふくらはぎ燃料カートリッジの上にある突起部分とします。

20161218_100805354[1]

これにより、正座が可能なほどの深い膝曲げができます。

20161218_101044636[1]

内部のクリアランスは本当にギリギリでした。仮組してもぴったりピタピタでしたのが、狂いなく可動部を設置するのは本当に難しいものです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足首関節の仮取り付け

なんとか下肢内部に関節のパーツが収まりそうです。



内部構造なんて見えなくなっちゃうわけですが、追い込んでいくと、機能美というかメカらしい雰囲気が出てきますね。これ見よがしにメカを見せるのって好きではないのですが、こういうときは少し気持ちが分かります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足首関節の下肢側取付け基部(左右)

もう片側も設置します。

20161208_232251007[1]

がっちり固定しないと後でひびが入りそうです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足首関節の下肢側取付け基部

加重に耐えらられるよう、強固な心棒を取り付けます。

20161207_221028456[1]

外側から虫ピンを貫通させ、ピンの頭は、外装表面下まで食い込ませます。 それにしても、関節部ギリギリです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 複雑な足首関節

狭いスペースでどうにか可動範囲を確保しようとして、なんだかとても複雑な関節になってしまいました。

20161205_225242179[1]

クリアランスギリギリですが、なんとか収めてみましょう。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A かかとの段差

つま先とかかとの可動のために、足中央部に隙間が空きますが、そのためもあって、かかとの厚みが足りなくなりました。

20161204_104634498[1]

プラ板を貼って高さをそろえたいと思います。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 首関節仕込み

首を左右にかしげるための関節を仕込みます。これがあると無いとでは、銃のスコープをのぞき込むときの姿勢がまるで違ってしまうのです。

20161204_102112461[1]

これが具体的な軸位置になります。
前にかがんで、顎を少し前に出すと同時に左にかしげてスコープをのぞき込む姿勢です。

20161204_103141293[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重二段関節の仮組み

06R1-A特有のふくらはぎ部のカートリッジ交換式燃料タンクが邪魔にはなるのですが、180度近く膝を曲げることができます。

20161127_162836425[1]

ポイントは、ぎりぎりまで回転軸を後ろにもってきたこと。下肢内部空間に、二段スライド式の関節部が収納されることになります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重二段関節成形中

二段スライド式にすることによって、隙間なく180近い膝曲げができるようになります。

20161127064206206.jpg

串刺しにする順番を変えながらやすり掛けすることで、パーツの精度を上げていきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重二段関節の下側

二重軸かつ二段スライド式で、可動範囲を大幅に確保します。

20161124_231347672[1]

下側のパーツを、採寸して切り出しました。二重関節下側の軸に通し、下側・外側とします。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 膝二重関節部品

膝関節のパーツ構成が、ようやくイメージできました。

20161123_153245758[1]

この勾玉のような形をしているのが、一番芯側となるパーツです。このパーツには膝あてを付けずに、外側に2段スライド式として外側に同軸のパーツを用意し、そちら側に膝あてをつけます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足内部関節とのジョイント

位置決めしながら、接合部を作っていきます。

20161120_201723618[1]

現物合わせで追い込んでいくってことは、まぁ、パーツの精度が低いってことではあるんですが、切った貼ったして調整していくしないですね。

20161120_205246331[1]

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 手首関節完成

なんとかコンパクトにまとまりました。下腕の軸受けは、プラペーパーを巻いたものです。

20161119_180019694[1]

真円を出すのはやはり難しいですね。いくらかいびつではありますが、セットしてしまえばほとんど気が付かないので許容範囲でしょう。

関節一つ作ることに、意味があるのかないのかと言えば、もちろん、それ自体には無いんですよね。手間もかかるし。ギミック(仕掛け)には、創意工夫が必要なので、面白いといえば面白いですが。

さて、最難関は、膝関節ですかねぇ。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 手首関節組み立て

1/114ザクの手首に組み込める、極小の一軸間接は作れるのか!

20161118_230732888[1]

プラ板で軸受けを貫通させた後、余分なポリランナーをカットしたら、プラ板を積層し成形していきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 手首関節の考察

省スペースの観点からしても、ボールジョイントは使いにくいものです。

20161116_231910224.jpg

一番細いタイプのポリランナーT字部を使って、手首用に、一軸の極小関節を作れないか、考えてみたいと思います。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足内部関節位置決め

足内部関節集合体に、つま先とかかとをかぶせてみて慎重に位置決めしていきます。

20161114_231720613.jpg

ポリランナーを受ける凹側部品を作って、位置を確認しながら設置します。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足内部関節集合体

どのピンが、どのパーツにつながるか分かるかな~。



慎重に位置取りをしながら配置していくわけですが、ここからは、コンマ一ミリ単位の微調整が続くことになります。可動範囲を大きくとりたいのに、一番苦しいのがつま先用の関節。クリアランス確保のため少しずつ削っていくことになるでしょう。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足内部関節

ポリランナーのT字部分とプラ板で、足内部に仕込む関節を作りました。



つま先、かかと、甲、足首の4つです。
狭い内部で干渉しないよう配置を考えるのが一苦労です。

☆ ONKYO D-1000 スコーカーエッジ補修(左側)

窓側に位置する右スピーカーの、エッジを自作し交換したのが5年前

IMAG2319.jpg

紫外線が当たりにくくても、5年遅れて左側もひびが入ってしまいました。亀裂程度ならば、液体ゴムをしみこませることで、延命を図ることができるはず。



最初は亀裂部分だけと思いましたが、当然、全体的に劣化してきているので、一周ぐるりと塗り込むことにしました。もちろん、左右両方のウーハーのエッジにも塗布します。

20161112_193053320.jpg

乾けば真っ黒になるので目立ちませんが、乾いても、べたつきがある感じです。しかしホコリ汚れはつきにくいようです。

20161112_221238248.jpg

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足前後分割の断面塞ぎ

断面をプラ板で塞いでいきます。

20161112_232411572.jpg

プラ板を左右同じパーツに切って用意し、貼りつけていくことで、左右対称や平面・角の精度が確保できます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 足裏くりぬき左右

型紙に沿って付けた印に沿い、足裏をカットします。


20161109_112043441.jpg

手作業で追い込んでいくため、左右正しく同じ形、同じ位置になっているかチェックしながら進めます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A つま先とかかとの分離

果たしてモビルスーツの足裏に、バーニアがあるという設定は、いつ頃から定着したのでしょう。

20161106_085711508.jpg

少なくとも、MSV(モビルスーツバリエーション)登場時点では、足裏には、バーニアどころかグリップ確保のための細かな凹凸すらなく、全くのつるっととした平面でした。

つま先とかかとが分離しているのも、ゼータガンダムでのハイザック以降だったと思います。古き良き初代MSVのおおらかな雰囲気を生かすならば、何もわざわざ、今風のゴチャゴチャした「いかにもカッコいいだろ」的な仕掛けなど不要かなとも思うのです。

しかし、当時の素朴なキットをベースに、ある面ではリアルグレードすらも凌駕する究極の1/144スケールを作り上げるには、同じ土俵に上がった上で、そこで満足しないだけの「何か」をプラスしていくのが真っ向勝負というものでしょう。

アイディアは取り入れつつも、単なる真似ではない新しい可能性を探っていく、モデラーならば、そこに挑戦していくべきではないかと思うのですよね。

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1103)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5