☆ 代車(マーチ)のカーオーディオシステム(ジムインダストリー)

BMW318tiのパワーウィンドウ修理に伴って剥がしてしまったデッドニング部分を、カーオーディオショップのジムインダストリーさんで再加工していただくことにしました。二日間代車のマーチをお借りしたのですが、代車にももちろん、カーオーディオが組まれています。ヘッドユニットは、パイオニアカロッツェリアのDEH-P730、なんと、定価36,750円で、タイムアライメント機能まで付いています。

FI2621056_1E.jpg

各スピーカーから等距離で聴くことの出来ないカーオーディオでは、距離に応じて各スピーカーへの信号を遅延させることによって、音波が同時に耳に到達するように調整する事ができれば理想です。この機能をタイムアライメントというのですが、そうすることで、ボーカルや各楽器の定位がきちんと出るようになり、その音がどの方向から聞こえてくるのかがとても明瞭になります。よく言われる、ボーカルが目の前で歌ってくれるという状態です。

逆に、トランクに積んだサブウーハーユニットは、その存在がどこにあるのかが分からなくなり、前方から聞こえているように感じられます。これは、サブウーハーからの低音の基音部分と、フロントスピーカーから出てくる低音の倍音部分の位相がきれいにそろうためです。音は、高音になればなるほど指向性が強くなるため、耳が感じる方向性は高音部に引っ張られるためなのです。タイムラライメントは、デジタルならではのメリットというわけですね。

ところで、近年の車は、DINサイズのオーディオベイが無くなって、パネル一体型になってしまっており、本当に悲しいことに、ほとんどのメーカーヘッドユニット製品から撤退してしまいました。ナカミチ、デノン、アゼスト、ソニー・・・魅力的な製品というと、もうパイオニアしか残っていない状況です。タイムアライメント機能は、ディーラーオプション品にはありませんから、自動車メーカーは猛省していただきたいものです。

フロントのAピラーには、FOKAL(フォーカル)のツイーターが埋め込まれています。トランクには、サブウーハーユニット。なお、DEH-P730のタイムアライメントは、フロント・リヤの4CHとサブウーハーの計5CHの調整が可能です。普通、フロントはドアのミッドバスユニットと、ダッシュボード上やピラー付け根等のツイーターユニットの2WAYになるため、できれば、これらを個別に調整できるのが理想です。

FI2621056_2E.jpg

そのためには、DEH-P930という上位機種が必要になりますが、この製品の中身は、カロッツェリアのトップブランド「X:エックス」の部品を用いているため、78,750円と高価になります。しかし、中身は「X」と同じですからものすごくお得なんだとか・・・。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/75-e074ff32
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5