☆ BMW318ti オーディオ徹底改修

ジム・インダストリーでは、作業中の要所の写真を記録しておいて、全てのお客さんにデータとして渡しているそうです。実は今回明らかになったのですが、以前お世話になっていたカーオーディオショップの施工があまりにもずさんだったとのこと・・・。

そのショップのオーナーは丁寧な方なのですが、当時担当していた店員が、ほんの一時期在籍していただけの、かなりヒドい人だったのです。音に電源ノイズが乗っていたので、オカシイと思いつつも我慢していました。そんなわけで、デッドニングの再処理だけでなく、たった二日間のうちに、あらゆる問題部分を解消してくださいました。もう、感謝感激です。この写真は、ドア外側の鋼板に、制振用のゴムを市松模様状に貼り付けてた所。写真右半分が施工前です。

FI2621059_1E.jpg

こちらが、デッドニング+密閉化が完了したところ。

FI2621059_2E.jpg

部品の組みこみや、修理のために、ドア内側鋼板にはサービスホールと呼ばれる穴が無数に空いているのです。その穴を塞いで密閉化し、スピーカーボックスとして活用するのがカーオーディオのごくごく基本的な施工方法です。

これをせずに、いくら高価なヘッドユニットやスピーカーを使っても良い音は出ようはずがありません。素材が悪いと経年変化で剥がれてしまうとのことで、加工性が良くしかも剥がれないデッドニング専用ゴムを選んで貼り付けているそうです。この黒いのが、このショップではベーシックな物で、値段に応じてより効果の高い素材も何段階か用意されているそうで、もちろん、一通り商品説明をしてくださいました。アウターバッフルの下地も不整形であり、下側はボディに擦れていたため、パテ埋めや削り直しをして、皮を張り直してくださいました。

FI2621059_3E.jpg

最後に、位相チェッカーでスピーカーの接続も確認。右のミッドバスのみ逆相接続になっていたため、正相に直したそうです。丁寧な仕事ぶりに、本当に感謝です。自宅から近い上、開店当初に一度行ったことがあっただけに、もっと早くお願いしていれば良かったです。電源ノイズは、ほとんど気にならないレベルに小さくなりました。本当ならば、全て最初から施工をお願いしたいくらいです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/74-6bd46744
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1138)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5