☆ 電動スクリーン 屋根裏の取り付け基部作成

シアターハウスのボックス付き電動スクリーン「シアターキューブ」は、きわめて軽量に作られてはいますが、それでも天井の石膏ボードだけでは取り付けはできません。

そこで、屋根裏点検口から入って、取付け基部を設置しました。天井は木桟に石膏ボードが付けられて、グラスウールが敷き詰められています。

スクリーンは、この木桟と直交していますので、ねじを木桟に打ち込むことが出来ません。

そこで、赤丸内のように、木桟の上側に直角に角材を渡し(緑線)、そこからボルトで短い角材をつり下げ、石膏ボードと密着させてねじ止めの取り付け基部(青線)とします。

なお、グラスウールは、敷いてあるだけなので、ペロンとめくれます。

スクリーンの電源は、雷サージ付きのタップ(黄色丸)を介して確保しました。上の方にある四角い箱はアンテナのブースターです。

FI2620931_1E.jpg

こちらは、解説用の断面図です。

なお、実物の写真では、上側の角材の上にさらに短い端材が乗っていますが、ボルトが全ネジではなく、先端だけネジが切ってあったので、長さ調整しただけのものです。

スクリーンの設置は、まず、天井に専用の取り付け金具をネジ止めします。このネジが、天井裏の角材に食い込むわけです。

その後、脚立に上ってウェイトリフティングの要領で頭上に持ち上げて設置しました。

成年男子であれば、力の弱い方でも、110インチCUBEを持ち上げることはできると思います。ただし、慎重にやらないと、床に落として壊してしまうおそれがあるので、万全の準備が必要だとは思います。

FI2620931_2E.jpg

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/658-10b3c59a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5