☆ 新型アクセラ試乗

 予約受付以来、予想を大幅に上回るヒットを続けている新型アクセラの、2Lガソリン仕様車に試乗してみました。

IMAG0267.jpg

 アクセラが属する車格は、世界的には「Cセグメント」と呼ばれる最多量販クラスであり、競合がひしめいています。
 日本の道路事情には、やや車幅が広がりすぎた感もありますが、横揺れ対策にはある程度の幅が必要であり、相反する取り回しの容易さと、どの辺で折り合いをつけるか、それはドライバーの選択の問題でしょう。

 実際、車の修理等で乗ってみた先代のアクセラに比べて、別物と言っていいくらい堂々とした走りになっています。驚いたのはトランスミッション。単に滑らかと言うだけでなく、アクセルの踏み込み・戻しに伴う加減速の感覚が実に自然に感じました。

 硬めと評されている足回りについても、予想以上にしなやかで、最も売れている1.5L車ならば、より軽快かつ乗り心地もマイルドだと思われます。

 Cセグメント中では、サービス・メンテナンス等を含めた総合的なコストパフォーマンスは非常に高く、日本車ならではの安心感もありますから、デザインが気に入るのならば、個性的な輸入車に対しても十分魅力的だと思います。

 個人的には、ハッチバックよりもセダンの方がデザインとしては流麗だし好みですが、いかんせん、今の日本では、このクラスのセダンは、事実上、死滅状態にありますから、2Lグレードを投入していません。もちろん、1.5Lでも動力的には不満は無さそうですが、セダンにも、スポーティなグレードを用意して欲しいところです。そのかわり、セダンにのみハイブリッドが用意されています。これは、電池の積載と後輪側のマルチリンクサスペンションの両立がセダンスタイルでなければ成立しなかったからとのことだそうで、いかにもマツダらしいこだわりだと思います。

 これで後輪駆動車だったらどれほど楽しいことかと思いますが、それは贅沢すぎる悩みというものでしょう。
 日本的なサイズのコンパクトカーから乗り換える場合には、車幅に由来する取り回しの問題だけは慎重に考えた方がよさそうですが、バックモニター等も活用すれば、車庫入れなども問題ないと思います。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/3020-aee3ea53
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1143)
  • オーディオ・ビジュアル(241)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5