☆ 永遠のゼロ

百田尚樹 作、初版 2006年8月

 1~2年前頃に、コミック版の第一巻を読んで興味を持っていたのですが、初版から7年経つ今年になってベストセラーになったとのことで書店で購入しました。600ページ弱ありますが、人間ドックにかかりながら一日で読んでしまいました。

zero.jpg

 なるほど「放送作家」らしい作りの本です。骨格となるストーリーは意外なほど単純ですし、最後の驚愕の事実も、連続ドラマのラストと言った感かあります。

 2006年ともなれば、第二次世界大戦(大東亜戦争、太平洋戦争、十五年戦争等、いくつかの呼称あり)に関する情報はいくらでも集められるでしょう。600ページの大半を、これら集めた知識によって時代背景を描くことに費やしており、あの戦争とはいったい何であったのか、一人の特攻隊員を通じて世界観を丁寧に描こうとしていること自体は悪いことではありません。

 このような本がベストセラーになることの方が実に驚きですが、歴史とは、知ってもらってナンボという意味では、成功だったのではないでしょうか。

 ほとんどの内容は知っていたことでしたので驚きはありませんでしたが、日本人としてあの時代を冷静に見つめてみようという方には役に立つ本だと思います。戦闘機の事とか、海軍の問題点など、内容は男性向きですけどね。

[アマゾン書評]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/3013-521c4147
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5