☆ 高杉晋作 

池宮 彰一郎 (著)

今回は珍しく読破に時間がかかりました。虚飾を廃した簡潔な文章は、司馬遼太郎も通じるところがありますが、表現には面白みがほとんどありません。

takasugi.jpg

今回再確認させられたのは、限られた史実を基に、歴史小説として魅力的な人物像を描いていくという作業が、きわめて難しいということ。

誠実さという点では、著者池宮氏のスタイルは「有り」だなとは思います。歴史小説としては短い方なので、下巻も読んでみようと思います。

[アマゾン書評]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2854-7deac106
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5