☆ スクール・オブ・ロック

2003年 アメリカ

規律の厳しいまじめな集団が、音楽を通じて人間性を取り戻し、よい意味で解放されていくという題材は、「天使にラブソングを」などの名作がある。

school of rock

本作品も同様であるが、ジム・オルーク演じる主役のデューイは、あまりにも暑苦しいロック馬鹿ぶりと、身勝手な行動に、果たしてどうなるものやらと心配させられる。

ところが、子供たちが輝きだし、困難を乗り越え大団円を迎えることにはすっかり魅了されてしまうカタルシスがある。

映画のエンディングは、通常スタッフロールであるが、主人公と子供たちのその後が描かれており、ほほえましい。

主題歌は必聴の秀作。

[アマゾン映画評]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2805-7870e7b6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1103)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(305)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5