☆ BMW320isport(F30) お盆中試乗

お盆期間中の8/13~8/16まで、ディーラーが休みになるとのことで、なんとこの間、試乗車を貸してくれることになりました。

DSC00911_1.jpg

遠くない将来、買い換えを検討していると伝えたところ、新型・旧型を問わず、試乗車の中で好きな車種を貸してくださる事になった次第です。

そこで、今年、日本発売になったばかりの新型3シリーズ(F30)を借りてみました。320iセダンには、標準車の上のグレードとして、Sport、Modem、luxuryの3つの仕様がありますが、お借りしたのはSportでした。

さて、かつては「コンパクトスポーツセダン」の代名詞であった3シリーズも、大型化の一途をだどり、ついにホイールベースは2,810㎜にまで拡大されました。これは、3代目5シリーズ(1988年-1995年)E34の2,765㎜を超えており、全長×全幅×全高、車重も(4,625×1,800×1,440、1,560㎏)と、e34(525i)の(4,720×1,750×1,415、1,500㎏)と比べ、全長以外凌駕しています。

ドイツ車は今、ピエゾインジェクターの直噴とそれを前提としたターボ化によるダウンサイジングが流行であり、F30も高効率・高トルクなエンジンと8速ATの組み合わせに目が奪われがちです。

確かに、想像以上にパワフルかつ低燃費化に成功した新型エンジンや、いつ変速しているのかわからないほどきめ細やかな8速ATは、十二分に魅力的ですが、物理的な法則はごまかすことが出来ません。大きく重くなった車体の挙動は、俊敏と言うよりは高速巡航(クルージング)と言った方が似合う動きになります。

しかし、取り回しやハンドリングは大きさを感じさせず、電動パワステは、従来よりもやや軽目に仕上がっているようですが、自然なフィーリングで、さすがにBMWらしさは失われていません。

なお、アイドリングストップのエンジン停止は驚くほど早いのですが、惜しむらくは再始動の振動と音が大きく、プリウスやマツダ車にくらべて見劣りします。アクセルを踏み込んだときの高揚感や上質感については、さすがに6発に比べれば劣りますが、そこは軽い鼻先とトレードオフのため、フロントミッドとしての「4発+ターボ」は良い選択なのでしょう。

外観デザインについては、最初はエグいと思ったフロントマスクも、見慣れれば結構かっこいいと思えてくるので、先代E90の調和した感じとは、また違う魅力を感じます。

さて、今度の3シリーズ、現在カタログ落ちしてはいるが、発注は可能という装備が簡略化された「SE」なら税込み車両本体価格399万円となります。ただし、ドイツ本国に発注とのことですので、数ヶ月は待たされるとのこと。

客単価を高く設定したい販売側としては、あっという間にカタログから落とした模様ですが、本気で考えるなら、買い得感が高い、この最廉価版がねらいかもしれません。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2766-045b74bd
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5