☆ ライアーライアー

1997年 アメリカ ジム・キャリー主演

liarliar.jpg

元祖顔芸コメディアンのジム・キャリーが、嘘のつけなくなった「嘘つき弁護士」と言う設定で、その顔芸を存分に発揮した作品。そう言う意味では、彼の代表作となるのでしょうね。

奥さんに逃げられそうなダメ亭主が、子どものために一念発起し、本来持っていた優しさや正義感を取り戻すというお話は、ハリウッド映画にはとてもたくさんあります。

それだけ北米社会には、そのような境遇に勘定しやすい下地があると言うことなのでしょう。ストーリー的には、この手の作品の王道を行くものであり、特に目新しさもない変わりに安心してみていられるのかも。

「ヒューマニズム」がもう少し色濃く出ていれば、顔芸人「ジム・キャリー」という単調な下地ベースに終わらないであろうに、ちょっともったいないですね。

[アマゾン映画評]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2764-f17d4557
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5