☆ きみがぼくを見つけた日

2009年、アメリカ合衆国

The Time Travelers Wife

原題「タイムトラベレーズ ワイフ」が示すようにタイムトラベルというSF的題材を、純愛にのみ結びつけた斬新な小説の映画化。

四季折々の映像美と、ヒロイン(レイチェル・マクアダムス)の可憐さがとても印象的です。「きみに読む物語」の演技以上に素敵ですね。

原作小説は長編で、複雑な要素が絡み合っているのですが、映画化にあたり純愛に的を絞ってよりシンプルなストーリーにした点が評価できます。

ただし、そのことにより、主人公が年齢によって性格が変わっていく点は描き切れなことになり、俳優さんの好演だけではいかんともしがたいのが唯一残念。

小説と違って、時間軸が前後せずに時系列で描いているのも映画化にあたって成功した部分でしょう。


[アマゾン映画評]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2713-4ba947aa
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5