☆ 時計じかけのオレンジ

1971年 イギリス・アメリカ スタンリー・キューブリック監督作品

混沌や前衛が光り輝いていた70年代、世の中は、今の人よりもはるかに未来に目を向けていたのだろうか。

a clockwork orange

暴力や性の描写を、かくも芸術の領域に高められるのはキューブリックならではでしょう。しかし、キューブリックの意図に反し、この映画が、暴力の助長につながってしまった事件が発生し、ビデオテープ時代には幻の作品的な扱いになっていたそうです。

DVD時代になって容易にレンタルされるようになりましたが、不覚にもまだ見ていませんでした。せっかくブルーレイもレンタルされるようになったので、思い切ってみた次第です。

ストーリー的には難しくはありませんが、キューブリック作品らしく、やや難解な表現の部分があるため、解説サイトで確認すると理解が深まります。

[アマゾン映画評] [Wikipedia 時計じかけのオレンジ] [あの映画のココがわからない]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2588-08651beb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5