☆ SONY VAIO L 2011秋冬モデル

一年以上前からパソコンの買い換えを検討してきましたが、なかなかきっかけがありませんでした。最終的には、モデルチェンジの様子を確認してから、場合によっては、型遅れになる現行機種を安く手に入れられるタイミングを見計らうこととしました。

vaio L

VAIO L 2011年秋冬モデルは、まさにそのようなわずかなマイナーチェンジでした。実を言うと、ずるずると先延ばしにしていた理由は、SSDの存在です。

ノートパソコンではかなり浸透してきたSSDですが、据え置き型モデルでは、コストパフォーマンス的に厳しく、メーカー製ではほとんど搭載例が無いのですが、そろそろ搭載されてくるのではと期待していたのです。

SSDはHDDに比べ、電源オンからの立ち上がりが「爆速」なためストレスフリーで使えるわけですが、動画などを貯め置きしたい据え置き型モデルの場合、SSDとHDDの両方を装備しないと容量的に不十分であり、どうしても値段が高くなってしまいます。

通信販売のBTOならば、市販モデル同等の値段でSSD+HDDを装備できるため、随分迷ったのですが、もう一つ重要な要素として、画面の大きさも優先しました。

フルHD(1920×1080)を必須条件とした場合、1つ1つの画素の大きさも十分大きくないと、精細ではあっても文字が小さく読みづらいと言うことになりかねません。最近のワイド画面のノートパソコンが、精細にはなったが、文字が小さいと感じる方は多いでしょう。そんなときは拡大表示する人も多いのですが、ドットバイドット、すなわち、元の情報と画素数が等しい状態で映さないと、輪郭がぼんやりしてしまうのです。

となると、現在使っているXGA(1024×768)15インチ(4:3)同等以上の画素の大きさとするためには、FHD(フルHD 1920×1080)の場合、24インチ(16:9)以上が必要なのです。(画素ピッチは前者が0.3㎜に対し後者が0.28㎜)

置き場所からすると画面一体型、いわゆるボードPCが最適ですが、BTOには選択肢がありません。液晶画面も映像のコントラストを優先させるとグレアパネルにしたいところ。

そこで、サポート面など評判が良くない部分もあるようですが、総合的に考えると、SONYの「VAIO L」が私の最有力候補になったのです。

この結論に達するのに、結局、1年もかかってしまいました。

さて、今回の2011年秋冬モデルには、ほとんど進化らしいところがありません。逆に言えば、安心して現行モデルを安く手に入れられると言うことになりました。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2558-d52abcff
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5