☆ ONKYO D-1000 スコーカーエッジ補修 その2

コーンにへばりついているウレタンエッジを丁寧にこそぎ落とします。先の丸いピンセットや綿棒を用いて根気よく剥がしていきます。仕上げはラッカー薄め液で拭きとります。

PAP_4928_20110918075901.jpg

この時代のONKYOのコーンは、ケブラーカーボンでした。今では考えられないほどコストをかけ、手が込んだ作りになっています。27㎝ウーハーのトールボーイなんて、今ではまずお目にかかれませんからね。補修しながら、一生モノとして使っていきたいです。

PAP_4929.jpg

エッジを除いたたコーンの外径は11.7㎜。フレーム内径は13.8㎜ですので、エッジ幅は約1㎝となります。良く見ると、エッジよりもコーンの方が飛び出しています。

丁度良いサイズのウレタンエッジも探せば通販で手に入れられるのですが、ウレタンではまたすぐに劣化してしまうでしょうから、液体ゴムコーティングの布エッジを自作してみましょう。

なお、エッジをサンドイッチするガスケットは被せるはずですが、このユニットの場合はがっしり固定されているのか、外そうとしても外せません。

仕方ないので、わずか3㎜位の部分に強固に接着するしか無さそうです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2532-39b1599c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5