☆ スカイアクティブ 新型デミオ試乗

10・15モード燃費で、驚異の30㎞/Lを達成した新型デミオに乗ってきましたよ。

CA390175_11.jpg

マツダが社運をかけ、内燃機関の極限に挑んだ「スカイアクティブ」プロジェクトの中心は、なんと言っても圧縮比14:1という、とんでもない高圧縮比のエンジンにあります。これはもうディーゼルエンジン並みですから、今までの常識からすれば、あり得ないガソリンエンジンです。

ガソリンでこれほどの圧縮をかけると、異常燃焼(ノッキング)を起こすはずですが、燃焼室の形状変更やシリンダー内への燃料直接噴射などにより、見事に解決してしまったのです。しかも、世界最高レベルのアイドリングストップ機構を搭載しているのですから、耐久性は本当に大丈夫か?と心配になってしまうほどですね。

もちろん、そこは、様々なテストをクリアしているのでしょうけど。それにしても、マツダというメーカーは、これまでにも大メーカーに先んじて、様々な世界初の開発を成し遂げてきましたから、不思議なメーカーです。

CA390174_1.jpg

スカイアクティブプロジェクトを支える技術はエンジンに留まりませんが、残念ながら新型デミオでは、エンジンのみ先行して採用という形になりました。

というのも、ボディはマイナーチェンジであり、大幅な変更ができないためです。低回転時のトルク増大をはかるための、長い4-2-1集合マフラーが搭載できないのです。

このほかにも、トルコンATを可能な限り全域ロックアップ化することによる、ミッションのダイレクト感やレスポンスと燃費の向上、超軽量ボディが「スカイアクティブ」を支える4大技術となります。

それらが揃うのは、次期アクセラからと言われています。

メーターは試乗してきたあとの数値ですが、町中を短時間試乗する繰り返しの数値としては、カタログスペックとの乖離は致し方ないところでしょう。

郊外の通勤ならば、もしかすると、ハイブリッド車並にリッター20㎞くらい走るかも知れません。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2484-a4b529de
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5