☆ 農村の四季だより 麦秋(小麦編)

2ヶ月ぶりに、農村の四季だよりを更新しました。今年は、大麦の成熟期に写真映えのする天候に恵まれなかったので、小麦の麦秋にチャレンジしてみましたよ。

DSC00356_301_450_1.jpg

↓【記事本文】↓

秋まき麦が収穫期を迎える6月は、色づく麦畑が秋を連想させるため「麦秋」と呼ばれます。ただし、同じ麦秋でも、大麦と小麦では印象が大きく異なります。

 梅雨入り前に収穫する大麦、特にビール醸造用の二条大麦は、爽やかな青空の下、金色の絨毯を敷き詰めたかのようなまばゆい「麦秋」となります。

 一方、小麦は、梅雨の合間の五月晴れ(陰暦5月の梅雨の晴れ間)の下、褐色の熟色が、この時期一段と色濃くなる木々や水田の濃緑色との強いコントラストを生み出し、とても力強い「麦秋」となります。

 豊葦原瑞穂の国として稲作を中心に栄えてきた日本文化ですが、その一方で、麦や豆などの畑作文化も忘れてはならない存在です。現在では、水田の有効活用としての麦作が多いため、より身近に、美しいもう一つの秋の恵み「麦秋」を感じることができると言えるでしょう。

↑【本文終了】↑

実は、写真候補は3枚あったのですが、下の二枚は採用しませんでした。

DSC00335_300_448.jpg

穂にピントを合わせて前後をぼかしてみたのですが、主題(メインテーマ)が、いまいちハッキリしない写真になりました。

DSC00365_1_600_401.jpg

こちらは、広大な麦畑の広がりを出したつもりなのですが、やはり、今ひとつピンと来ないんですよね。ちなみに、広角撮影の樽型収差を修正しています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2465-cd01f05b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1139)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5