☆ 第9地区 Blu-ray購入

以前から気になっていた「第9地区」ですが、最近は、Blu-rayも安くなったので購入してみました。

DSC09388_1.jpg

パッケージ裏の”知的で胸をえぐられる。これは「ブレードランナー」に匹敵するSF映画だ”との宣伝に、これは買うしかないでしょう・・・と思ったからです。

結論から言えば、なかなかの意欲作でしたね。

ストーリー的には、特に目新しさは無いのですが、南アメリカのヨハネスブルク上空に現れた難民宇宙人という発送が斬新です。これはもちろん、アパルトヘイト政策の人種差別にダブらせているわけですが、全編を通じて、人間の内面の汚さを良く表現していたと思います。

その辺は、主人公の行動を含めてということなのですが、最後の最後に、多少心癒されるシーンもあります。

主人公と、宇宙人「クリストファー・ジョンソン」が交わした約束はその後どうなるか気にりますが、映画の中で最も「知的で誠実そう」に描かれている彼のことですから、きっと果たしてくれるでしょう。

なお、宙人の描写は、結構グロテスクなので、昆虫系が嫌いな人は生理的に受け入れられないと思います。

パワードスーツでの戦闘シーンはアクションとしても秀逸ですが、それよりも、こんな派手なシーンなのに「切なさ」が伝わってくる演出が、特に注目です。

「映像特典」で補完した方が、作り手の意図がくみ取れ、作品の深みを感じることが出来るので、レンタルで済ませてしまうより良かったです。

[アマゾン映画評] [Wikipedia 第9地区]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2317-55f083e6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1143)
  • オーディオ・ビジュアル(241)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5