☆ 農村の四季たより(10) 冬じたくの里山

12月ならではのテーマを探し出しましたよ! 薄暮になる前の、午後の日差しが絶妙な時間帯に撮影できました。

決裁が下りたので、事務所のホームページにアップしました

satoyama.jpg

撮影 : 宇都宮市 長岡町
(グリーントラストうつのみや長岡樹林地)


 木枯らしが吹き、遠くの山々の頂(いただき)が白くなり始める頃、里山は、すっかり冬の装いとなります。

 地面に敷き詰められた落ち葉はたい肥にするため、また、枯れ枝は燃料とするため、かつては人の手によって集められ、整然と手入れされました。しかし、近年では、純農村地域でも、手入れの行き届いた里山を見かけることは少なくなったようです。

 里山は田畑の水源となるだけでなく、河川を通じて栄養分の豊かな水を海まで供給し、良好な漁場を作り出すなど、その重要性が一般的に認識されつつあるだけに、荒れ果てていく里山が増えるのは残念なことです。ところが、そんなかつての姿を、グリーントラスト運動によって保全された宇都宮市の長岡樹林地で見ることができます。

 多様な生物を育み、四季折々の彩りを楽しませてくれる里山ですが、冬じたくを整えたどこか寂しげな佇(たたず)まいこそが、里山が最も美しく見える季節かもしれません

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2298-449cbf50
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5