☆ 無線ルーター BUFFALO Air-Station High Power 150Mbps

せっかくの「光」を生かさない手はないと思い、結局、無線ルーターと無線子機のセットを購入しました。

DSC05950.jpg

現在、無線LANの通信規格「IEEE802.11」は、n(最大300Mbps)が主流となりつつあるようですが、対応機種は、やや高価です。

プレステ3がb(最大11Mbps)とg(最大54Mbps)に対応しているため、より安価な802.11b/g対応機種で十分だと判断しました。

ところが、nの通信技術の一つである(40MHz チャネル・ボンディング)を使って、802.11b/g機種でありながら、最大転送速度を150Mbpsまで上げた機種が出ています。価格的にも比較的手頃です。そこで、BUFFALO Air-Station High Power 150Mbpsを購入しました。

結果から書きますと、回線速度を測定サイトで確認したところ、有線LAN接続時と同等の最高14Mbps(下り)という結果が出ました。上りは最高で30Mbps出ています。

チャンネル・ボンディングを使わないモードの場合、すなわちg規格だけでは8Mbps程度でしたから、確実に効果がでています。BUFFALOでは倍速モードと呼んでおり、親機と子機の両方が対応している場合に成立します。

なお、周波数2.4Ghzのg規格の弱点は、通信障害が起きやすく、送信速度にかなりのムラが出やすいことですが、設置を考えると全ての端末を有線LANで結線するのは不可能ですし、多少のムラは許容範囲でしょう。


5/3追記:
 その後何度か、YahooのADSLSpeedCheckerで計測したところ、2003年夏モデルのVAIO(デスクトップ型:HS72BC5)では、無線LANで下り最高19Mbps、プレステ3では、なんと!下り最高40Mbpsが計測されました。

やはりプレステ3恐るべしです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2060-b91c30e6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5