☆ パコと魔法の絵本

極彩色の映像と、人を小馬鹿にしたようなコミカル(というかファンキー?)な展開に、最初は面食らいます。

cover.jpg

役者勢の怪演と相まって、なにやら独特の世界観に引きずり込まれていくうち、実はとてもハート古名映画であることに気づいていきます。

中島哲也監督は、これまでに独特の映画を撮り続けてきましたが、ヒューマニズムについて、照れずにストレートに表現しても良いのではないかと思うようになったそうです。

従ってストーリーそのものは、判で押したように型にはまった物です。しかし、直球勝負するにはあまりにも「お涙頂戴物」になってしまうので、中島ワールドのオブラートに包み込んだというととでしょうか・・・。

[アマゾン映画評]

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/2038-b0a9bb41
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1157)
  • オーディオ・ビジュアル(262)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(120)
  • 農と自然(307)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(411)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5