☆ ATH-Q64 ベルゼルガ 降着ポーズ 撮影3回目

3度目の撮影で、ようやく納得できる写真になりました。2回目は正面光が不足し、日陰のように、「立体感」や「金属光沢感」が失われていましたからね。

DSC04617_600×800

豊潤な背景反射があるため、中央重点平均測光では、2/3~1EVくらいの逆光補正(プラス補正)が必要です。ホワイトバランス調製もしましたが、色温度が4500ケルビンでした。蛍光灯なのに、随分低いですね。

この立ちポーズでは、胸を張って、左手に力をグッと込めている感じが出ました。右足の緊張と斜め前方に投げ出した左足の対比、及び右手の屈折と左手の伸張という対比が、強烈な印象を生み出しています。

これこそがフル可動にした理由の一つでした。可動のための可動ではなく、力感の表現のための可動ですからね。

しかも、大河原デザインならではの「頭部が大きいのにカッコイイ」という、絶妙なバランスを再現しています。頭を小さく・足を長く・怒り肩にして・・・という格好良さの演出なら誰だって出来ますが、大河原メカは八頭身のマネキンとは違うのですから。

DSC04628_600×800


DSC04626_600×800

2,3枚目の写真は、パイルバンカー射出シーンです。俯瞰位置と仰視位置では印象が違います。ポーズを取らせるととたんにバランスが崩れたり、滑稽になったりしがちですが、そう言う作例は、人型してのプロポーションや関節の設定が正しくできていない証拠です。

もちろん、撮影角度も重要です。そこまで全体を考慮して作品を仕上げられるかどうかが、キャラクター模型には求められます。撮影段階まで重視しているのは、最後の「絵づくり」までが作品なのですから。


DSC04651_800_600.jpg


スピードや効率は確かに魅力ですが、もっと重要なことは、納得できるまでトライすること、手間と時間を惜しまないことです。作業の早さは自慢にも自信にはなりませんよ。

DSC04645_900×675

降着ポーズの後ろ姿もどうでしょうか。静止した物体なのに、どこか力強さが感じられると思います。

Comment

2009.12.30 Wed 08:41  |  

一番大きな要因は、上腿が短く、下腿が長く、足(foot)が大きすぎる事です。MGザクver2が出るまでのほとんどのキットがその傾向でした。

このことは、20年以上前からずっと主張してきたのですが、ようやく、見直されつつあるのかも知れません。

>家で飾る時・・・

写真撮影し、WEBに載せて全ての作業が終わったら、箱に入れて保管してしまいます。

残念ながら、模型という物は生活空間には馴染みまないと考えています。調度品にはならないだろうと・・・。

どういう事かというと、模型は生活をいろどる脇役ではないからです。それ自体が強烈な世界観と主張を持っているので、観る者と対峙(たいじ)してしまうのです。いや、引きずり込んでしまうと言えるかも・・・。

それは怖い兵器だけでなく、例えば、懐かしい昭和30年代の情景模型であっても同じ事で、そこに別世界を発生させてしまうのでしょう。

例えて言えば、日本刀やピストルを飾るようなものです。男性にとっては、そう言う飾り物も「有り」でしょうけどね。

それから、作者としては、もう少しこうすれば良かったとか、ここがまだ未熟だとか、悪いところしか目に付かないのです。意識は次の製作に移ってますしね。

完成したときが一番ツライです。我が身の未熟さを思い知らされる瞬間ですから。

  • #-
  • RX5
  • URL

2009.12.30 Wed 02:24  |  

格好良く出来てますね~。

>ポーズを取らせるととたんにバランスが崩れたり、滑稽になったりしがちですが、そう言う作例は、人型してのプロポーションや関節の設定が正しくできていない証拠です。

なるほど…。経験あります。
ポーズを取らせて撮影して見るものの、何処か格好悪く、結局素立ちが一番格好良く見えるのは、そう言った理由からなんですね。

しかし、これだけ格好いいベルゼルガですが、家で飾る時は、どのポーズなんですか?迷いに迷いませんか??

  • #mQop/nM.
  • Ran
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/1929-fd207449
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1139)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5