☆ フルスクラッチ ARV-G DOGUILIM キノコ傘の裏側?

タイル貼りが終わりました。左右で各9枚ずつです。

表面を軽くヤスリがけしただけなので、削りカスもついていますし、ラインが揃っていない箇所については微調整が必要でしょう。

ねらい通りの感じになったと思います。

DSC01238.jpg

Comment

2009.06.20 Sat 06:54  |  

タイル貼りで、ドギルムらしい不気味さがより強調されたかな!? と思います。

さて、デュラッヘですが、作ったのは学生時代でした。

動きの感じられるアクションポーズと、ドライブラシによる陰影や立体感を、強く意識するようになったのがこの頃だと記憶しています。ガンプラ作例よりも、むしろ、雑誌「モデルグラフィックス」の戦車や兵隊のディオラマに刺激を受けていた頃です。

しかし、創作物の作風というのは、初期作品の頃に、だいたい決まってしまうことが多いようで、その後なかなか自分自身を超えられないのが悩ましいところです。

「よくぞ、こんなシーンを再現しましたね!」と言っていただけるような作品を作りたいというのが、当時からの変わらぬ目標です。

従って、模型単体だけでなく、背景や構図、光の差し方による陰影表現など、写真撮影を含めた一連の作業が、私にとっての模型づくりなのです。

たぶん、多くの方は、模型が完成したから撮影するか・・・という意識なのかもしれません。

写真については、マニュアル操作のフィルムカメラ時代に基礎を学べたことが、良かったのだと思います。

カメラ任せに出来る部分もほとんど無いし、後から補正することも出来ないし、フィルムも無駄にしたくないので、必死でした。

「誰も見たことのないような作品を作りたい」と言う夢を、夢のままで終わらせたくはないので、長い道のりですが、一歩一歩、歩いていくしかないですね。

今後ともよろしくお願いしま~す。

  • #-
  • RX5
  • URL

2009.06.19 Fri 19:43  |  

裏のタイル貼り、パーフェクトです!
いつも同じ台詞で申し訳ないのですが、この細部までの拘りと言い、テクニックと良い、もう本当スゴイです。

話しは変わりますが、デュラッヘを拝見致しました。
懐かしいです。ミューラーのテーマがめちゃくちゃ好きだったのを思い出しました。

しかし…。1988年で既にこの様な技術をお持ちだったんですね!!
驚きです!!キットの仕上げも素晴らしいですが、写真撮影においての拘りも素晴らしい。
この時代で、ここまでの写真撮影の方法がスタンスになってましたっけ??
うーむ。さすがとしか言いようがありません。

  • #mQop/nM.
  • Ran
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/1744-8b55920b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1139)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5