☆ 除草剤効果確認

田んぼが異なるため厳密な比較試験ではありませんが、除草剤の効果を確認しました。

DSCF4240_1.jpg

処理30日後の?あたりの残草が、白いバット一つ分ですから、非常に良く効いていることが分かります。5月が高温だったせいもあります。ここまで効いてくれれば、後発のノビエや、多年草の中でもやっかいなオモダカやクログワイの心配も無いでしょう。

トップガンGTには、ピリミノバックメチル、ブロモブチド、ベンスルフロンメチル、ペントキサゾンの4成分が入っていますから、まぁ、当然としても、やはり注目は、サンシャインに含まれる新規成分のピラクロニルですね~。サンシャインはピラクロニル、ベンゾビシクロンの2成分ですが、トップガンGTと遜色ない効果が確認できました。これで安価なら言うことはないんですが・・・。

新規開発剤は、莫大な開発費を回収しないとならないですからね。世界市場で通用する新農薬1個を開発するのに、100億円近い巨費と8~10年という長い年月が必要だそうです。

急性毒性や慢性毒性、再奇形性、子孫への影響、魚類への影響など、安全性をクリヤするためのテスト費用だけでも莫大です。
 
DSCF4232_1.jpg

サンシャインジャンボを散布した田んぼでは、オタマジャクシが大量発生していました。除草剤が魚類や両生類等の水生生物に影響するなんて言うのは、ホント、昔話になりましたね~。

そば畑

周辺の畑では、夏そばが花盛りでした。夏そばは、秋そばに比べて香りが弱く収量も劣るそうですが、夏の暑さで貯蔵穀類の品質が劣化してくる端境期に、新そばが食べられるため、貴重な存在と言えるでしょう。

もちろん現代では、保冷施設で貯蔵されていれば、一年中品質の安定した「そば粉」を挽くことが出来ますが、やはり、収穫直後のそば粉にはかなわないでしょうから。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/1729-60449949
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1143)
  • オーディオ・ビジュアル(241)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5