☆ 5年ぶり銀塩一眼からデジ一へ、SONYα300+SIGMA18-200?

下の子の七五三をきっかけに、デジタル一眼レフカメラの購入に踏み切りました。

FI2621018_1E.jpg

銀塩フィルムの一眼レフを使わなくなって5年、愛用してきた高級コンパクトデジタルカメラからステップアップし、5年ぶりに一眼レフカメラに復帰したわけです。

購入したのは、ボディがSONYの「α300」、そしてレンズはSIGMAの「18-200mm F3.5-6.3 DC」です。

なぜこの組み合わせを選択したのか、デジタル一眼レフカメラの購入を検討している方の参考になるかもしれませんので、数回に分けて、詳しい記事を書くことにしましょう。

受光部に届く光を、受光部前に設置した反射板(リフレクター:レフ)とプリズムによってファインダーに導く、「一眼・レフ」が発明されて以来、カメラマンにとって、写真を撮るということは、この一眼レフのファインダーを覗く行為に他なりませんでした。

それは、それまでのファインダー専用レンズと、フィルム用レンズの二眼方式に変わる、画期的な発明だったのです。(二眼は、特に近距離において、ファインダーの映像と実際の写真との間に、角度のずれからくる構図のずれが生じる。)

そのカメラにも、デジタル化の大きな流れが押し寄せたのは1995年、民生用デジタルスチルカメラ普及第一号機、カシオ「QV-10」からと言われています。

以来、わずか十数年で、民生用デジタルカメラは35?銀塩フィルムに匹敵する画質を備えるに至り、「銀塩対デジタル」の戦いは、一眼レフ構造とデジタル技術の融合により、デジタル側の完全勝利によって幕を閉じようとしてます。

もちろんそれは、フィルムと同じ35?のフルサイズの受光部を持つ、プロ~ハイアマチュア向けのハイエンドデジタル一眼レフカメラならではであり、

一眼レフに復帰するからには、どうせなら、このフルサイズ「デジ一」を! と思うのは自然な流れなのですが、なにせボディだけでも20万円以上もする上、とっても重いのです。

レンズを装着した総重量は、最低でも1.5?はあります。つまり、1.5リットルのペットボトルを持ち歩き、しかも、撮影のためには、軽やかに動き回らなければなりません。

何よりも写真を第一の趣味とするならばいざ知らず、さすがにこれだけ重いと、使用頻度が落ちて、結局使いにくくなってしまうでしょう。

そこで、価格的にもフットワークの面からも、小型軽量な一眼レフ、いわゆる「デジ一入門機」が有力候補となります。

これらは、受光部が35?フルサイズに比べ、縮尺比で約2/3(面積比で約半分)になっており、

ちょうど、銀塩フィルム時代末期に登場した、カセットポン!方式の小型フィルムと同じサイズのためAPSサイズと呼ばれます。(「APS-C」サイズと「APS-H」サイズがあり、小型の方の「APS-C」が主流。)

一番の注意点は、受光部の大きさが35?フルサイズより小さいため、同じレンズを装着しても、画角が異なることです。このことは、今後のレンズ選びにずっとつきまとうことになります。(詳しくは後述しましょう)

このデジ一入門機クラスは、なんと言ってもCANONの独壇場でしたが、銀塩カメラ時代にトップメーカーであったNIKONなどが追撃しつつあります。

そして、注目は、デジタル一眼レフカメラメーカーとしては新進気鋭のソニーです。

今でも伝説として語り継がれる、世界初のオートフォーカス一眼レフ「α」を開発した、あのミノルタの技術陣を有するのが現在のソニーなのです。

次回に続く・・・。
AUTHOR: J.J. DATE: 10/27/2008 12:37:35 こ、コイツは・・・!!!

Comment

2008.11.01 Sat 14:29  |  

>ウーファー口径が原理的に小さくできないのと構図は一緒です。

なるほど~、わかりやすい例えですね。

>映像用のレンズは焦点深度を広げて・・・

基本的にそのはずだと思うのですが、

今後、デジ一でのフルハイビジョン動画撮影が付加機能としてトレンドになりつつあり、大口径レンズのボケを生かしながらの動画という、新しい表現の可能性にも期待がかかっているそうです。

たぶん、違和感があるんじゃないかと思いますけどね・・・笑)

>今や入門機にも劣るスペック・・・

デジタル家電の宿命ですね。使いたいときが買い時であり、量販価格帯の製品を一定期間使うのがコストパフォーマンスが一番高いのかもしれません。

>せめてもう少しf値の小さいズームレンズがひとつ欲しいところです。

そうなんですよね~。高価なので、なかなか手が出ないですね。

  • #79D/WHSg
  • RX5
  • URL
  • Edit

2008.10.29 Wed 18:37  |  

>現時点だからこそ、35?フルサイズCCDの高解像度・暗部への強さ等の有利性がある

それはそうでしょう。でないと元々35mmで設計する意味がありません。

>レンズ口径の小型化は限度がある

f値の設計からいって、カメラというものを使う以上は大型レンズが消え去ることはないでしょう。ウーファー口径が原理的に小さくできないのと構図は一緒です。

>極めて浅い被写界深度を利用した、カメラならではの表現

確かにピンホールカメラではボケ味という話は聞いたことがありません。
対して、映像用のレンズは焦点深度を広げて全景を見やすくする工夫は必要なのでしょう。

うちにあるカメラはNikon D50セットだけなので今や入門機にも劣るスペックです。
せめてもう少しf値の小さいズームレンズがひとつ欲しいところです。

  • #79D/WHSg
  • kazima
  • URL
  • Edit

2008.10.29 Wed 06:13  |  

追記です。

生物の目の構造と、その画像処理能力から比較すれば、カメラの小型化や進化の余地というのはまだまだあるんだろうなと思います。

ただし、

>背景のボケ味

極めて浅い被写界深度を利用した、カメラならではの表現については、生物の目のような口径の小さなレンズでは、たぶん表現できないのだろうなと思います。

  • #79D/WHSg
  • RX5
  • URL
  • Edit

2008.10.29 Wed 05:54  |  

>いずれ・・・APS-Cより小さいサイズで実現するかも

kazimaさん、あげ足を取るような返事になりますが、現時点だからこそ、35?フルサイズCCDの高解像度・暗部への強さ等の有利性があると言うことになりますでしょうか。

将来的に、小型のCCD(又はCMOS)で十分な性能を確保できるのであれば、それに越したことはないと、私も思います。

今後、APS-Cサイズが主流になるのであれば、レンズ規格の混乱も避けられるので、なお望ましいです。

カメラ全体としての小型化も望まれるところですが、背景のボケ味からすれば、レンズ口径の小型化は限度があるでしょう。

レンズとのかねあいから、適したボディのサイズというのは、kazimaさんのおっしゃるとおり残ると思います。

>光量の均質性では小型の方が有利

これについては、全くその通りだと思います。

  • #79D/WHSg
  • RX5
  • URL
  • Edit

2008.10.29 Wed 00:35  |  

>画素数が変わらないならば、大判化することで暗部やノイズに強くなるでしょう

それはその通りです。ただし、同じ面積でもここ数年で画素数が跳ね上がっている状況では、いずれ銀塩フルサイズに相当する解像度のCCDがAPS-Cより小さいサイズで実現するかもしれません。これはそうそう遠くないと思います。
また、光量の均質性では小型の方が有利です。

いつか解像度が飽和したときには、大型の本体は必要はないように思います。f値が小さい大型レンズと小さいCCDを合わせるのが難しいわけではありません。
ただし、f値は結局幾何学で決まって本体はやたら小さいのにレンズだけ大きく重いとなると重心のバランスをとるのが難しくなるかもしれないので、適度な大きさは残るでしょうね。

  • #79D/WHSg
  • kazima
  • URL
  • Edit

2008.10.28 Tue 19:57  |  

kazima 様

>毎度批判的なコメントですみません。

いえいえ、コメントありがとうございます。

一般論で言えば、

画素数が変わらないならば、大判化することで暗部やノイズに強くなるでしょうし、

大判化に伴って画素数が増えれば、ポスター等全紙サイズへの印刷解像度も向上するでしょう。

もちろん上記の両方が成立しやすくなります。

35?フルサイズCCD(あるいはCMOS)は、35?銀塩を凌駕したようですが、
そもそも35?銀塩フィルムそのものが、中~大判フィルムに比べて、簡易的なフィルムであったことを考えると、中~大判フィルムに匹敵する映像素子はあっても良いと思います。

実際、アマチュアでも35?ポジフィルムに飽き足らなかったハイエンド指向の方はいましたから。

もちろん、ほとんどのアマチュアにとってはAPS-Cサイズで十二分でしょうけど。

  • #79D/WHSg
  • RX5
  • URL
  • Edit

2008.10.28 Tue 19:32  |  

松本様

コメントありがとうございます。

「kiss デジタル X」は、良い機種だと思います。キャノンは良い意味で製品作りがうまいですよね。

レンズも35?フィルム換算なら500?級の望遠ですから、遠くの被写体も大迫力ですね。

2008.10.28 Tue 17:53  |  

現時点でのデジタル一眼における35mmサイズの意義は過去の35mm系統の機器が使い回せるところに尽きるのではないでしょうか?それ以外の本質的なメリットがあるなら知りたいところです。

毎度批判的なコメントですみません。

  • #79D/WHSg
  • kazima
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/1497-b07f1a87
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5