☆ 模型撮影の背景について

模型制作が上手で、しかも、カメラ撮影がきちんとできる人というのは案外少ないものです。

ネット上でも、模型は抜群に上手いのに、撮影がイマイチという例は山ほどあります。

そもそも、無形から有形を生み出すモデラーと、既にある被写体をいかに綺麗に切り出すかというカメラマンの方向性は全く正反対なので、興味の対象として上手くかみ合わないのはある意味仕方ないのかな・・・とも思うのですが、

実際のところは、意外なことに、モデラーのカメラ撮影に対する姿勢が面倒くさがりというか、基本を学ぼうとしない姿勢にあると思っています。

ガンプラの悪い面だと思うのですが、少ない労力で多くを得ようとする傾向がますます強まっているのかもしれません。模型はそもそも、基礎技術を積み上げていく地味な作業が重要で、それはカメラ技術と通じる部分が多いんですけどね・・・。

以下は、RRMの掲示板に書き込んだ内容の転記ですが、地面側が白で、遠景が黒くなるグラデーションペーパーを多用していることに対する「危惧」を以前から感じていたので、書き留めておこうと思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まず、グラデーションペーパー(白~黒)ですが、

長所は、
?単純なホワイトバックに比べ格調高い雰囲気。
?どんな機体色にも無難に合いやすい。
?カメラの自動露出でも適正範囲に入りやすい。
従って、撮影が楽。

欠点は、
?背景が上下で白と黒に二分されるため、必ずしも良い写真にはまとまらない。
?これに頼っていると、撮影の基本技術は修得出来ない。

と言うあたりかな、と思います。特に?がくせもの。

そもそも、作品本体を引き立てる背景の基本は、補色関係にあります。

つまり、明るい機体なら、背景は黒や青
青系の機体ならば、極薄いクリーム色
赤や黄色の原色系には黒
黒や濃色系には白い背景、などなど。

また、商品見本のように、オーソドックスにまとめるならスカイブルーが無難でしょう。(ただし青系の機体を除く)

これらの単色背景においては、カメラの自動露出では多くの場合、露出補正をしなけれらばなりません。

しかも、機体本体と背景の占める比率や、そのコントラストによって、露出補正はマイナスになるかプラスになるか、予想出来ないことも多いのです。

これらの単色背景を、「シワ無く・ムラ無く・適正露出・適正被写界深度で」撮影出来て初めて、撮影のスタートラインに立つことが出来ます。(もちろん、ホワイトバランス調整をした上で)

コンパクトデジカメでは、調整項目が少なく対応は難しいのですが、だからといって一眼レフでなければならないと言うことはありません。

確かに一眼レフで基礎技術を最初から学ぶのがベストですが、だからと言って、高価な機材は必要ないのです。

絞り優先モードと露出補正ができればかなりの工夫は出来ます。

逆に言えば、一眼レフを持っていても、絞りも露出補正も使いこなせないならば、宝の持ち腐れと言えるでしょう。

露出補正については、+-どちらに転ぶか分からないし、どの程度の補正がよいのかも、経験を積まないと分かりません。

しかし、多くのカメラには、オートブラケッティング撮影と言って、例えば補正値「+-2/3段階」と補正ゼロの3枚連射撮影機能がありますので、これを使うのがよいと思います。↓

[オートブラケッティング]

撮影をあまり難しいものと考える必要はないのですが、基本をふまえずに撮っていると、せっかくの模型の良さを100%引き出せないので、もったいないんですね・・・。

FI2620999_1E.jpg

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://rx5.blog10.fc2.com/tb.php/1478-227c45fb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1139)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5