☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 腹部関節の腰部の受け側

セミスクラッチの面白さというのは、一つには「可動部の工夫」が挙げられるでしょう。



素材の味を引き出すというのが醍醐味なのです。キットに頼りすぎるのでもなく、かと言って、全てが自由なフルスクラッチとも異なり、実物がないからこそのキャラクターモデルならではの楽しみ方です。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 胸部-腰部-上肢の連結

下腹部の半球体と腰を連結しました。

20161027_220246955.jpg

関節として球体構造が必要となるのはごく一部ですので、胸部とのつながりや、球体の受け側となる腰部上面については、それらしい構造を設けていきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 半球表面成形

骨組みの隙間にエポキシパテを充填して、半球状に仕上げました。



ところどころヒケがあるうえ、綺麗な球場になっていないので、ラッカーパテで表面をコートし、仕上げていきます。

☆ 2016年最後の芝生刈り

9月中下旬が記録的な日照不足だったわりには、10月下旬でこんなに芝生の緑が濃い年も珍しいでしょう。
毎年ヒガンバナの茎が伸びるころに芝生刈りは終えるのですが、霜が降りる前の10月下旬に一回だけ最後の刈込が必要になります。

20161023_133328178.jpg

老朽化してきたわりには、今年の芝生の状態は結構よかったようです。最初が4月9日でしたから、23回くらい刈り込みました。途中、買い置きしておいたシマジンを散布しましたが、良く効いたようです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 半球状ウェスト

ウエストを「下向きドーム型」にすることで、ウエストの前後屈と左右曲げ・ツイストを可能にします。

20161023_185205726.jpg

関節を仕込んで、半球状にリブを組んだら、隙間はエポキシパテで充てんします。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 股関節

ふんどし部分を中央部のみスリム化しているのがミソ。

20161023_072936741.jpg

大河原イラストを立体化する上での、矛盾解消手段。これを指摘している人は極めて少ないですが、ちゃんといるんですよね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 上腿付け根左右均一化

左右同一部品になるよう、両面テープで仮接着してヤスリがけします。

20161022_194128702.jpg

丸っこくて、変な形ですね ^^;

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 股関節ユニバーサルジョイントの設置

ユニバーサルジョイントを上肢付け根に埋め込みました。

20161019_230113969.jpg

この後、開口部が必要最小限になるよう、塞いでいきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 股関節のユニバーサルジョイント

股関節は、もちろんユニバーサルジョイントとします。

20161016_194226986.jpg

設置スペースはギリギリですが、ぴったり仕込んでみましょう。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 肩接続ジョイントと肩ブロック

腕を上にあげる軸の中心点は、上方胴体側の端に設置します。

20161016_194145345.jpg

オフセット2軸のユニバーサルジョイントとなります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 肩接続ジョイントつけてみる

肩関節のジョイント部分に、鎖骨関節のポリランナーを貫通させてみました。

20161013_231219407.jpg

貫通しているポリランナーと直交する回転軸も設けないとならないです。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 肩接続ジョイント

肩ブロックと胸部をつなぐジョイント部分を、プラ板箱組みで作ります。

20161011_232315265.jpg

回転中心軸として、ポリランナーを貫通させる予定です。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 胸部接着

首関節と鎖骨関節を仕込んで、分割した胸部を接着します。

20161010_190443172.jpg

ファーストグレードとプロポーションを比較してみると、ファーストグレードのちょっとあざとい感じと違ってシンプルでいいんじゃないでしょうかね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 下腕とひじ関節 ヤスリがけ

かなりゴリマッチョなプロポーションなので、切り刻んでスリム化しても、その雰囲気は残っているもんです。

20161008_234918575.jpg

ざっくり表面を整えてみました。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A ひじ関節 接合用カバー

上腕と下腕にスポット入れ込むように、二十関節を仕上げていきます。

20161001_195412090.jpg

現物合わせで精度を確保していきます。
結構なんとかなるもんですね。

20161001_201333905.jpg

カレンダー


09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1139)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5