☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A もう一方の上腕

もう一方の上腕も、スリム化します。現物合わせで追い込みます。

201608310559439e6.jpg

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1A 鎖骨間接の仕込み

肩の付け根は、鎖骨のように前後に動くよう間接を仕込みます。

IMAG2268.jpg

プラパイプにプラシートを巻いて、ちょうどよい太さにします。

IMAG2267.jpg

 脇腹側は、四角い窓を開けておきます。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 首間接の仕込み

下向き・上向き方向に首を曲げられるよう
一軸関節を胸部に仕込みます。

IMAG2266.jpg

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 膝関節の設計

複雑な下肢に合わせて、関節機構を考えます。

IMAG2253.jpg

可動範囲を大きくとること自体は可能ですが、かなり大きくなってしまうんですよね。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 動力パイプモールドの削除

ふくらはぎにあるパイプ構造のモールドですが、一体成型のため、パイプになっていません。

IMAG2248.jpg

ここはバッサリ切り取って、ディティールアップします。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 足の甲のパーツのクリアランス

幅詰めしたり、つま先をほんの少しとがらせたり、立ちすぎている足の甲のパーツを少し寝かせてみたり、形を整えていっても、やはり、他のどのキットとも雰囲気が違う、旧キットならではのシルエットが生きています。

IMAG2249.jpg

この狭いスペースに、甲のパーツの左右バンク軸と足首関節の両方を何とか埋め込みたいと思います。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 足の成形

異様に幅広で左右に偏りのある足を、整えていきます。

IMAG2240.jpg

甲の部分は、可動式にする予定です。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 太もも付け根(臀部)の幅広化

太ももの太さや形状は、全体の印象を左右します。

IMAG2197.jpg

足を大っきく曲げると、太ももの付け根は臀部、つまりお尻になるので、ここが大きいと迫力も違ってきます。というわけで、幅増しです。太くなった分は、ふんどし真ん中の薄型化でバランスをとります。

☆ 1/144 初代MSV MS-06R-1 上腕部のスリム化

一回り小さくした肩ブロックに合わせて、太すぎる二の腕(上腕)をスリム化します。

IMAG2191.jpg

スリム化なので、X軸Y軸(縦横)方向に幅詰めします。

カレンダー


07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1138)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5