☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 撮影終了

全体にフラットベースを吹いて、艶を整えました。

2016053119200387c.jpg

撮影して完成です。電球型蛍光灯を天井に3灯、左斜め前に2灯、右奥に2灯、これらはディフューザー越しとなります。
シャッターが開いている間、手持ちフリーでゆらゆら揺らすのにLED照明を直接灯として使い、水面のきらめきを確保しました。

仕上げが雑な部分もありますが、なんとか完成いたしました!

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 広角レンズ

ドッグ系3連ターレットの広角レンズを、1/48で再現するのはなかなか大変です。

20160529081821c69.jpg

0.5ミリシャープペンシルの芯くらいしかありません。 透明プラ棒をリューターに取り付け、ヤスリで削り込んで先端を切り落とします。
断面を軽くヤスリがけして仕上げ、ピンセットで鏡筒にセットしたら、面相筆の穂先を使って、プラスティック用セメダインを一滴たらし、接着と同時に透明度を確保します。

シャドー部の墨入れが甘いところや汚いところは、できる範囲で再度調整してみます。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 弾倉(マガジン)の取っ手金具

マガジン上面に、手持ち用の取っ手金具を再現しました。

20160529081819636.jpg

本体は真鍮線で、取り付け基部はマスキングテープを巻いたものです。塗装してから接着します。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ デカール貼付

 デカールを貼って、すべてのパーツを組み終えました。

20160523224856510.jpg

 あとは、てかりを抑えるために、フラットベースを吹いたり、荒れた塗装の部分をレタッチしたりします。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 水中ジェット推進用パイプの延長

足を延ばしたことで、長さが足りなくなってしまいましたので、プラ丸棒で4ミリほど延長します。

20160523223121f4a.jpg

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 金属ステー

 乗降用足掛けとなるステーを、ゼムクリップで作ります。

201605232231220ad.jpg

 本来は塗装仕上げでしょうけど、あえて金属むき出しのままにして、アクセントとします。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 水柱

水辺の戦闘シーンと言えば、着弾による水柱は必須でしょう。

14633142860.jpeg
 これもシリコンコーキング材にわずかに汚れ色を混ぜて、再現します。

 ふにゃふにゃな素材を、上に向かって爆発するように表現していくのは大変です。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ シュロの葉増量

シュロの頭が少々寂しく、このままでは違和感があるので葉の枚数を4枚追加しました。

20160514210041e15.jpg

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ カメラアイのレンズ設置

望遠レンズはウェーブのHアイズの一番小さい丸レンズ。
赤いレンズは、丸プラ棒から削り出したレンズです。

IMAG2008.jpg

赤いレンズの透明感が今一つなのは
裏に塗った赤色がクリアではなくソリッドカラーのためです。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 水面のさざ波表現に、意外と適している!

 シリコンコーキング材は、光の当たり具合にもよりますが、水面のキラキラが程よく再現できるではありませんか!

IMAG2006.jpg

 これは意外に使える素材のようです。硬化が遅いので、表面を手直しする時間はあります。ねちょねちょしているため、平らにするのが意外に難しいのですが、それがかえって水面らしく暴れた表面になるので、意外にいい感じです。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 水の再現はナント! シリコンコーキング

 模型において、水の再現には、スケールに応じて様々な工夫がなされてきました。透明度を優先するなら、FRPを流し込むのが良いのでしょうけど、いかんせん単価が高くて手が出せません。

IMAG2003.jpg

 そこで、安くて扱いがしやすくそれなりに透明の素材をと思い、シリコンコーキングのクリアを使うことにしました。

IMAG2004.jpg
 
 シリコンはクリアといっても結構乳濁しているのですが、熱帯雨林の川の表現には、それほど透明でなくてもOKです。ビニール袋に入れてから、クリアーグリーンとクリアーブルーを適当に混ぜます。ただしこれだけでは発色がきれいすぎるので、隠し味として、筆洗い様の汚れきった溶剤を少し加えます。

 さてさて効果のほどは?

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 水面下の左足を固定

 ムラメナ川に左足を突っ込んだ状態を再現するため、まずは、左足をベースに固定します。

IMAG1997.jpg

 この後、水を再現するために何らかの充填剤を流し込むので、両面テープで固定するだけでOKです。

IMAG1999.jpg

☆ STAX SR-001 出力端子の補修半田亀裂をブリッジ

 接触不良を起こしていたSR-001の基板ですが、先日、STAXで修理して頂いたのに、またしても接触不良を起こしています。

2016050715375153d.jpg

 中を見てみたら、極細の半田付けをしているのが分かりました。しかし、そこにまた亀裂が入ってしまった模様。

201605071537525c4.jpg

 単純に半田付けだけでは、耐久性に限界があるので、銅線を薄く削ってブリッジすることにしました。はんだの上にそっと置き、左手側から精密マイナスドライバーで抑え、右手側から半田ごてで暖め、伝わる熱で下の半田をちょっと溶かし、接着しました。

 この部分は、プラスチックのケースとのクリアランスが非常に厳しく、ダイヤモンドヤスリで厚みをぎりぎりで削って、なんとかケースを装着できました。

 これで長年悩んでいた接触不良が完璧に解決できました。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ フォトフレームのガラスを底面に

 フォトフレームのガラスを本来の表面ではなく、裏面、すなわちジオラマベースとしては底の側に位置させます。

20160507153748400.jpg

 そのため、スペーサーを入れます。

2016050715374952a.jpg

 スペーサーでも足りなかった厚みは、紙枠で調整しました。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ シュロの木完成

 シュロの木独特の毛羽立った樹皮は、綿棒の綿をはがして接着しました。

201605052310229d7.jpg

 枯れて垂れ下がった葉も3本用意して、合計15枚の葉を接着したのですが、それらしくなったでしょうか。艶消し塗料のフラットベースでだいぶ艶を抑えたのですが、枯れた葉の艶はもう少し抑えたいところです。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ シュロの葉の取り付け

紙粘土で茎を作り、頂点に、葉を木工ボンドで取り付けました。

201605042141287f8.jpg

付け根付近は、鱗片のような基部を再現するため、一つ一つ紙片を貼っていきます。

☆ 2016年の田植え

昨年の反省を踏まえ、今年はゆっくり丁寧に植えてみました。

20160504214129e28.jpg

風が強く、マーカーの見えないところは隣の列と開いてしまったところもありましたが、例年よりは良かったと思います。補植が不要なように、枕時も全部二度回りして、四隅もきちんと植えました。ノビエが2葉期になっているため、明日にも除草剤をまくとしましょう。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ シュロの葉 12枚や~

 12枚も作れば、なんとかそれらしく見えるでしょ。。。

201605012235350b3.jpg

 それにしても、最初の方と最後の方では、細かさがだいぶ違いますねぇ。。。

カレンダー


04月 | 2016年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1103)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(305)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5