☆ 1/100 トランファム 上腿下部側面板

膝二重関節の上腿下側は、一重関節の時の不要部分をカットしたままになっていますので、二重関節用に側面を成形していきます。

IMAG1635.jpg

☆ MUIX IX1000

出張先近くのビックカメラで、イヤフォンマイクを物色していたら、超コスパ級の逸品を発見しました!

IMAG1629.jpg

イヤフォンマイクなんで使いも荒いし、これまで何個も断線したりダメにしてきましたから、いくら音が良くても高いものはダメです。というか、高額商品で高音質は当たり前すぎて面白くありません。しょせんカナル型ですからねぇ、モバイル環境で使い倒してなんぼです。

せいぜい3千円クラスかなぁと思って、いくつか試聴していたら、きしめんケーブルが個性的な謎のメーカー製の製品に当たりました。

IMAG1630.jpg

第一印象は、能率の高さ、量感がありながら破たんしにくい低音、なかなかの解像度といった感じ。

IMAG1633.jpg

韓国のメーカーだそうです。ネットで調べたら、コスパに優れたかなり高評価の製品らしい。分解能と解像度の良さは、背圧を抜いたオープン型に近い構造にあると思われます。しかも、スライド式の蓋が背圧を封じ込めることで、低音を増強することも可能で、一粒で二度おいしい楽しみ方ができます。

分解能が高い製品は低音を欲張らない印象があり、細かい音の違いが分かりやすいといった点を売りにしているものですが、この製品は、低音がしっかり乗りつつ、分解能というよりもどちらかというと解像度に優れ、各楽器を引いている状況や英語の発音などがはっきり分かりやすいです。確実に2ランク上の製品に匹敵しますね。

どちらかというとメリハリ調で、強いて言えばBOSEなんかの音作りに似ている感がありますが、まぁ、あちらは分かりやすさというか狙っている音作りですので、やはりそれとは良い意味で違いますね。

この値段の製品ながら、これ、すごいですよ。普通のダイナミック型で、プラスティックハウジングなのに、シングルのバランスドアーマチュアなんかよりは、良くまとまっていると思います。

☆ 1/100 トランファム 膝二重関節の受け具組立て

受け具が立体的に組みあがってくると強度も増してきます。

IMAG1627.jpg

軸穴のずれに伴う微妙な段差は、現物合わせで修正していけば目立たなくなるでしょう。

☆ 1/100 トランファム 膝二重関節の受け具側面中心軸開口

 受け具側面にポリキャップぴったりの穴をあけてから、箱組していきます。

IMAG1622.jpg

 結構精度が求められますね。

☆ 1/100 トランファム 膝二重関節の受け具側面

 二重関節の受け側のパーツを作ります。

IMAG1615.jpg

 4つのパーツの擦り合わせは、張り合わせの現物加工です。微妙にいびつではありますが、まぁ許容範囲ということで。。。

☆ アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

2015年 アメリカ

 マーベルコミックスのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」の第二弾。さらに続編2作の制作が予定されているとか。

age_of_ultron.jpg

 テーマやら背景やらを、いろいろ詰め込みすぎて出来が今一との評価が多いです。いろいろ訳ありなヒーローたちなだけに、単なる痛快活劇にするわけにもいかず。。。というはわかるんですが、まとまりには欠けたようです。


 視聴したのは、23日の夕方。22日は、北側外壁塗装に発生したの藻の除去をしました。震災直前に再塗装してから、かれこれ5年半経ち、気が付いたら結構緑色になってました。新築から十数年間は、毎年洗ってたんですけどね。疲れた~。

[アマゾン映画評]

☆ RX-8 ピッチ(タール)除去

 道路工事中の場所を何度か通っていたら、頑固なピッチが沢山付いてしまいました。

IMAG1611.jpg

 この写真は、ある程度落とした後の状況です。車体下側にびっしりとついてました。タールと呼ばれる油分なので、ワックスなどの油でも徐々に落ちますが、ピッチクリーナーなどの有機溶剤で溶かして落とすのが最も効果的です。ゴシゴシ擦ると傷がつくばかりで落ちません。

 以前はどこでも見かけたと思うのですが、行きつけのDIY店にピッチクリーナーが置いてなく、補修塗装の下地処理で使う、シリコンオフを代用しました。シリコンオフは、強力な脱脂力があるのでシュッと一吹きすれば、あっという間に溶けて、茶色い油が垂れてきます。道路工事している場所はできれば避けて通った方がいいですね。 

☆ Amigo databaseを用いたWEBデータベース 

 20年以上温めてきた構想を、ついに現実のものとする日が近づきつつあります。

database.jpg

 農作物に発生する病害虫被害について、その原因を突き止める診断・同定作業には大変な手間と忍耐を要します。高度な知識・技術と豊富な経験が必要とされるため、これまで多くの方が事例集を欲しながらも、なかなか手が付けられませんでした。そこで、農作物被害の背景や診断過程といった、ありのままの全容をWEB上で公開するという、大胆な事例データベースを開発することこそが、私が以前から温めていた構想でした。

 WEBデータベースのような動的コンテンツには、CGI(common gateway interface)という仕組みが必要ですが、そのためには、CGIスクリプトというプログラムとその設置を許可するサーバーが必要です。

 素人でも、柔軟かつ高度なスクリプトが書ける無料ソフトは数少なく、結局たどり着くのが、Amigo databaseと言われています。そして、CGIを許可する容量無制限の無料レンタルサーバーも極めて少ないのです。

 さて、作業はまだ途中です。業務にきちんと取り込んでいけるよう、来年度に向けて一つずつ課題をクリアしていきたいと思います。

☆ 1/100 トランファム 膝二重関節の補強

膝には非常に強い力が加わるので、中心に針金を通して補強します。

IMAG1603.jpg

この針金の両外側に、ポリキャップをはめます。

☆ 1/100 トランファム 膝二重関節の中心軸

 二重関節の軸をどのように成型するか、しばらく考え込んでしまいましたが、ポリキャップにプラシートを巻き付けることにしました。

IMAG1594.jpg

 真円度は若干いびつですが、幅は合わせやすいし、太さも調節しやすいです。

☆ RX-8 オイル交換

 ディーラーでオイル交換してきました。 隣の新型ロードスターにはナンバーがついてないので、納車前ですね。



 東京モーターショーでは、まさかのロータリーコンセプトカー”RX-VISION”が公開されています。間違いなくロータリースポーツは復活するでしょう。でも、RX-8の後継ではないですから、どうせスポーツカーならロードスターに行っちゃいますね、私は。

 それよりも、アテンザクラスが、FRプラットフォームへ転換されるという噂があって、そちらも期待してしまいます。高級車路線への転換と言われているようですが、2000年まではFRセダンのセンティアが作られていたし、マツダは、元々は軽自動車から大型FRセダンまで作るフルラインナップメーカーでしたからね。楽しみです。

カレンダー


10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1138)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5