☆ SIGMA UC ZOOM 28-70mm 2.8-4 入手

 以前から欲しかった大口径標準ズームレンズを入手しました。標準ズームと言えば使用頻度の一番高いレンズですので、一眼カメラならではの背景ボケを楽しむためにも、やはり大口径レンズが適切です。

 なお、カメラで言うところの「標準」とは、肉眼で見た景色に近い画角となる焦点距離が50ミリのレンズを言うわけですが、これは、35mmフィルム「24mm×36mm」が主流であった時代のことで、デジタル一眼レフカメラ入門機~中高級機の受像素子(23.4mm×16.7mm程度)の場合は画角が狭くなるため、同じ画角にするには、35ミリくらいのレンズが標準となります。(35ミリフィルム換算での、レンズ焦点距離50ミリに相当)」

2013112913003177f.jpg

 ところが、解放絞り値F2.8固定レンズとなると、一般的に高価でなかなか手が出ません。そこで、F値可変ながら、広角端28ミリ・F2.8始まりのお手頃中古レンズを、それこそお手頃値段で入手しました。(2,600円+送料500円)

 UCの名前通りウルトラコンパクトが特徴ですが、望遠端70ミリでも絞りF4を維持します。広角側は、F4通しレンズよりも明るく、単焦点レンズに近い描写性能と、ズームレンズならではの便利さ、コンパクトネス、コストパフォーマンスと大変バランスの良いレンズだと思います。
 
 1995年発売であることから、近年のデジタルカメラに最適化されたレンズコーティングではありませんが、シグマらしいカッチリした写りですし、よほど厳しい逆光でもなければフレアやゴーストに悩まされることもないでしょう。

 これで標準画角を含むレンズとしては、18-200ミリF3.5-6.2の高倍率デジタル専用(APS-C用)、50ミリF1.4大口径単焦点(フルサイズ用)、28-70ミリF2.8-4コンパクト大口径標準ズームと充実してきました。

 どんな状況でも一本でカバーできる高倍率ズームレンズは、一眼カメラの最初の一本として大変ふさわしいのですが、経験を重ねて、より一眼カメラらしい写真を求めていくと自ずと出番は少なくなり、より専門性の高いレンズに移行していくというのが良く分かります。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ バックパックヤスリ掛け

実に89日ぶりの模型記事です。

2013112612450885a.jpg

バックパックのヤスリ掛けをします。角張った箱形なので、平面と直角をきちっと出すと精度感が向上しますね。

☆ スマホ待受け画面用

こちらの方が、ジジらしい表情と仕草になってます。
残念ながら、ミニシクラメンの花が満開前なので、背景としてはちょっと寂しい状態です。

DSC06787_1.jpg

JPEG撮って出しの無加工です。

露出時間(秒),1/15
F値,2.50
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,400
測光方式,中央重点平均測光
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75

☆ バスケ部で那須ハイランドパークへ

バスケ部のイベントで、那須ハイランドパークへ行きました。
2010年の9月に行ったことが、以前の記事で書いてありましたから、約3年振りです。

DSC06782_1.jpg

お土産屋さんのジブリコーナーで、ミニシクラメンを植えたジジの植木鉢を、単焦点レンズ(50㎜ F1.4)で撮影しました。柔らかい感じにしつつ、被写界深度を適度に確保するよう、絞りは2.5としました。

露出時間(秒),1/13
F値,2.50
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,400
露出補正量(EV),0
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75

☆ 視察研修にて

 天空回廊の分厚いガラスを通して撮影すると、画面全体が青白くコントラストも低下しがちです。

201311221313141a1.jpg

 RAWデータから、しっかり現像処理を行って、やや赤い色調にしてしてみました。かつて日本人観光客と言えば首からぶら下げたカメラのイメージでしたが、今では、しっかり一眼レフカメラを持っているのは、むしろ外国人の方が多いかもしれませんね。

☆ 彩り野菜の料理レシピコンテスト

 午後は地産地消推進のための、地場産野菜を使用した料理レシピコンテストを開催しました。
テーマは「彩り」。レシピコンテストなので、料理の撮影は重要です。私がカメラマンをつとめました。

 一次審査を突破した10作品の内、欠席となった1名を除く9作品は、どれも素晴らしい作品です。

 審査会場に撮影スタジオを設置してカメラ2台で撮影しました。
 
20131121090154eaf.jpg


20131121091628f5e.jpg

20131121090156afb.jpg

☆ WPSにてWiーFi接続

 これまで無線LANの親機と子機は、共にBUFFAALO製品のセットであったため簡単に接続が出来たのですが、今回は、auひかりのルーターとの接続のため、やり方が分かりませんでした。

20131120123803b68.jpg

 子機である「WLI-GC-GNHP」のメーカーのホームページを見ると、無線LANの標準接続方式であるWPSに対応しているとのこと。

 パソコン本体に、接続に関するソフトを入れてみても良く分からず。。。
 ステータスバーに出ている、未接続のアイコンを右クリックしてみると、かんたん接続の文字が出てきました。

 auひかりのホームゲートウェイ「NECのBL900HW」には、WPS接続のワンタッチボタンがついてます。押したところ、自動的に接続が完了しました。

 一時はどうなるかと思いましたが、分かってしまえば至極簡単でした。

☆ フレッツ光+Yahoo から auひかりへ

 家族で、auのスマートフォンが2台になったため、お得なスマートバリューを適用することとしました。
 そこで、家のインターネットを、これまでの「NTTフレッツ光+Yahooプロバイダ」から「auひかり+au oneプロバイダ」に乗り換えることにしました。

2013111912265813a.jpg

 工事は、撤去業者と設置業者がほぼ同時にやって来て、手際よく進めていきます。
 ただし業者の方も、自分で壁掛け用に設置している例はみたことがないらしく、驚いていました。接続チェックさえしていただけば、設置は自分で行うので作業が終わったら引き上げていただきました。

 フレッツ光のルーターは壁掛けアダプター付きでしたが、auひかりのルーターは、放熱の都合上、縦置きしかできません。ホワイトボードから少し浮かせて放熱空間を確保しつつ、タイバンド(インシュロック)で固定します。

 今日の内に、メインのパソコン1台、プレステ3、スマホ2台のWiFiを設定しましたが、模型机のパソコンは、無線LAN外付け子機メーカーのサイトから、設定プログラムをダウンロードして、後日設定することとしました。

☆ スマホ充電台(クレードル)の製作 ベース板接着

白色アクリル板で、底面を作り、ABS用接着剤でスネークキューブに接着しました。

IMAG0187.jpg

さて、金具に上下のバネ動作をさせつつ、どのように固定するかですね。

☆ 新型アクセラ展示

 予約開始となった新型アクセラですが、ディーラーには現物が展示されていました。試乗用にナンバーも取得済みだそうですが、本部からは、なぜか試乗は待ったがかけられているとのこと。

2013111615562266b.jpg

 アテンザの流れを汲むデザインは、二周り小さいボデイサイズ用にアレンジされ、懸念された中型車としてのバランスの崩れは全くありませんでした。

 セダンには、マツダ初となるエンジンとモーターのハイブリッドタイプが設定されています。これはトヨタからの技術供与なのですが、基幹システムはプリウスのそれと全く同じながら、マツダならではのこだわりがマルチリンク式リヤサスペンションとバッテリーの共存。

 先日乗せていただいた最新のプリウスの後部座席が、あまりにも乗り心地が悪く驚いたのですが、プリウスはバッテリー積載により空間が確保できず、リヤサスペンションはトーションビーム式とのことで、内装は豪華なのに肝心の足まわりは軽自動車並なのですね。いかにもトヨタらしい。

 是非、本家が手抜きした肝心要の「走り」の部分を、決しておろそかにしなかったアテンザハイブリッドこそ、評価され売れて欲しいですね。

カレンダー


10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1099)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(168)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(304)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(405)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5