☆ 試合前の三つ編み

ミニバスケの試合前に、お母さんが我が子の三つ編みをしてあげているところをさりげなく撮影しました。気持ちを込めて丁寧に編み込んでいる様子はほほえましいです。

チルト液晶のライブビューだからこそ、ごく至近距離でも、撮影されていることに気づかれずにスナップショット出来るので、自然な表情を崩さないためには大切なポイントでしょう。

DSC03882_11.jpg

体育館の二階席で暗く、逆光ながら、1/30秒でシャッターが切れてしまうのは大口径単焦点レンズならでは。F値をいくつにするかがとても難しいのですが、経験からすると、この構図なら1.7まで開けてもOKでしょう。

おかげで親子ともピントを確保しつつ、美しい背景ボケも得られました。

露出時間(秒),1/30
F値,1.70
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,400
露出補正量(EV),1.0
測光方式,分割測光
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75

☆ TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO[1:1] (72E)で撮影したワンコ

90㎜単焦点レンズで撮影。体毛は夏に短く刈り込んでいるため、顔の一部を大胆に切り取りました。


DSC03847_900_602.jpg

このレンズ、やや青味が強い上、窓からの外光のため、より青みがかって写りました。そこで、RAWデータからやや赤みが強くなるよう補正しています。

露出時間(秒),1/160
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,250
露出補正量(EV),0
最小F値,2.83
測光方式,分割測光
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",135

☆ 日本人はなぜ日本を愛せないのか

本人はなぜ日本を愛せないのか 鈴木 孝夫 著

naze.jpg

地理的歴史的側面から推測しているのですが、ほとんどは知ってることでした。一般的にはほとんど知られていないことだそうですが・・・。

根拠として食文化もでてくるのですが、言語学者の限界なのか、農耕文化等の部分についてはもう少しつっこんだ解析が欲しかったところです。

豚肉を禁食としている理由については、初耳でしたが納得できるものでした。

仮説としてはなかなか説得力があります。

[アマゾン書評]

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 銃のエッジ出し。

ヤスリがけだけで微少部品の平滑面やエッジをきちんと出すのは至難の技です。

DSC03845.jpg

そこで、プラシートを貼ることにしました。まぁ、これはこれで、シートの境(接合による段差)が分からないように成型していくのはなかなか大変ですが。

こういうところで精度をきちんと確保しておかないと、全体の雰囲気が眠くなるんですよね(シャープではない)。

さて、地味な作業が続きますが、根負けせず頑張りましょう。

☆ 交通安全パレード

下の子が小学校の交通安全パレードで、副指揮者をつとめました。

DSC03839_11.jpg

ビデオカメラ撮影の合間に、スチルカメラ撮影もこなしました。大忙しです。

秋晴れに恵まれましたが、復路は逆光条件化です。ストロボ発光の日中シンクロ撮影がベストですが、外部ストロボを持ってきませんでした。

内蔵フラッシュでは望遠レンズの花形フードに干渉するし、かといって花形フードを外すと、フレアやゴーストの懸念があります。

さらには、絞り込まないと露出オーバーになるため背景ボケも期待できません。(こういうときは、NDフィルタを使って外部ストロボの後幕シンクロがベストなんでしょうかね)

なので、一部白トビ覚悟で、露出補正をかけて撮影しました。

全体にかなりハイキーになりましたが、顔色に合わせるとこれ位プラス補正した方がよいと思います。この写真はjpeg撮って出しですが、RAWデータも取っているので、後で少しいじってみようと思います。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 右手拳

銃を握る右手拳の中指・薬指・小指をエポキシパテ盛りつけ、切削で作りました。

DSC03815.jpg

まだちょっと小指が長いでしょうか。

さらに切削して追い込んでみましょう。

☆ スクール・オブ・ロック

2003年 アメリカ

規律の厳しいまじめな集団が、音楽を通じて人間性を取り戻し、よい意味で解放されていくという題材は、「天使にラブソングを」などの名作がある。

school of rock

本作品も同様であるが、ジム・オルーク演じる主役のデューイは、あまりにも暑苦しいロック馬鹿ぶりと、身勝手な行動に、果たしてどうなるものやらと心配させられる。

ところが、子供たちが輝きだし、困難を乗り越え大団円を迎えることにはすっかり魅了されてしまうカタルシスがある。

映画のエンディングは、通常スタッフロールであるが、主人公と子供たちのその後が描かれており、ほほえましい。

主題歌は必聴の秀作。

[アマゾン映画評]

☆ 陸上競技大会ビデオ編集

約40分のビデオを編集するために、その10倍以上の時間がかかりました。

2012-09-20_blu ray

シーン切り替え時のフェードインフェードアウトやテキストのオーバーレイ、動画からの静止画取り出しとシーン挿入、エンディングテロップ、メニュー画面など、やることが山のようにあり、ビデオ編集は地味な作業の連続です。

でも、撮影、編集、ディスク作成という作業により、自分だけの作品が出来るのは楽しいものです。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 両肩設置

キットの部品を土台にして、足りない部分をプラ板で復元した右肩と、プラ板でフルスクラッチした左肩の両方を胴部に接合してみました。

DSC03813.jpg

当たり前ですが、プラ板でゼロから作った方が綺麗に仕上がります。キット改造よりも、いっそのことフルスクラッチの方が綺麗で早いものです。

ま、だからこそ、あえてキット改造というもっとも困難な道を選ぶんですけどね・・・。

☆ ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー

2008年 アメリカ

卒業を間近に控えた「高校生活」という題材は青春映画の定番でしょう。

high school musical

全編を通して豊潤な色彩と、ややオーバーアクションなミュージカルで、ややもすると「こってり」しそうなところを、ディズニー作品らしく爽やかで安心してみられる映画に仕上がっています。

[アマゾン映画評]

☆ 陸上競技大会の撮影は!

下の子が、市内の陸上競技大会で好成績を残し、郡の陸上競技大会に出場しました。

DSC03811.jpg

市の大会は仕事の都合で休めなかったのですが、今回は、一日撮影することが出来ました。

NEX-VG20Hは、家庭用のビデオカメラでは最大クラスとなるAPS-Cサイズのセンサーを搭載しているため映像はきわめて綺麗だし、なんと言っても背景ボケが素晴らしいのですが、センサーが大きい分、望遠には不利で200㎜のレンズでも35㎜フィルム換算で350㎜相当にしかなりません。なので、観客席の後ろからでは遠すぎることになります。前の方を陣取ることになりますが、応援者の手などが映る危険性があります。

このように撮影場所の見極めは非常に大切で、極端に見下ろすような高い位置からではなく、全体が写せて、ゴールシーンや電光タイム計などが写せる位置となると、ペストポジションは極端に限られてしまいます。

さらには、そのような良いポジションを確保するだけでなく、手ぶれはもちろん、水平の確保のためにも、3脚を出来るだけ強固に固定する事が重要です。

そこで、バスケの試合でいつも工夫している、手すりの向こう側固定作戦です。

わずかな違いですが、手すりの向こう側に固定すれば、応援者の手や構えたカメラの望遠レンズの先などが映り込むことはなくなります。

さて、女子ミニバスケットボールで足を鍛えた仲間達のほとんどが、陸上選手として選ばれているため、全員を撮影しました。あとは編集して、Blu-ray&DVDを人数分焼くことにしましょう。

☆ 流れゆく者

2008年 上橋菜穂子 著

nagare.jpg

バルサ少女時代の短編集。上橋さんは、本編の世界観をより一層深める外伝や短編を、本編の後で書くことがあります、獣の奏者しかりですね。

本編より、一層リアルで生活感が強く、地味ながら、むしろ読後にずっしりした重みを感じるという点で、単なるお遊びやオマケとは一線を画す内容でしょう。

なるほど、バルサと言う人物を形作ったのは、こんな少女時代があればこそだったのですね。

[アマゾン書評]

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ ガングリップと右手

右手は銃のグリップをしっかり握った形で造形していきます。

DSC03792.jpg

握ってしまうと取れなくなるため、銃本体とグリップを分離し、塗装後に、握り手の下から差し込むようにして銃本体と接合させます。

なお、親指は、中指と薬指にかかるように、後ほど急角度に修正します。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 銃口周り

キットの銃は銃身に比べ本体幅が狭いので、バラしてからプラ板で厚みを確保しました。

DSC03784.jpg

また、一体成型されている銃身は、プラ棒で作り直します。なかなかの微細加工となりました。

なお、等倍マクロレンズでF32まで絞り込んだら、ローパスフィルターのゴミがハッキリと映ってしまいました。

ミラーアップしてブロアーで吹いたら、大きなゴミは取り除かれ、通常の絞り値範囲ならば、全くと言っていいほど気にならないレベルになりました。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 左手の薬指はプラ棒削り出しで

一度切り離した指ですが、潰れて一本足りないので、プラ棒から削り出します。

DSC03778.jpg

太さと長さ、角度など、ほかの指とのバランスを考慮し、切削します。

あれ、薬指はまぁ良いとして、小指がちと長いかな?

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 左手の小指

中指に使おうと思っていた指の第三関節が短めなので、小指に使うことにしました。

DSC03776.jpg

画像ですが、えらい久しぶりに、等倍マクロレンズで撮影しました。

等倍マクロだと、表面の状態がばっちり分かるのは良いのですが、被写界深度を深くとろうとすると露出時間が長くなってぶれないようにするのに苦労します。もちろん三脚は必須。

さて次は、薬指です。

☆ RX-8 センタートンネルの滑り止めシート設置

RX-8の前期型(2003-2008年)のオーディオは、エアコンの制御系と一体化されているため、社外品の1~2DINデッキが取り付けられません。2003年に購入した当時は、いずれ専門業者にシステムをくんで頂くつもりでしたのですが、エアコンの制御系と分離させる専用の社外製のマウントが約4万円もするため、2007年に家電品を工夫して結局自分で取り付けました

CA390048.jpg

音源(ソース)は、CDウォークマンで、置き場所はシフトレバーとセンターの小物入れの間です。以前にも、滑り止めのシートは使っていたのですが、粘性が落ちてきて、単に敷くだけでは効果が無くなっていました。

そこで、シートを買い換えると共に、センタートンネル側に固定することにしました。シートの長さは30㎝ですが、あと1㎝長ければ両端を折り返すだけで、センタートンネルの上部カバーに挟み込めたんですが、ギリギリで足りません。

そこで、文書を束ねるときに使う両端が固い軸になっている紐を使って、網状のシートに縫い込み、その両端の固い軸をセンタートンネルの上部カバーに挟み込むことで対処しました。

これで、ハードコーナリングでもCDウォークマンがずれ落ちることはなくなりました。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 左手の人差し指

今回は、久々にSONY α300+ SIGMA 18-200㎜のテレ端(トリミング)で撮影してみました。

DSC03772_20120914151530.jpg

人差し指と中指の付け根が接近しすぎの感もありますが、まあ、良しとしましょう。表面処理をしながら次は薬指をつけます。

☆ スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー

2004年 アメリカ作品

sky_captain.jpg

CG多用とのことで、映像はなかなか綺麗です。ハイビジョンでなければその良さは再現できないので、DVD版の評価で、ぼやけた映像との意見が多いのは、お門違いでしょう。

ウィキペディアでは「SFアドベンチャー娯楽大作」と評されており、内容は可もなく不可もなくと及第点ではあります。でも、深みがなさすぎで、薄っぺらい作品でしょうかね・・・。

[アマゾン映画評]

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 左手の手首と指の反り具合

偽赤翡翠さんからの鋭いご指摘どおり、中指の反り具合は不自然でしたので、第一関節の、人間で言えば爪と指先の部分を切削し、外側に反らせてみました。

DSCF4590.jpg

また、手首の角度も大きく外側に反らせています。

表面を整えながら、次の指に取りかかっていきましょう。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 左手親指・中指

左手は開き手になります。

DSCF4589.jpg

まずは親指と中指を作っていきます。接合には、強度確保のために、軸心に極細の真ちゅう線を使いました。

親指の外側への反り具合で、めいっぱい開いているのがわかると思います。

☆ スター・トレック

2009年 アメリカ J・J・エイブラムス監督

star trek

126分に納めるには少々慌ただしいかなとも思うし、カーク船長にも今ひとつ感情移入できませんでした。旧来からのスタートレックファンにはどう映ったのでしょうね・・・。

もう少し重厚感が欲しい気がします。脚本も役者も悪くありませんが、でも、だったらこれは「スタートレック」である必要があったのかな?と思います。

[アマゾン映画評]

☆ NEX-VG30

もしやそろそろ、NEX-VG20の後継機の情報があるかなと思って検索したところ、やはりありました。NEX-VG30です。

NEX-VG30-r1-2.jpg

ハンディカムとはいえ、マニアックで数多くは売れないであろうに、初代VG10から、約1年ごとに新型器を投入してくるのは驚異的です。

今回の大きな変更点は、いよいよズームレンズのズーミングが電動になったこと。ズーミングの速度加減は、手動の方が、遙かにやりやすいのですが、手動フォーカスと手動ズーミングを同時にすることは困難なため、確かに電動でも出来るのはありがたいかもしれません。

でも、VG20を持っている人からすれば、VG10からVG20に変わったときのようなのインパクトはないですね。

[情報源]

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 全身バランスチェック

頭部~胴部~脚部をつないでみます。

DSCF4588.jpg

今回のポーズは、右足と左足の段差こそがクメン王国らしさを演出するカギとなっていますが、実は、左腕にも重要な役割を持たせています。

というのも、銃を片手で構える場合、もう片方の腕次第で、状況の再現に大きな違いが出てくるからです。

さて、ここまでは、ほぼ思惑どおりに進んでいます。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 股関節

股関節の角度はかなり重要なポイントなのですが、プラ棒を曲げて、固定で再現することにしました。

DSCF4586.jpg

角度や長さが合わなくて、3回位作り直したんですが、それでも可動よりはさすがに早いですね。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 脚部仮連結

脚部を仮組みしてみます。

DSCF4585.jpg

右足と左足の設置面には段差があるという設定です。この段差は何を意味するのでしょうか。答えはずっと後でわかることになります。

ポージングとしては、ふんばり感がでていると思います。

☆ 1/48 マーシィ・ドッグ 足首上部ジョイント

下腿と足をつなぐジョイントを作成します。

CA390045.jpg

まずは、一軸で作ってみて、空間に余裕があれば、2軸のユニバーサルジョイントにしてみましょう。

☆ ザ・エージェント

1996年 アメリカ トム・クルーズ主演

脚本も配役も良いとは思う。特に、ドロシー役を演じた「レネー・キャスリーン・ゼルウィガー」の功績は絶大だ。この映画は彼女のための映画だと思うくらいに。

エージェント

トム・クルーズは、確かに、どんな役でも見事に演じてしまうのだけれど、どうだろう、落ち目の2枚目役なんて、別にこの人でなくても良いんじゃないかと思ってしまう。

というより、感情移入しにくいんですよね。トップ・ガンとかミッション・イン・ポッシブルのスカッとした2枚目役で良いと思うけど。何か、2枚目だけに思われたくなくて芸幅の広さをアピールしているようで何だかなぁ・・・。

[アマゾン映画評]

☆ 天と地の守り人 第3部 

2007年 上橋菜穂子 著

約10年、10巻におよぶ長編が堂々の完結です。

moribito 3

11歳だったチャグムは18歳に、30歳だったバルサは37歳に、

[アマゾン書評]

☆ 天と地の守り人 第2部

2007年 上橋菜穂子著

舞台は、バルサの故郷、カンバル王国。

物語はさらに複雑な様相を呈してきます。

tentochi 2

[アマゾン書評]

カレンダー


08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1104)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5