☆ XM-01 デナンゾン 上腕延長

短めの腕を延長するため、まずは上腕をカットしてプラ板を挟みます。

PAP_4925_9.jpg

ポリキャップの可動に影響が出ないよう、カット位置に気をつけます。

☆ XM-01 デナンゾン 腕をつけてプロポーションチェック

肩のジョイントが硬化したので、腕部を取り付けてプロポーションをチェックします。

PAP_4926_2.jpg

腕を取り付けると肩幅が広く見えるので、上半身は、長い下半身とつり合いが取れるようになりました。実際には、間延びしないよう、人体のポロポーションに近づけるため、キットの肩幅よりもかなり狭くしています。腕の長さは少々短いようなので、上腕、下腕とも、少し延長するようでしょうか。

☆ XM-01 デナンゾン 胸部と肩の接合部品作成

胸部に埋め込んだポリランナーと、肩のポリキャップは径が異なるのでそのままでは接合できません。

PAP_4925_8.jpg

そこでジョイントを作成します。きつすぎず緩すぎず丁度良い径になるよう、プラシートで調整します。

☆ アウトレットモール F1.4 50ミリで撮影

どうぶつ王国を早めに切り上げて、那須アウトレットモールに行きました(27日)。どうぶつ王国から、何頭かの動物がアウトレットモールに出張していました。

DSC01082_1_20110828134032.jpg

そこで、大好きなサモエドのチャコちゃんと写真撮影です。日陰の暗い条件のため、露出はEV0.7プラスに補正しています。ISOとシャッタースピードはカメラ任せですが、ISO200、80分の1秒のシャッタースピードになりました。やはりF1.4のレンズは明るいですね。

露出時間(秒),1/80
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,200
対象物の明るさ(EV),2.37
露出補正量(EV),0.7
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75


DSC01204.jpg

こちらは、水上に浮かぶ透明ボールの中に、人が入って遊ぶことが出来るアトラクションです。夕暮れ時で、辺りはかなり暗くなってきました。うちの子が最後の客になったようです。バランスを取るのが難しく、立ち上がることが出来ないようです。

露出時間(秒),1/160
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
対象物の明るさ(EV),3.37
露出補正量(EV),0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75


DSC01209_20110828080426.jpg

日が落ちて薄暮となったモール街です。肉眼では、空はほとんど真っ暗に近いです。この写真は、18-200ミリの望遠レンズによる撮影です。

露出時間(秒),1/2
F値,3.50
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,400
対象物の明るさ(EV),-88/100
露出補正量(EV),1.0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",27

☆ 那須どうぶつ王国 F1.4 50ミリで撮影

 子供の入院や部活動などで、この夏はどこにも行けなかったので、夏休み最後の週末はどうぶつ王国に行って来ました。旅のお供は、ミノルタの初代F1.4、50ミリ単焦点レンズです(センサーがAPS-Cサイズのため、35㎜フィルムに換算すると75ミリ相当になります)。正しい位置にフォーカスロックが決まったときの背景ボケは、格別の美しさと柔らかさがあります。

 今回は曇天下での多分割測光のため、強い逆光以外は、露出補正はしないでも大丈夫でした。

DSC00990_1.jpg

 大好きな真っ白もふもふ、サモエドのコットンちゃんと写真撮影です。飼育係のお姉さんのしつけで、撮影中はジッとしてくれていました。雑然としがちな背景も、絞り解放のF1.4なら、ふんわりとボケてくれます。

露出時間(秒),1/160
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
対象物の明るさ(EV),5.37
露出補正量(EV),0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用 / 常時オン (後幕シンクロ)
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75


DSC01066_1.jpg

仲良くツーショット。背景の柵のボケが美しいです。 

露出時間(秒),1/1000
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
対象物の明るさ(EV),6.00
露出補正量(EV),0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75


DSC01065.jpg

コットンちゃんのアップです。床面や背景が綺麗にぼけてますね。

露出時間(秒),1/1600
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
対象物の明るさ(EV),6.75
露出補正量(EV),0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75


DSC01057.jpg

良く見ると、フォーカスが目に合っていません。ちょっと惜しいです。

露出時間(秒),1/125
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
対象物の明るさ(EV),3.12
露出補正量(EV),0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75

DSC01075.jpg

こちらは、おみやげ店舗の商品。隣り合う奥側のウサギは、ふわっとぼけます。

露出時間(秒),1/400
F値,1.40
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
対象物の明るさ(EV),4.75
露出補正量(EV),0
測光方式,分割測光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
露出モード,自動
ホワイトバランス,自動
"焦点距離(mm, 35mmフィルム換算)",75

☆ 東京女子流

韓国芸能界にやられっぱなしの日本のエンターテイメント業界にあって、avexが放つ秘密兵器、それが、2010年デビュー時平均年齢12歳の5人組ガールズグループ「東京女子流」(正式には年齢は公開されていない)

aa169_02_0204142332.jpg

avex7年ぶりのガールズグループが示すとおり、このジャンルはいつの間にか、すっかり韓国にお株を取られてしまった感があるわけで、この東京女子流も少女時代をかなり意識しているようです。しかし名前からして、韓流への対抗意識が見て取れますね。

実は韓国に続けとばかり、日本でもこの手のグループが雨後の竹の子のように出てきているわけですが、こと実力というと、この東京女子流くらいでしょうか、韓国に互して行けそうなのは。歌も踊りも、12歳程度とは思えないほど本格派ですので、今後の成長が大変楽しみですが、果たして今の日本に、このようなグループをしっかり育てていける土壌があるのか心配ではあります。小さくまとまらずに、大きく羽ばたいて欲しいですね。

☆ XM-01 デナンゾン 胴部から脚部にかけてのプロポーションチェック

膝の二重間接が接合できるようになったので、早速、全体のバランスをチェックします。

PAP_4925_17.jpg

広角で下からのあおり撮影のため、巨大感が出ます。また、かなり足長な印象がありますが、腕部と肩の装甲がついてくると違ってくると思います。

☆ キター! VG10後継機 NEX-VG20

噂どおり、本日付けで発表されました! 家庭用では世界初のレンズ交換式ビデオカメラ「NEX-VG10」の後継機「NEX-VG20」です。

NEX-VG20.jpg

初号機ゆえの不満をことごとく解消し、さらなる進化を遂げたVG20、初代発表からちょうど1年で、これほどの進化を遂げるとは、誰が想像できたことでしょう。

待ったかいがありました。詳細は、AV Watchの記事で確認してみてください。

☆ XM-01 デナンゾン 下腿のプロポーションチェック

足首の二重間接を接合しました。プロポーションチェックです。

PAP_4925_16.jpg

膝上とのバランスを取るため、スリム化・小型化をしています。足の甲を覆う装甲は、後ハメ出来るようにしてあります。出来るだけ小さい装甲にして、バランスを取るように考えています。従って、スクラッチビルドになるでしょう。

写真からは、スリムで長い足になることが想像できると思います。

☆ XM-01 デナンゾン 足首二重間接化の下側軸を設置

細い足首の狭い開口部でも、二重間接化することで可動範囲を確保できます。

PAP_4925_15.jpg

しかも、上下とも2軸のユニバーサルジョイントですから、ボールジョイントと違って軸芯をスライドできるため、どんな角度でも自然につなげることができます。

PAP_4926_1.jpg

☆ XM-01 デナンゾン 足首二重間接化の上側軸を設置

足首の二重間接部分の上側を設置します。

PAP_4925_14.jpg

設置スペース全部を使って、なんとか納めることができました。

☆ XM-01 デナンゾン 膝の二重間接化及び下側軸の後方移動

デナンゾンは古いキットのため、膝関節が二重間接になっていません。一見すると、膝関節部品と下腿を固定する穴が活用できそうに見えます(写真右側)。

PAP_4925_13.jpg

しかし、可動範囲を広く取るためには、下側の軸をできるだけふくらはぎよりの後方に設置する必要があります。

そこで、一度、パイプ状の分をカットし、後方にずらして設置します(写真左)。

☆ 虚空の旅人

上橋菜穂子 2001年7月初版
守人シリーズ4作目は、14歳となった皇太子「チャグム」の異国での活躍が描かれます。なお、この話には、バルサは出てきません。

kokuno.jpg

国家の一大事においてさえ、一人の名も無き人間の命を粗末にしたくないと言う「甘さ」を自ら認めつつ、そのような為政者でありたいと決意するチャグムの姿勢と、そんなチャグムの良き理解者であり側近であるシュガとの絆は、涙ぐまずにはいられないほど清々しい気持ちにさせてくれます。

「ファンタジーのシリーズ」という概念をことごとくうち破り、回を重ねるごとに新たな境地を切り開いていく上橋ワールドには、本当に驚かされます。

[アマゾン書評]

☆ XM-01 デナンゾン 裾広がりの調整

大きな足(foot)につながるやたらと広がった裾部分を動コンパクトにまとめるか。悩ましいところです。

PAP_4925_2.jpg

大河原さんの原画をよく見ると、体全体のプロポーションは、意外にずんぐりしているんですよね。でも、キットは下肢がやたらと大きく長いわけです。

ポイントを抑えて効果的に矯正していきましょう。

☆ キルティング風の壁紙

キルティング布地風の壁紙ができました。

wp_blue_blue_spred.jpg

制作途中の経過です。

wp_blue_blue_org.jpg

できあがりのパーツはこちらです↓
22×22ピクセルのgifファイルです。

wp_blue_blue.gif

☆ XM-01 デナンゾン 太股表面整形

太股の延長部分をエポキシパテで充填した後、切削して表面を整えました。段差やスジ筋彫りの荒れをラッカーパテで再度充填し、整形します。

PAP_4925_11.jpg

仕上がり精度の確保に留意します。

☆ XM-01 デナンゾン 太股延長(パテ充填)

延長した部分にエポキシパテを充填します。

PAP_4925.jpg

上下が自然につながるよう、切削していきます。

☆ XM-01 デナンゾン 太股延長

あまりにも短すぎる太股を延長します。

PAP_4925_1.jpg

難しいのは、左右パーツの合わせ目に縦の溝が入っている部分のです。薄いプラ板をサンドイッチして溝を再現します。

☆ XM-01 デナンゾン 下腿プロポーションチェック

両下腿及び両足のパーツの接着が済みましたので、二重間接で接続してみました。

PAP_4925_16.jpg

足の甲を覆う装甲は後ハメ出来るようにしてあります。膝上とのバランスを取るため、スリム化・小型化及び、足首の短縮を行っています。

それでも、写真からは、スリムで足の長いイメージに仕上がるのが想像できると思います。

☆ プレステ3でYouTubeの高画質動画を保存

怪物マシン「プレステ3」のブラウザでは、YouTubeを視聴することができますが、残念ながら解像度は240Pで固定です。ところが、ある方法を用いると、それ以上の高画質映像をハードディスクに保存することができます。

DSC00934.jpg

ハードディスクに保存できる動画形式は「mp4」のようですが、アップされている動画の中には、フルHDで、しかも圧縮率の比較的低い超高画質の動画も存在します。

そこで、お気に入りの少女時代の映像を撮りだめしているのですが、intelのCMで作られたロボットダンスの曲の映像がYouTubeとしてはかなり高画質でした。

まさに、少女時代が、アイドルから大人のエンターテナーとして開花する頃であり、ユリがハードトレーニングで超スリムになる直前の頃であると思われます。どのメンバーも本当に愛らしく、ルックス的にちょっと落ちるヒョヨンを除けば、みんな本当に綺麗で「魅せてくれる」グループですね。

ボディコンの衣装では、やはり、長身組のダンスが映えます。こういう衣装では、ユリが一番綺麗ですね。ユナ・ソヒョンも美しいです。(向かって左から頭の位置で、ソヒョン、サニー、ティファニー、ジェシカ、ユナ、ヒョヨン、スヨン、ユリ、テヨン)

DSC00933.jpg

2枚目の映像は、メインボーカルのテヨンです。日本では、かつて、浜崎あゆみが「お人形」のように可愛いと評価されていましたが、テヨンは、それ以上でしょう。テヨンが一番人気なのは、誰もが納得できると思います。しかも、歌はアイドルの域を超えて、本当にうまいですからね~。

写真はホームシアターのスクリーンをデジ一で撮影した物です。液晶TV画面を撮影したら、モアレ(画素どおしの干渉縞)が発生してどうにもダメでした。

日本語訳は、こちらのブログを参照してください。

☆ 少女時代とファンの終わらない話

少女時代のメンバーを見て感じる「ひたむき」さ、本物だけが持つ存在感の本当の理由を知りたくて、ようやく、デビュー以降の苦労話にたどり着きました。まるで韓流ドラマさながらの、涙なしには見られないエピソードの数々ですが、それを乗り越えてきたからこそ現在の彼女たちがあるのでしょう。

You tube又は、ニコ動に掲載された動画の紹介文から引用です。↓

「少女時代のファンの間で必ず見なければならない必須動画として、 少女時代の手始めから現在までどんな困難があったのか、 どんなに大変な時期を乗り越えたのかを説明した動画です。」

snsd_live.jpg

写真は、下の動画から切り出した、「2008年6月7日 Dreamコンサートの沈黙事件」のシーンです。

過酷な韓国芸能界にあって、根拠のない誹謗・中傷や誤解、活動休止やアルバム発売延期など、順風満帆とは言えない過酷な活動初期を、この動画からは知ることができます。



☆ 少女時代 最高にかっこいいダンス その4

Youtubeで見つけた少女時代のダンスシーンです。十数個アップされている動画の中でも、特に、「その4」ではヒョヨン(Hyoyeon)のキレのあるソロのダンスを見ることができます。

hyoyeon.jpg

残念なのは、彼女たちの持ち歌では、ヒョヨンのダンスが十分に活かされているとは言い難いところ。もう少し、彼女だけの出番を作ってあげても良いでしょうね。メンバーの中では一番美人では無いヒョヨンですが、髪型やメイクによっては十分愛らしいし、特にこのようなダンスシーンでは、表情を含め本当にカッコイイです。

ダンスの実力は、メンバー全員、一人残らず恐るべし水準です。どれほどの練習を重ねてきたのでしょう。しかも、曲中では全員が入れ替わりながら、ソロのボーカルをつとめるのですから、誰もが超一流なのです。


☆ K-POP Secret 日本デビュー曲 「Madonna」

出生の苦労から「半地下アイドル」と言う一風変わったネーミングが与えられたK-POPグループ「Secret」ですが、8月3日に正式に日本デビューとなったそうです。

secret.jpg

本来なら歌やダンスだけでなく、バラエティやトーク番組において各メンバーの個性が発揮されるのでしょうが、日本での最初のプロモーションがムチムチセクシー系と、どちらかというと「キワモノ」系扱いなので、確かな成功をつかむのは、難しいかもしれません。

しかし、後輩達に追い抜かれるという悔しい想いをしつつ、ようやくつかんだ栄光と、あこがれの日本デビューにあたって、インタビュー中に涙が流れてしまうほど、つらい思いをしてきた彼女たちの真剣さ、本気度は十分に伝わってきます。

日本でのデビュー曲となり「Madonna」は、圧倒的な迫力で、癖になるかも!

>

☆ アルスラーン戦記 4 「汗血公路」

王都エクバターナ奪還を目指し、いよいよアルスラーン王子たちが出陣します。

DSC00942.jpg

タイトルどおり、公路は大量の血と汗で埋め尽くされます。

新たなキャラクターも加わり、アルスラーン王子の周辺はますます多彩な人材に彩られていきます。

[アマゾン書評]

☆ アルスラーン戦記 3 「落日悲歌」

中世戦国の世においては、2国間の対立のみならず、隣国どおしの様々な思惑により、物事が動いていきます。

DSC00938.jpg

なんとかたどり着いたペシャワール城塞を拠点に、国を立て直すための反撃に出ようとするアルスラーン王子に、早くも第3国の魔の手が伸びようとしています。

頼もしい部下たちの戦略に支えられ、アルスラーン王子はまたしても窮地を脱することが出来るのか?

それにしても、アルスラーン王子の人としての魅力があればこそ、優秀な人材が自然と集まってくるあたりが、読んでいても気持ちが良いです。

[アマゾン書評]

☆ マイコプラズマ肺炎

下の子が咳がひどく、しかも高熱が続いているので何度も医者通いをしたのですが、ようやく原因がマイコプラズマと特定され、急遽入院となりました。

DSC00944.jpg

症状は個人差が大きいらしいのですが、肺炎を発症してますので、入院は1~2週間かかるとのこと。

牛肉から暫定規制値を超えた放射性セシウムが検出された件で、毎日、大変忙しく、十分に面倒を見てあげることができません。

かみさんの職場の理解と協力が得られたので、24時間付添い体制で、時には私も泊まり込みをして対応することになりました。

カレンダー


07月 | 2011年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1103)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5