☆ XM-01 デナンゾン 太股付け根間接の仕込み

2軸ユニバーサルジョイントを太股付け根に仕込みます。

PAP_0200_1.jpg

クリアランスがギリギリのため、強度を確保しながらコンパクトに納めなければなりません。それにしても、太股が短すぎるので、かなり延長しなければならないでしょう。

☆ BMW 320iクーペ 新色

318Tiの5回目の車検が完了したので、車を引き取りにBMWのディーラーに行きました。320iクーペの新色が展示したとのことで写真を一枚。

CA390194_1.jpg

E90になって、特にアルピンホワイトの人気が高まったため、そろそろ白いボディも見飽きてきた感があります。そこで、わずかにグレーがかったメタリックのホワイト系が投入されたのでしょう。プリウスも白がバカ売れしたので、少し違う系統の白色やグレー系が売れてきましたが、それと似てるのかもしれません。

価格は、19インチアルミアロイホイールなどのオプションパーツ60万円を加えて500万円を超えています。エンジンは2リッターの直4なので、さすがに割高でしょうか…。

CA390196_1.jpg

丁度空いている時間帯だったこともあって、ショールーム内には、他に誰もお客さんはいません。普段なら家族そろって訪れるのですが、下の子が夏風邪を引いたので、私だけが出かけたため、今日はショールームを独占状態です。

ここのところ忙しかったので、少しの間、くつろがせていただきました。写真ではちょっと雑然と見えるかも知れませんが、BMWのショールームはいつ来ても清潔感があって無駄がありません。華美な所が全く無い代わりに質実剛健と言うほど殺風景ではなく、頻繁に展示車を入れ替えたりレイアウトを工夫するので、飽きることがありません。

幼児の遊び場はないので、子供連れだと長居はできませんが、菓子類などのちょっとしたサービスがあったりします。接客も押しつけがましいところが無く、営業マンも話好きなお客さんには聞き役となり、そっとしておいて欲しい場合には、さりげなく席を立つ配慮があります。

頻繁にくる場所ではありませんが、たまに訪れて、気分を変えるには丁度いい空間です。

☆ 龍の忍者

1982年 香港 主演 真田広之

S係長想い出の一品と言うことで、心して拝見しました。さすがは日本が誇るイケメンアクションスター、JAC(ジャパンアクションクラブ)出身の「真田広之」、切れのあるアクションが光ります。

ninja in the dragons den

ジャッキーチェン作品以降、お約束となったカンフー映画のコメディー路線ですが、本作もシリアスな背景とコミカルな演出が綯い交ぜになった、ある意味「トンデモ」映画となっております。

もう少し真面目路線で作っても良かったんじゃないかと思うくらいストーリー的には悪くないんですが、つっこみどころ満載のB級路線が何ともいい味を出しています。

主人公は、親の敵を打つために中国にわたる青年忍者ですが、恋人を連れてという時点で、実は伏線が張ってあったのですね。彼女はある意味最終兵器だったわけです。そりゃー、ラストで思いっきり脱力しますわなぁ。

DVDとしてはきわめて珍しい、レーザーディスク時代のような4:3映像の上下に黒帯を入れたレターボックス収録です。「携帯電話」という言葉が出てきていることからわかるように、字幕は、DVD化にあたって再度作られたと思われます。

なお、日本公開版よりもかなり短い香港公開版だそうですが、カットされたシーンには、よりトンデモ系のシーンがあったそうですから、ちょっと残念ですね。また、中国語を話す真田広之のシーンは吹き替えされているそうですが、オリジナルは本人肉声の中国語だったとか。

[アマゾン映画評]

☆ BMW 318 Ti  ツイーターバッフル補修

ONKYO D-200Ⅱのツイーターを移植した318Tiですが、ツイーターを取り囲むバッフル面の化粧リングが剥がれてしまいました。

CA390198_1.jpg

そこで接着面をふき取り、綺麗にしてから瞬間接着剤でしっかり固定しました。見た目は、分厚い真鍮削りだしの音響リングのような風情がありますが、実際は、表面こそヘアライン加工されているものの、ぺらぺらに薄い金属板でした。ま、これで音が変わる訳じゃないんですが雰囲気ということで…。

でも、振動板に比べて異様に大きな周囲部の裏側には、カーオーディオのツィーターでは考えられないほどの巨大な磁石が隠されています。

スピーカーユニットの理想は、可能な限り軽量・高剛性の振動体を、可能な限り強力な磁力ユニットで駆動することにありますから、このデカいツィーターユニットは伊達ではないんですねー。

ホーム用のユニットをカー用に転用する荒技には、そんな理由があるんですよ。

☆ 稲わら調査

福島第一原子力発電所事故の影響も、そろそろ収束していくかと思っていた矢先、今度は、牛肉から高濃度の放射性セシウムが検出されてしまいました。

その原因は明らかで、水田に刈り倒されたままになっていた稲わらを原発事故直後に収集したからですが、マスコミ記事は、まるで犯人探しのようなバッシング批判が多く、いやな気分になります。

CA390179_1.jpg

農林水産省は、東北地方では春先に稲わらが収穫されることを知らなかったと後悔していますが、もちろん、家畜の飼料や飲料水が放射性降下物にさらされないよう、注意喚起は事故後きわめて早い段階で出されてはいました。

しかし、そもそも論で言えば、シミュレーションによる放射性降下物の分布予測図が公表されたのは、ずっと後になってからなのです。その状況下にあっては、農水省から現場の畜産農家に至るまで、果たして正確な判断ができたかどうか、どうして責めることができましょうか。

今は過去を悔やむよりも、とにかく全戸の実態調査が最優先です。

☆ アルスラーン戦記 2 「王子二人」

田中芳樹作 1987年

若き王子が、最強の家臣達に守られ、いよいよ復興への旅が始まります。

DSC00909.jpg

それぞれのキャラクターの個性が際だち、物語の展開は痛快です。優しいだけでなく、大器の素養を伺わせる王子アルスラーンの成長が期待されます。なお、タイトルが示すように、正当な後継であるはずの王子がもう一人いるのです。しかし、その育ち方も性格もまるで異なっており、復讐に燃えるもう一人の皇子がアルスラーンの前に立ちはだかります。

なるほど、銀河英雄伝説以上に、ファンがいるのも納得です。

[アマゾン書評]

☆ MusicJapan presents 少女時代 スペシャル アンコール特別版 

6月8日に放送されたMusic Japan presents 少女時代 スペシャルが、7月16日の深夜に、15分延長されて再放送されました。延長分は、なんとまるまる日本ツアーの様子が映し出されているではありませんか。

DSC00919_20110731132418.jpg

いつも陽気なサニーが、ある公演でオープニング後すぐに体調を崩してしまうというアクシデントがありました。医者に診てもらって、何とか公演終了間際のアンコールで再登場。これにはメンバー達も本当に心配そうにしていました。

超ハードスケジュールをこなし疲れもたまっているのでしょう。女性ですから体調の悪いときもあるでしょうし。でも、いつもサービス精神旺盛なサニーのこと、こんなつらいときでも、ステージ終了までに復帰するのですから、そのプロ意識たるや凄まじいものです。

サニーは身長が低いことと、本名(イ・スンギュ:李順圭)が好きではないことの2点がコンプレックスだそうで、その反動もあるのか、いつも快活だしファンサービスに気をつけています。愛嬌を振りまく姿は、男性ファンからはたまりません。しかも、決してこびるようなところが無いのです。

DSC00921.jpg

アンコール曲の最中に、末っ子ソヒョンが寄り添ってしっかり抱き合っていました。サニーは9人中3番目のお姉さんですが、こんなときは、ソヒョンの方がお姉さんに見えます。本当に仲良しですね。

DSC00917.jpg

15分の延長シーンからは、新曲Bad girlなどを見ることができます。いつ見ても少女時代の切れのあるダンスは惚れ惚れします。曲のイメージからすると、やはり一番似合うのはジェシカ姉さんでしょうか(写真中央)。ティファニーもカッコイイです。ダンシングクィーンのヒョヨンの見せ場もありますよ(写真向かって左)。

上の3つの写真は、ホームシアターのスクリーンをデジ一で撮影した物です。

では、You tubeからも貼り付けておきましょう。全くの偶然ですが、You tubeのサムネイルもジェシカ姉さんがセンターのシーンからです。

☆ アイアンマン Blu-ray

盤面キズ有りのB品中古品が激安だったので購入してみました。キズ有りと言っても特典ディスクの方のキズですが、もちろん再生には全く問題ありません。

DSC00908.jpg

平和を願う大会社の御曹司が、皮肉なことに自ら開発した最強のパワードスーツを装着し、アイアンマンとなって活躍するというヒーロー物です。

パワードスーツの描かれ方としては、非常に良くできており痛快なアクションが楽しめます。

DVD版で観たときには、凄まじい重低音の印象があったのですが、ハイライトシーンのみ観た感じではよく分かりませんでした。後で確認しようと思います。

制作の舞台裏を収録した特典ディスクとのお得な2枚組ですので、時間ができたらじっくり観てみましょう。

[アマゾン映画評:Blu-ray 2枚組版]

☆ 水稲の追肥(穂肥え)

ただでさえ倒伏しやすいコシヒカリを、ネギの後作につくるのはなかなか難しいものです。野菜のあとは、肥料分がたくさん残っている場合が多いからです。そこで、前作ネギの様子によっては、次の稲作を無肥料でスタートして、追肥でコントロールする場合もあります。

PAP_0177_1.jpg

今年は6月が高音多照小雨であったため、地力窒素の発現が早まり使い切ってしまっため、稲の葉色が早くから淡くなってしまいました。地域全体がそのような傾向なのでそれ程目立ちませんが、やや栄養不足であることには変わりません。

PAP_0176_1.jpg

生育も平年より数日は進んでいると思われ、栄養不足の傾向もあって、教科書通りの時期よりも少々早めに追肥すべきか迷ったのですが、休日作業の都合もあって、結局は、例年の追肥時期よりわずかに早い程度となりました。

肥料を満載した動力散布機は、30㎏ほどあるでしょうか。これでぬかるむ田んぼを歩くのはなかなか大変です。

DSC00616.jpg

幼穂を確認してみましたが、既に2㎝程度に育っていました。まぁ、適期を逃さなかったので良しとしましょう。

☆ スカイアクティブ 新型デミオ試乗

10・15モード燃費で、驚異の30㎞/Lを達成した新型デミオに乗ってきましたよ。

CA390175_11.jpg

マツダが社運をかけ、内燃機関の極限に挑んだ「スカイアクティブ」プロジェクトの中心は、なんと言っても圧縮比14:1という、とんでもない高圧縮比のエンジンにあります。これはもうディーゼルエンジン並みですから、今までの常識からすれば、あり得ないガソリンエンジンです。

ガソリンでこれほどの圧縮をかけると、異常燃焼(ノッキング)を起こすはずですが、燃焼室の形状変更やシリンダー内への燃料直接噴射などにより、見事に解決してしまったのです。しかも、世界最高レベルのアイドリングストップ機構を搭載しているのですから、耐久性は本当に大丈夫か?と心配になってしまうほどですね。

もちろん、そこは、様々なテストをクリアしているのでしょうけど。それにしても、マツダというメーカーは、これまでにも大メーカーに先んじて、様々な世界初の開発を成し遂げてきましたから、不思議なメーカーです。

CA390174_1.jpg

スカイアクティブプロジェクトを支える技術はエンジンに留まりませんが、残念ながら新型デミオでは、エンジンのみ先行して採用という形になりました。

というのも、ボディはマイナーチェンジであり、大幅な変更ができないためです。低回転時のトルク増大をはかるための、長い4-2-1集合マフラーが搭載できないのです。

このほかにも、トルコンATを可能な限り全域ロックアップ化することによる、ミッションのダイレクト感やレスポンスと燃費の向上、超軽量ボディが「スカイアクティブ」を支える4大技術となります。

それらが揃うのは、次期アクセラからと言われています。

メーターは試乗してきたあとの数値ですが、町中を短時間試乗する繰り返しの数値としては、カタログスペックとの乖離は致し方ないところでしょう。

郊外の通勤ならば、もしかすると、ハイブリッド車並にリッター20㎞くらい走るかも知れません。

☆ XM-01 デナンゾン 股関節製作開始

太股付け根側のユニバーサルジョイントを作ります。

DSC00617.jpg

まずは、ポリキャップとプラ板の箱組で、1軸目を設けます。この後、これを包むように2軸目の軸芯を作っていきます。

☆ 少女時代(SNSD:So Nyuh Shi Dae) 2007-2008

少女時代の初期、すなわち、現在の世界的なエンターテナーになる以前の、スーパーアイドルグループだった頃(2007-2008)の映像がありましたでの貼り付けます。プロ並みの超絶編集で見応えがあります。



GEE以降の大ブレークは、美脚・生足・ハイヒールが大きな要素ですが、そういった表面上の華やかさの裏側でどれほどの努力があったのか考えさせられます。(GEE以前もハイヒールは履いていたようですね)

と言うのも、ハイヒールであれだけの激しい動きをしかも優雅にできるのは、男性から見てもものすごいことだと分かるからです。

職場に、テヨンと同年代(1989年生まれ)のアルバイトさんがいて、ハイヒールを履いているので聞いてみたのですが、歩くだけでも大変なピンヒールで、しかも優雅に踊っているのはとてもすごいことだそうです。

楽曲に恵まれたことも確かですが、それを最高のエンターテイメントとして表現する彼女たちの実力は、はかり知れません。

しかも、あれほど激しい動きでも、口パクではなく生歌らしいのです。(貼り付けた映像は、編集上かぶせているでしょうが)

なお、初期と比べてみると、ルックス的に大きな変化、つまり、美しく大人らしくなったのはソヒョンとユリですね。

☆ XM-01 デナンゾン 胴部1軸関節設置

キットの状態でも、同じ位置に胴部間接は存在します。ただし、同じ1軸でも左右スイング方向なんですよね。

DSC00614.jpg

前後に曲げられなければ意味がありません。そこで、ポリキャップとプラ板で、1軸の前後方向間接を設けます。

DSC00615.jpg

このように、胸部側に設置します。これでやっと、はぎ取った胸部をふさぐことができます。

☆ 少女時代(SNSD:So Nyuh Shi Dae) Yuna

K-POPスターの見た目は皆同じと言われますが、興味を持つようになると、いやいやどうして個性的なのが分かるようになります。特に少女時代は、皆、ものすごい努力の上に現在の姿があるだけに、内面の魅力がにじみ出ています。

YoonA.jpg

ところで、私も少女時代については、髪型や衣装・メイクを変えても、メンバーをすぐに見分けられるようになったのですが、Run Devil Run のこの映像だけは、誰だかずっと分かりませんでした。

このクールな表情は、雰囲気からするとジェシカが一番近いのだけれど、ジェシカは「氷姫」のあだ名に反して、その目が大きな半月形で意外にかわいらしいんですよね、声も。

で、ティファニーにも似てるけど、ほほ骨からアゴにかけてのラインが違うし…(ティファニーの頬のラインは、ピーマンの縦断面の形です)

そしたらなんと、この超美形は少女時代一番の美人、ユナ(Yoona)なんですね。彼女は、いつも柔らかい優しい感じのイメージがあるのですが、Run Devil Run では、ドキッとするほどクールな美形に魅せられます。

ファンは、ユナを宇宙一の美人とか「神」だとか絶賛するのだけれど、正直、そこまでの美人かなぁと思っていたのですが、このパッツリ揃えた前髪の写真は、ほんと神懸かりと思えるほど妖しく美しいです。

まさに少女時代のセンター(顔)ですね。女優としてドラマ出演も果たし成功しているそうですが、バラエティ番組では、大口開けて笑ったり、変なものまねが妙に面白かったりと、美形と行動のギャップがたまりません。胸は小さいけど、スレンダー美人なんで、そこもご愛敬でしょう。

[Yoonaのプロフィール]

☆  TDK BD-R DL 50GB (BRV50HCPWB10A)

在庫がつきてきたので、約一年ぶりに、二層式の記録用ブルーレイディスク(BD-R DL)を購入しました。

CA390173.jpg

オークションで新品を購入したのですが、メール便の場合は送料無料で、中身のみケースから外して両面式のホルダーに収納しての郵送でした。新生銀行からの振込みですので、振込料金は無料です。

二層式の場合、もうこれ以上値落ちはしないと思われますが、一枚あたり328円、ギガバイトあたり6.56円ですから、デジタル放送録画非対応の単層DVD並の安さです。デジタル放送録画対応(CPRM対応)の二層式DVDに比べれば、ギガバイト単価は約半分と言ったところ。

もちろん、DVDの場合は、デジタル放送そのままの情報(DRモード)は記録できませんので、メーカー毎に異なる圧縮データでしかハイビジョンを録画することができません。従って、たとえCPRM対応であっても再生装置のメーカーが異なれば、再生できないことになります。まあ、ブルーレイの場合でも、DRモード以外の圧縮データの場合は、メーカー間の互換性は無いのですが。

BSの24Mbps(1920×1080ドット)ならともかく、地デジの場合は17Mbps(情報としては1440×1080ドット、ただし、画面での再現は1980×1080ドット)と、放送データそのものがかなり圧縮されていますから、保存版は、せめて放送データそのままのDRモードで保存してきたいものです。

なお、記録用DVDと違って、記録用ブルーレイの場合には、デジタル放送録画の対応・非対応という区別は、そもそもありません。

映像のデジタルディスク化を普及させ、定着させたDVDの功績は確かに大きいのですが、アナログ放送が終了し、デジタルハイビジョンが標準となった現在、インフラとしてはブルーレイに移行して欲しいものです。標準画質(SD)とハイビジョンでは、比べようもないほど画質が違いますから。

☆ XM-01 デナンゾン 股関節設置

ポリランナーの十字部分を利用して、股間に1軸の間接を設けます。

DSC00612.jpg

この軸がないと、片側の足を斜めに出した場合の、左右の高低差を吸収できないのです。

そして、フンドシ中央を最薄化することで、コンパクトな腰部(お尻周り)とすることができます。

☆ XM-01 デナンゾン 首関節設置

2軸ユニバーサルジョイントにした首関節基部パーツを、胴体に取り付けます。

DSC00611.jpg

基部周辺をホームペース型に一段掘り下げてあるので、頭部の可動範囲を広げることができると思います。

☆ XM-01 デナンゾン 鎖骨間接埋め込み

ポリランナーのT字部分とプラ板で作った、2軸のユニバーサルジョイントを、胴体内部の鎖骨の位置に設置しました。

DSC00608.jpg

隙間部分をエポキシパテで充填し、硬化後に整形します。

☆ XM-01 デナンゾン 首関節2軸化完了

首関節の左右軸を設けました。これで前後左右の動きができるようになりました。中心軸は、ポリランナーを3㎜くらいに切ったものです。先端が丸くなっている方を、中心側に向けています。

DSC00602.jpg

写真は久々に、マクロレンズを使って撮影したものです。ここのところ、携帯電話のカメラでピンぼけ写真が多かったですからね。やはり楽をしようとするといけません。

塗装は後から吹きつけます。

☆ GIRLS' GENERATION JAPAN FIRST ALBUM 【少女時代】

少女時代の日本では初めてとなるアルバムです。
発売から一ヶ月以上経ちましたが、ようやくアマゾンで新品を購入しました。DVD付きの期間限定版です。

DSC00599.jpg

ダンス系ミュージックが中心のため、従来からのソシペン(ソニョシデ(少女時代)のファンのこと)にしてみれば、物足りなさはあるかも…。でも、全曲日本語で聞けるのは歌詞が理解できるだけに良いですね。(ただし、日本語歌詞は韓国語歌詞の素直さに比べて、あまりにも意味が無くて良くありません)

DVDの画質はあまり良くありません。というか、Youtubeで高画質なPVが見られるご時世にあって、なんでブルーレイ&DVDにしなかったのでしょうね。期間限定版に収録されているのは、 MR.TAXI、GENIE、Geeの3曲ですが、GENIE、Geeは以前に発売されているものと同じだそうです。

よ~し、通勤で聴くぞー!

[アマゾン音楽評]

☆ XM-01 デナンゾン 首関節削り込み

T字ポリランナーで作った1軸ジョイントを、円筒形に削り込み、首付根の台座に組み込んでい行きます。

PAP_4926.jpg

つまり、この円筒形の両側に軸を設けることで、左右方向への稼働を可能とし、2軸のユニバーサルジョイントとして成立させるわけです。

下の写真が仮組みした状態です。

PAP_4930.jpg

☆ どうぶつ王国

家族4人+子供のバスケ部の友達を一人連れ、5人で那須どうぶつ王国に行ってきました。

DSC00463_800_600.jpg

友達の方は初めてだというので、イベントを重点的に見るようにしました。久々にバードパフォーマンスショーを見たのですが、観客の頭上すれすれに飛ぶ猛禽類の雄志は、いつ見ても見応えがあり、親近感がわきます。

普通、この角度で写真を撮ることは不可能ですからね。しかも、300㎜(35㎜換算)くらいの望遠で、この大きさはなかなか撮れません。

DSC00507_800_600.jpg

こちらはミミズクですね。観客の目の前を羽音を出さずに滑空だけで低空飛行をしていきます。

DSC00511_111.jpg

こちらは、子供達の上を通過したところ。

DSC00558_800_600.jpg

で、こちらも飛んでおります。ドックランを駆け回る我が家のポメなんですが、誰がどう見てもポメラニアンには見てくれません。どう見ても豆柴かなんかですねー。

☆ 少女時代(SNSD:So Nyuh Shi Dae) Star Star Star

ダンスグループのイメージが強い少女時代ですが、バラード系にも大変良い曲があります。Star Star Starは、恋心の切なさをとても良く表現した名曲。日本語訳付きの動画を見つけましたので貼り付けます。



ユニークなのは、一番美人のユナの出番が、冒頭の台詞のみというところ。少女時代の歌は、基本的には全員の出番があるのですが、よほどユナの切ない独り言を印象づけたかったのでしょう。

また、元気印のサニー(ソニとも呼ばれる)が、しっとりとした美声で歌い上げています。メンバーによって歌の得手・不得手が異なるのですが、それはあくまでもメンバー同士の比較であって、全体のレベルが高いからこそ、曲中で全員が順番にセンターを受け持つことができるのです。

とは言え、やはり、テヨンがいなかったら、少女時代の歌は成り立ちませんね。単なるアイドルグループを越えた存在であるのは、テヨンの功績も大きいです。

また、「氷姫」の異名を持つもう一人のメインボーカル、ジェシカは、クールな印象とは異なってちょっと甘い声をしていて特徴があります。

なお、ソヒョンは、この曲ではちょっと声量を落としすぎている感じもしますが、何をやらせても上手な人です。残念ながら、歌声にはあまり特徴がないかも。

踊らずにしっとりと歌い上げるバラードも、少女時代のもう一つの顔と言えるでしょう。

☆ CANON iVIS HF G10

我が家の現役ビデオカメラは2006年3月に購入したフルHDビデオカメラ「HDR-HC3」ですが、購入後6年が経ち、そろそろ次の機種にバトンタッチしたいところです。フルHDとは言え、短命に終わったDVテープ規格の「1440×1080i」ですから、現在主流のAVCHD「1920×1080」に比べれば劣りますので。

各メーカーとも、より一層の小型化に力を入れていますが、ビデオカメラで重要な要素は小型化ではありません。動画は静止画を撮るよりも格段に難しくなりますから、いわゆる「パパママビデオ」を目指した製品には、あまり魅力的なものは無さそうです。

K0000219032.jpg

そんな折り、家庭用としては、カメラ好きをうならせる製品がCANONから出ています。CANON iVIS HF G10ですが、ここのところ値落ちもしており、コストパフォーマンスは抜群。バッテリーの互換性を考えると、これがソニー製品だったら買いなんだけどなぁ。

さらには、NEX-VG10の存在がなければ迷うこともないですが…。

[価格.com]

カレンダー


06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1139)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5