☆ 送別の昼食会

年度末最終日となる今日は、職場至近のホテルのレストランで食事会をしました。

DSC00002_1.jpg

昨日までは大忙しでしたが、引継も終わり、何とか部内の全員が昼休みには揃うことができました。転出する二人を主賓に、ランチメニューでお別れ会です。

それにしても、年度の切り替わりとは切ないものです。

別れと出会い、古きものへの郷愁と来るべきものへの憧れ、まだ残る風の冷たさと確実に強くなった日差しのまぶしさ、そうした相反するものが綯い交ぜ(ないまぜ)になって、胸がいっぱいになります。

春は残酷で優しく、春は哀しくて嬉しい。だから私は、春が苦手で大嫌いなのに、胸の高まりを押さえられない自分がいることに気づくのです。

勤務時間を過ぎると、転出される方が挨拶を交わしながら一人また一人と職場を去っていきました。明日からは、また新しい一年が始まるのですね・・・。

☆ 松居慶子 Best Selection

寺井尚子さん、木住野佳子さん、松居慶子さんのアルバムを探して中古ショップに立ち寄ったら、前の二人は一枚ずつしか在庫がなかったのですが、松居慶子さんの作品は数枚おいてありました。

DSC00038.jpg

IN A MIRROR 2000年発売 しか聴いたことがなかったので、それ以前の発売ですが、ベストセレクションを購入してみました。

ベスト版といっても、2年間3枚のアルバムから15曲を選曲しているとのことで、曲調はわりとどれも似た感じがします。

それにしても、透明度の高い湖をのぞき込むかのように、深く、透きとおった中にも鋭さと力強さが感じられて、単なる癒しだけではない凄みを感じます。アメリカで大成功を納めて以降、日本でもたくさんのファンがいるのも納得です。

[アマゾン音楽評]

☆ BMW 120i カブリオレ

BMWのディーラーに1シリーズのカブリオレが展示されていました。(撮影は4月3日)

PAP_0097_1.jpg

2ボックススタイルでは、いまいちぱっとしなかったフロントマスクですが、カブリオレならばなかなか可愛らしくて印象がまるで異なります。

PAP_0095_1.jpg

後席は、背もたれが直立していること以外は、大人でもまぁなんとか座っていられるレベルの空間は確保されています。

問題は価格ですね。120に対して480万円は出せないでしょう。3シリーズの中位モデルが買える価格ですから。

PAP_0094_1.jpg

子供達は、ディーラー特製のハイチュウを頂きました。

☆ 吸気管の亀裂による振動

かみさんの318Tiですが、最近の数週間は、エンジン始動時にディーゼルエンジン以上のドッドッドという振動が発生していました。そこで、ディーラーに持ち込んでみてもらったところ、吸気管の一部に亀裂が生じていました。(診断・見積もりは4月3日)

PAP_0087_1.jpg

エアフローセンサーより奥にあるため、読みとり値と実際の吸入量が違ってしまうことから、燃料調節が狂ってしまったためのようです。エンジンが暖まってくると影響は全くなくなるので、始動時のオートチョークによる混合気を濃くする際に特に影響があったようです。

点火系ならば、始動時だけおかしいと言うことはあまり無いと思いますので、原因が見当もつきませんでしたが、なるほど納得です。

PAP_0086_1.jpg

なお、修理費は、11,000円でした。

☆ SPT-ZK-53U ザカール 右手のクリアイエロー塗装

40日位ぶりに模型の記事です。

PAP_0081_.jpg

仕事が忙しかったり、震災があったりして、すっかり模型どころではなくなっていたのですが、やはり、自分にはこれしかないんだろうと思います。

あとわずかで完成する「ザ・カール」の作業のうち、最後の金色塗装工程です。

☆ ライアーゲーム

地上放送で途中から観たのですが、とても面白いですね。単純なルールのゲームなのに、駆け引きや意外な仕掛けによって、毎回予想もしない結果が出てきます。

liar_game.jpg

原作は漫画、テレビ化に当たってはシリーズものだったそうですが、この映画版だけを観ても十分楽しめます。

[アマゾン映画評]

☆ SONY TAE-S1 コントロールアンプ修理

2,3ヶ月前からRCA端子の接触が悪かったのですが、いよいよ、右側から音が出なくなりました。

PAP_0083_.jpg

中を開けて、どこが原因か、じっくり見てみます。

PAP_0084_1.jpg

断線している場所を見つけました。基板にハンダ付けしている部分に亀裂が入り完全に剥離しています。はんだごてを当てて、付け直しました。

音出しチェックしたところ、完全に直りました!

☆ 軽トラックの走り

往復約90㎞の通勤で、3日間、軽トラックを乗りました。

PAP_0080.jpg

どこにでもある軽トラックですが、乗ったことのない人は大勢いるわけで、まして長距離となると意外にいないかも知れません。

運転姿勢の窮屈さは心配でしたが、苦労したのは初日だけで、次の日からは体が慣れていました。むしろ意外だったのは、運転が楽しいことと楽なことが両立していること。通勤時間が短く感じられたほどです。眠くならなかったのも助かりました。

もちろん、普段と違う「新鮮さ」がそう感じさせていたという部分はあると思います。でもやはり、軽量であること、後輪駆動であること、足回りがしっかりしていること、ギヤ比が低くエンジンが良く回ること、等が効いているのだと思います。

着座位置の高さとオーバーハングの無さがもたらす視界の良さというメリットは言うまでもありません。万一の衝突を考えるとコワイですが。

買い物にちょい乗りするとかったるいのに、不思議なものですね・・・。


☆ またまた、プラグかぶり・・・。

再始動できずにドッグ入りになったのは、これで2回目でしょうか・・・。

PAP_0079.jpg

「1日の中で1度だけ、洗車のために10mくらいしか動かさずに車庫に戻す」と言うような場合の翌朝、プラグかぶりが発生しやすくなります。

動弁機構を持たない2サイクルレシプロエンジン同様、ロータリーエンジンは、プラグが湿って発火しない「かぶり」が発生しやすい特徴があります。

実は、取扱説明書には書かれていないのですが、アクセルをめいっぱい踏み込んでセルモーターを回すと、燃料がカットされプラグを焼くことができます。

これで再始動できる場合もあるのですが、今回は何をやってもダメでした。

この日はディーラーが休みだったので、翌日ドック入りとなり、結局3日間、軽トラックで通勤しました。

車載マニュアルによると、純正イリジウムプラグの交換時期は6万㎞。2サイクルエンジン同様、4サイクルエンジンの2倍のタイミングで爆発しますから、寿命が半分なんですよね。前回の交換が約5.5万㎞でしたから、11万キロ以上を走った現在、プラグも交換時期となっています。

ディーラーに入荷次第、交換となります。

☆ 兎の眼 / 灰谷健次郎

友人から教えていただいた、数々の小説や音楽のなかでも、灰谷健次郎作品ほど、多くの人に影響を与えた作品はそうはないでしょう。

usaginome.jpg

灰谷作品によって、どれほど多くの人が教師を目指し、また、反対にその道をあきらめたことか。

17年の教師生活から作家に転向した灰谷さんに対し、最前線からの逃避という批判は、もしかしたらあるのかもしれません。しかし、優れた教師に勝るとも劣らず、一つの作品は多くの人間の人生を変えてしまう力があることも事実でしょう。

弱き者や虐げられている者に対する限りない愛情と、偏見や権力をかざす者に対する反骨、それらをあくまでも子供の目線で追い続けた灰谷さんの作品は、どれもが児童文学書の金字塔として語り継がれることでしょう。

例えそれが、理想郷的側面を有しているにせよ、メッセージとしてはそれで良いのだと思います。

[アマゾン書評]

☆ 夏タイヤに交換

暑さ寒さも彼岸まで・・・と言うことで、夏タイヤに交換しました。

PAP_0078.jpg

今年は、近年まれに見る寒い冬で、まだまだ寒い日が続くそうですが、例え、雪が降ったとしても、もうスタッドレスタイヤは必要ないと思います。

昨年5月に購入してから12月末まで履きましたが、写真右側の後輪は、結構減っています。この減り方だと、3シーズン(3年)は持たないかも知れませんので、タイヤ代は一日100円くらいかかることになりそうです。

さて、話は変わりますが、先日、小説を酷評した件です。

これにはちょっとした理由があります。

以前私は、ある青春映画を紹介し、どう思うかを知人に問うたことがありました。自分としては、万人向けではないかと思いましたし、一般的な評価は佳作(スマッシュヒット)だったのですが、「今時キモいほどベタで、古くさい純愛物」と言うような反応でした。

3日ぐらいは凹んだ記憶があります。しかし、だからといってその知人に対する評価が変わったわけではありませんし、むしろ、自分とは全く異なる反応をする人もいるのだという、ごく当たり前のことに気づかせてくれたという意味で感謝すらしたくらいです。

そんなわけで、正直な感想を書こうと思ったのです。

唯一違うのは、その知人は、きちんと正面を切って口頭で伝えてくれたことです。遠慮がちにですがハッキリと。

反面、私の場合は、Blogを通じてでしたから、結果としては姑息な手段だったな・・・と言わざるを得ません。それに、どんな反応があるのかを試してもいたわけで、なおのこと、自分自身を嫌なヤツだなと思いました。

☆ 3時間待ってガソリン3000円分

7㎞ほど離れたガソリンスタンドで、朝7時30分からガソリンを販売するとの情報を得ました。7時過ぎに現地に着くと、すでに1.3㎞ほどの長蛇の列。

PAP_0074.jpg

幸い、エンジンを切って待っていても寒くはないので、ガソリンを節約しながら待つこと3時間10分。3分毎に5台ずつ進むと行ったペースで、その都度エンジンをかけて前に進みました。

私が到着したときには、レギュラーガソリンはほとんど売り切れで、ハイオクならまだあるとのこと。元々ハイオクを入れているので問題ないですが、後ろにはまだまだ長蛇の列が続いています。後続の人達はいれられたのでしょうか?

3時間以上待って、結局、制限の3000円分しか購入できませんでした。量にして18.5L、単価は162円で、満タンにはなりません。二日分の通勤にやや足りない位の量です。

一日に往復で94㎞走らなければならない私にとっては、3000円と言った購入制限がある場合、二日に一回は、何時間も並んでガソリンを確保しなければ職場に行けないのです。どうしてもと言う場合には、新幹線+バスという選択肢もありますが、一日4000円の交通費は自費になります。しかも、ダイヤとしては行きも帰りもワンチャンスしかないのです。また、例え通勤届けを変更しても、半年の定期券購入が大前提ですし、特急料金については半額しか手当てされません。

ちなみに、震災後の状況を鑑み、新たな服務規程が定められました。公共交通機関での通勤が不可能な場合のみ、自宅勤務命令や早退などの特別休暇は定められましたが、ガソリン不足という理由は認められていません。

「不要不急のガソリン購入はさけましょう」と盛んに叫ばれていますが、心配だからと言う理由だけで、2時間も3時間も並ぶ人などまずいません。

総論としてはそうかも知れませんが、もっと現実に沿ったキャンペーンを展開して欲しいものです。

☆ 地震による内壁亀裂の補修

我が家は、軽量鉄骨ラーメンユニット構造のセキスイハイム製ですので、地震には大変強いのですが、それでも影響が出ました。

ちなみに、ハイムの鉄骨は、一般住宅用としてはオーバースペックで、ビル用に使われるような頑丈な物だそうです。

影響が出たのは、石膏ボード製の内壁です。内壁には、構造体としての基本的な応力はかかりませんが、震度6強ともなれば、どこかに歪みが出ても仕方がないでしょう。

PAP_0070.jpg

ひび割れに伴って、クロスも裂けて剥がれてしまいました。木工ボンドを塗り込み、金槌でたたいて、浮き上がった石膏ボードもろとも沈めて平面を出します。

PAP_0073.jpg

歪み発生の原因を発見しました。ひび割れの反対方向の角を見ると隙間が空いています。揺すられてずれたものと思われます。

PAP_0069.jpg

3枚目の写真の上から下までヒビが入ったのですが、遠目にはほとんどわからなくなりました。特に、1枚目の写真と比較すると、コンセント右隣の部分は全く目立ちません。写真中心部から少し上にかけて、縦に線が入っているのがかろうじて確認できると思います。それでも、言われなければ気が付くことはないでしょう。

なんとか自分で補修することが出来ました。

☆ 2時間以上並んでガソリン3,000円分

東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)以降、ガソリンの供給が滞っています。3月14日(月)は、幸運にも、通勤途中のスタンドで10分も待たずに満タン給油できました。それからわずか3日後、いつもより45分ほど早家を出て、同じスタンドにいったのですが、今日は営業をしないとのこと。

PAP_0065_.jpg

仕方ないので、職場近くのガソリンスタンドに行くと長蛇の列がありました。交差点でL字形に並んでいるので先見通せるため、数えてみると40台目くらいになります。タンクローリーが来たのが見えたので、営業するのは間違いないですが、通常の営業時間は過ぎているため、いつ開店になるのかも分かりません。

結局、7時過ぎから9時過ぎまで2時間以上ならんで、ようやく制限の3,000円分、約19.5Lをセルフ給油で入れられました。

通勤では、満タン給油でもギリギリ5日間位しか持ちません。RX-8の燃費は、丁寧に乗って9.5㎞/Lですから、往復94㎞の通勤では、ちょうど10Lを消費します。60Lのタンクですので、計算上は6日持つことになりますが、現実には5日が限度ですし、それも同じ給油所で確実に給油できればの話です。

残業で遅くなる毎日ですので、帰りではどこのスタンドも営業していませんから、安全を見込めば3日目くらいには入れなければ通勤が出来なくなります。

今日は、職場に電話を入れて、1時間の時間休暇を取りましたが、今後はどうなることでしょう・・・。

☆ ホームシアター完全復活!

地震で倒れたスピーカーや、落下したプロジェクターについては、余震が終息してから設置し直そうと思って放っておきました。それに、毎日残業でそれどころではありませんでしたし・・・。実際の作業は3月19日に行っています。(記事の穴埋めに、16日付としておきます。)

PAP_0075.jpg

右の(写真左)スピーカーのみ、向かって左側面に擦り傷が付きましたが、ほとんど目立ちません。停電で録画できなかった番組があるくらいで、レコーダーも問題無し。

PAP_0067.jpg

プロジェクターも約2mの高さから落下したにもかかわらず、下にあるソファー等がクッションになって、傷一つ付いていません。レンズシフトがずれたくらいで、再設定したら、今まで通りに稼働します。

PAP_0068.jpg

唯一目立ってしまったのが、スピーカーと床の間に挟まったガラス容器で出来た傷です。ここは、そのうち塗料を塗って目立たないように補修しておきましょう。

高価なプロジェクターが無傷だったのは幸いでした。

☆ 原因はいつも人為的な初歩的ミス

3月12日のテレビで、セシウム検出、炉心溶融の可能性と聞いた瞬間、頭をよぎったのは「メルトダウン」→チェルノブイリ、スリーマイルでした。

karadaki.jpg

原発の重大事故のほとんどが、考えられないようなつまらない人為的ミスで起きています。

再び完全露出してしまった燃料棒、最悪、スリーマイルの時と同じ事が起きるかも知れません。

☆ 海辺のカフカ

2002年発刊 村上春樹作

300ページまで読んで、これ以上読むのを断念しました。これ以上頑張っても、たぶん苦痛ですので、おそらくもう二度と村上春樹作品は読まないと思います。

PAP_0076.jpg

今や世界中にファンがいて、日本を代表する作家と言われる村上作品を、完読は1作品、途中で読むのを止めたのは2作品とは言え、触れることが出来たことには感謝したいと思います。

結局、村上作品のどこが良いのか、私には理解できなかったという敗北感だけが残りました。独特な言葉の使い方、奇妙な世界観の表現、孤独感や無常観など、小説のテクニックとしては上手だと思います。

しかし、これほど心に響かない文章に出会ったのは初めてです。村上春樹の描く主人公や登場人物には全く魅力を感じませんし、どこが良いのか私にはさっぱり分かりません。

ちなみに、無意味に出てくるエロティックな表現ですが、それなら官能小説でも読んだ方が面白いですし、パワフルでダークでインパクトがあると言う意味でのエログロならば、西村寿行の方がよっぽど惹かれます。まぁ、アノ表現につき合うのはマジで疲れますが・・・。

ここ数年は、自然科学や人文科学、ノンフィクションや歴史小説が中心でしたので、たまには、良質なSFを読みたいと思います。いい加減なファンタジー要素を排除した正統派のSFを・・・。

あるいは、「司馬遼太郎」を読みましょうか。まだ、坂本龍馬しか読んだこと無いし。ず~っと気になっている「坂の上の雲」あたりを・・・。

[アマゾン書評]

☆ 災害対応(東北地方太平洋沖地震後・・・)

3月11日14時46分にあった超巨大地震「東北地方太平洋沖地震」の後、農業関係災害調査と対策のため、連続出勤となっています。

PAP_0060.jpg

11日(一昨日:金曜日)は、退職者激励会の予定だったため、バスと電車で出勤したのですが、鉄道が不通となり、いわゆる通勤難民状態になりました。もちろん激励会どころではありませんし、予定されていた会場では、シャンデリアが落下していたそうです。

仕方がないので、3度の火災と天井落下した庁舎の4階で、暖房も無く、余震に揺れる事務所のソファーで寝て一夜を過ごしました。寝付きも悪いので、パソコンを開き直したら、本部から仕事のメールが22時半頃に入っていました。書類を確認し修正して、関係機関に深夜2時近くに送りましたが、翌日聞いたらメールは不通だとか・・・。

昨日(土曜日)は、事務所のソファーから7時頃起きて、以降、災害調査関係に追われ、午後8時半頃に職場の先輩の車に乗せていただいて帰宅したのですが、今日は、自分の車で7時に家を出て帰ってきたのは22時頃でした。

もちろん、家の中もめちゃくちゃですが、片づけている暇はありません。家では寝るだけで仕事に行くのが精一杯です。

ガソリンも給油できず、燃料タンクは空です。一日往復95㎞あるのに、電車は復旧していないし、明日はとりあえず、軽トラックで行くしかないでしょう。

千葉県の鳥インフルエンザの発生による業務への影響も気がかりだし、交代要員はいないし、本部からの矛盾した指示にも翻弄され、関係機関には迷惑を掛けるし・・・。

まぁ、家族が支えてくれているし、仲間にも恵まれているので、まだまだ頑張れそうですけどね。

さて、明日からは、年度末の処理に向けて、通常業務再開と災害関係の対応を同時進行でこなしていくようです。

☆ 二階の被害状況

3月11日14時46分、東北地方太平洋沖地震による影響で、我が家の二階もぐちゃぐちゃです。

PAP_0063_.jpg

プロジェクターは落下。中が壊れてなければいいのですが・・・。

PAP_0062_.jpg

右のスピーカー(向かって左)はガラス容器を巻き込んで傷だらけ・・・。

PAP_0064_.jpg

左のスピーカーは、偶然にも布団があったので無傷と思われます。

余震が続いていますので、少なくとも1週間くらいはそのままにしておきましょう。

☆ 特選CD!

職場の洋楽好きの方に、CDを何枚か貸してくださったので、こちらからも、貸して差し上げることにしました。

alpha.jpg

エイジア / アルファ
 プログレッシブ・ロックを代表するスーパーグループ「ASIA」のセカンドアルバム。いわゆる「ジャケ買い」しても間違いのないアルバムですね。

ハワード・ジョーンズ / HUMAN’S LIB
 テクノ・ポップの代表的アーティスト「ハワード・ジョーンズ」。デビュー当時、見た目のパンク・ルックに反して、至ってマジメな好青年でした。曲作りの姿勢は職人そのもの!?

松岡直也 / MAJESTIC
 全曲、まさにドライブミュージック! 特に最後の曲は、高速道路を巡航しているときに聴くと最高かも。

アコースティックアルケミー / The New Edge
 グループ名どおりアコースティックな響きが楽しめます。BGM的に聞き流してしまうには、もったいない?

スーパー・ギター・トリオ / ライブ
 アコースティックギターの大御所3人「ジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラ、パコ・デ・ルシア」による超絶ライブ!
 1曲目、主旋律担当ギターが徐々に入れ替わるところが見事。また、即興のかけ合いは、コミカルながらも、そのテクニックには、ただただビックリします。

ウィンダム・ヒル / A WINTER’S SOLSTICEⅡ
 美しい楽曲で一時代を築いた「ウィンダム・ヒル・コレクション」の中でも、文字どおり「冬の調べ」であるこのアルバムは、特に綺麗な旋律の曲が多く収録されています。

レジーナ・ベル / フィリー
 パワフルでソウルフルな「レジーナ」の曲は、男性でも女性でも楽しめると思います。

マンディー・ムーア / THE BEST OF MANDY MOORE
 2000年代初め、ティーンセレブとして大人気となったマンディですが、女優としても成功しています。歌唱力はとにかく抜群。

バーシア / THE SWEETEST ILLUSION
 バーシアの中では、明るくポップなイメージのアルバムです。このアルバムは、日本のTVでもCMが流れていました。

シセル・シルシェブー/ GIFT OF LOVE
 リレハンメル冬季オリンピックのテーマ曲を歌ったことで有名なノルウェー出身の歌手で、その声は、クリスタルボイスと称されます。

谷村有美 / docile
 たぶん、同じ女性から見れば甘ったるい歌詞・曲調なのだろうと思います。私にとっては、失恋の特効薬でした。谷村有美ほど、チャーミングで綺麗な声はなかなか無いと思います。

☆ 春のマイホームメンテナンス ウッドデッキ

今日は、12時間続けて動き続けました。日付をさかのぼって数回にわたり記事にします。
まずはウッドデッキから。

PAP_0057.jpg

築15年経つウッドデッキですが、手入れが悪かったため一部が腐ってきています。安価な水性ペンキなど使わずに、屋外木部浸透用の保護用塗料を定期的に塗っていれば良かったんですよね・・・。

数年前にも、2本ほど材を交換していますが、現状では、半数以上の交換が必要な感じです。今回はとりあえず2本入れ替えます。その前に、電気かんなで表面を削って、古いペンキを剥がし、平滑にしておきます。

最初の施工では、ネジのようなひねりの入った釘を使っています。でも、これでは木がやせ細ると、浮いてきてしまいます。撤去するときにはバールで簡単に抜けるので楽ですが。

PAP_0056.jpg

ホームセンターで、防腐剤塗装済みの2×6材を買ってきました。採寸ですが、長さが203㎝と中途半端なため、12フィート(約3.6m)材では、長さの40%くらいが無駄になってしまいます。もったいない・・・。

PAP_0055.jpg

元々は隙間無く敷き詰められていたため、後から入れようとするとキツキツです。剥がした古い木材をあてがい、上からハンマーでたたいて入れます。入るとビクともしませんが、根太と連結して構造体としての強度を確保するため、木ねじで固定します。

PAP_0054.jpg

オイルステインを塗って完成です。縁の下の目隠しであるラティスフェンスも塗り増しておきます。塗料は、アサヒペン製造・ホームセンターブランドの物を購入しました。たぶん中身は全く同じと思われますが、アサヒペンブランドは3.4Lで5,980円、ホームセンターブランドは3Lで3,980円と、25%程安いです。

剥離しきれなかったペンキ部分があるため、塗りムラがありますが、そのうちほとんどの材を交換するようですので、まぁそれまでのつなぎと言うことで・・・。

☆ おひな様収納

俗に、3月3日を過ぎて飾っていると婚期が遅れるという「おひな様」ですが、3日過ぎの週末でもないと平日はなかなか片づけられませんからね・・・。

PAP_0049.jpg

飾り付けよりは、片づけの方が若干早く終わります。段ボールにして5つ。収納場所まで運ぶのが一番大変な作業です・・・。

☆ 飼料米取組の視察研修

そう言えば、鉄コーティング直播栽培は、手伝いではあったけど、2年ほど前にやったことがあるなぁ・・・。

DSC00338.jpg

これだけ大量に準備しておくのを見るのは初めて。飼料米ならば比較的安心して取り組めるとは言え、これだけ大々的に取り組んでいるのは県内でもないでしょう。

参考になりました。




☆ サラリーマンNEO DVD-BOX SEASON1

友人が、入手したDVDを貸してくださいました!

サラリーマンNEO極初期の作品です。

neo_seaon1.jpg

考えてみれば、2000年代に入ってから、かつてのドリフターズやひょうきん族のような、純粋なお笑い番組というのは民放でもほとんどやってないんですよね。ほとんどがバラエティか、エンタの神様・レッドカーペットなどの個人芸ですので。

やはり、一番の見所は「がんばれ 川上くん」ですよね~。

[アマゾンDVD]

☆ 春のマイホームメンテナンス エアコン室外機配管の被覆

外壁塗装に伴って、エアコン室外機がずらしてありました。よく見たら、触媒の配管被覆がボロボロになっています。16年位前の設置ですからね、紫外線でボロボロにもなるでしょう。(なお、実際の作業は3月6日にしています。)

PAP_0053.jpg

ホームセンターで、専用の保温用発泡スチロールと被覆テープを購入してきました。切り開いて上からかぶせます。

PAP_0052.jpg

テープをグルグル巻きにして、最後は真ん中で縦に裂いて結びます。

PAP_0051.jpg

これで10年は持つでしょう。この程度の作業なら、20分もあれば楽勝ですね。室外機本体を壁際に寄せて終わりです。

☆ 春のマイホームメンテナンス 玄関アルミ敷居のペンキ剥離

2007年の7月に太陽光発電パネルを設置する際、屋根やシャッターボックス、玄関ドアなども同時に塗装していただいたのですが、玄関敷居のペンキは剥がれてきました。そこで、剥離剤を用いて、敷居部分のみ剥がしてしまいます。(なお、実際の作業は3月6日です。)

PAP_0059.jpg

ペンキ剥離剤は、小瓶なら500円くらいで売っています。マスキングテープで、周囲をしっかり養生してから、
ハケ塗りします。

PAP_0058.jpg

時間が経つとジワジワと浮いてきますが、ヘラなどで刮ぎとっても、一回では綺麗に剥がせません。何度か根気よく丁寧に繰り返して作業します。

PAP_0050.jpg

塗装の剥がれムラによって、下地の表面微妙に異なりますが、アルミ地金を傷めることなく綺麗に剥がすことが出来ました。

敷居はどうしても靴底が擦ってしまいますから、どんな頑強な塗装でもやがてはすり減って下地が見えてしまう物です。

アルミ地金ならば、キラキラと綺麗なままでいられます。

カレンダー


02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1099)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(168)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(304)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(405)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5