☆ 年金無血革命

永富 邦雄 (著)

タイトルに期待したんですケドね・・・。

FI2620505_1E.jpg

年金にまつわる歴史的考察。各国の情勢・・・等々は詳しく書かれているけど、ではどうすればいいか?って事はほとんど書かれてない・・・。

政府に専門のシンクタンクを設立し、そこに期待・・・って言われてもねぇ。

それにしても、読書ペースがガタ落ち・・・と言うか、電車通勤じゃなくなったらほとんど本を読む時間が無くなりました・・・トホホ。

[アマゾン書評]

☆ STAX SRM-300修理

愛用のスタックス:STAX(エレクトロスタティックス型イヤースピーカー)ですが、ノイズが出るようになりました。

メーカーに修理依頼したところ、ドライバー(アンプ)とイヤースピーカーの両方を送られたしとのこと・・・。

FI2620504_1E.jpg

土日を挟んでいるのに、発送からわずか5日間で届きました。(29日着)

ナント、技術料0円と、アフターサービスは万全です。

正確無比のリファレンススピーカーですからね~。直って良かったです。

☆ 麦刈始まる

暖冬の影響で生育の早まっていた麦も、4月の低温で生育は停滞・・・と思いきや、5月に入って、また高温・多照となり、例年より早めの収穫期となりそうです。

それでも、さすがに5月中の麦刈りはないだろうと踏んでいたのですが、管内では、28日に始まったようです。

麦わらは、野菜のマルチや家畜の敷料に使えるので、コンバインハーベスタで収穫する際、切り刻まずに長わらのまま落とせば集めることができます。

FI2620502_1E.jpg

こちらは、前年のソバのこぼれた種子が発芽して雑草化した圃場です。

二条大麦は成熟期が早いので、ソバが結実する前に収穫すれば、ソバが混入する心配はあまりありません。特に今年のように麦の生育が早い年は大丈夫でしょう。

これが小麦ですと二条大麦よりも2週間ほど遅くなりますから、ソバが混入することになり、ふるいにかけても選別しきれないので、売り物にならなくなります。

FI2620502_2E.jpg

☆ 24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.9

次々と手がかりが消えていく中で、首の皮一枚で繋がっていますね~。

FI2620501_1E.jpg

う~ん、有力な証拠はどこに!?

[アマゾン映画評]

☆ サンルーム(網戸の製作) ?

昨年10月に手作りしたサンルームも、残すは網戸だけになっていました。

両サイドは物や人の出入りは考えなくても良いので、「はめ殺し」にして取り付けます。

FI2620499_1E.jpg

雨樋との干渉を避けるために、角は丸みを付けて回避しました。

網を留めるは、ホチキスで行いました。

たるみがないようピンと張るにはコツが入ります。
(と言っても編み目を頼りに長方形にキチッと張るだけですが・・・)

FI2620499_2E.jpg

☆ 運動会

ハイビジョンデジタルビデオカメラの撮影中に、キャプチャーしたスチル画像です。

元は16:9サイズですが、4:3にトリミングしました。

シャッターのチャンスが分かりづらいので、どの時点の映像がキャプチャーされるのかは運次第??見事に顔が隠れてしまいました・・・汗)

今年は、下の子も来年生として参加です。

FI2620500_1E.jpg

☆ 飼料用稲直播のための種子の鉄コーティング

省力・低コストを追求した、新しい直播きの技術である鉄コーティング種もみの直播きを、飼料用稲でテストしてみます。

FI2620503_1E.jpg

酸素供給剤であるカルパー処理では湛水土中ができるので、転び倒伏に強くなりますが、鉄コーティングには酸素供給能力はないので表面散播となり、倒伏しやすくなるのが欠点です。

しかし、飼料稲は、食用と違って倒伏しにくいので上手くいくようです。

[鉄コーティング種もみの直播き]

24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.8

ついに核弾頭が爆発しちゃったよ~!

それにしても、最後の最後でメイソンに助けられるとは~。

FI2620498_1E.jpg

読めなかった。

[アマゾン映画評]

☆ 六条大麦採種圃の圃場審査

今日、県内では真夏日を記録したところもあるようです。

快晴の下、六条大麦採取圃場の立毛審査を行いました。

それにしても、農作物は正直ですね。

植物の姿をじっくり観察し、畑の中に踏み行ってみると、その土地条件や、栽培管理の様子がおおよそ分かってきます。

栽培農家に、耕種概要や土壌条件などを聞いてみると、やはり、思った通りの答えが返ってきます。

栽培者の手癖が出るんですね。何十筆(なんじゅっぴつ:一区画の畑を「ふで、ひつ」と呼ぶ)も見ていると、それが読めるようになります。

FI2620497_1E.jpg

これは、圃場の中にぽつんと一株だけ混じっていた「二条大麦:左」と「小麦:右」です。

もし、この種が混入すると、次の年には何百倍、何千倍に増えてしまいます。

徹底して雑穂抜きをするよう、指示を出します。

FI2620497_2E.jpg

☆ 24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.7

ついに核弾頭を発見!

爆発は阻止できるのか~!!

FI2620496_1E.jpg

普通、これだけ長丁場(実際には、24時間の出来事なんだけど・・・笑)だと、中だるみするものですが、後半に行くに従いテンション上がりっぱなしです。

脚本と言い、演技と言い、言うこと無し!

[アマゾン映画評]

☆ サンルーム(網戸の製作)

昨年秋に手作りしたサンルーム(洗濯物用ドライルーム)ですが、蚊の季節になったので、網戸を設けます。

物の出入りは不要なので、はめ殺しとし、まずは網枠を作りました。

網貼り作業は来週以降です。

FI2620495_1E.jpg

塗り残しだった、ウッドデッキ床下用の目隠しラティスフェンスをサンルーム同様、オイルステイン塗りました。

耐候性があるため、耐久性が何十倍にも上がるでしょう。

FI2620495_2E.jpg

☆ シークレットウインドウ

う~ん、この手の落ちは、今時、おもしろみはないですね・・・。

ジョニーディップの演技も、この作品にはむいているとは思えないし。

[アマゾン映画評]

FI2620492_1E.jpg

☆ 黄金色に変わりゆく二条大麦

成熟に向かい黄金色に変わりつつあるビール麦の穂が、夕焼けに染められて、よりいっそう輝いています。

雨上がりの落日のワンシーンです。

FI2620494_1E.jpg

24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.6

え~、まさかまさか、この人が犯人側の人間だったなんて・・・!

いや、こればかりはびっくりしましたね・・・。

FI2620493_1E.jpg

[アマゾン映画評]

☆ 六条大麦採種圃の異品種・異株(雑穂)抜き

採種のための栽培圃場の管理は、通常の生産圃場に比べ厳格な管理が求められます。

先祖帰り現象や、遺伝的な変異、万一の異品種混入を撲滅するため、そのような場合に起こりやすい草丈が長くなっている株を抜き取りします。

大変、手間のかかる作業ですが、それをしないと審査には合格しないので徹底して頂きます。

FI2620490_1E.jpg

☆ 24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.5

どんでん返しや裏切り、予測不可能な展開が目白押し・・・ってところかな?

ジャック危うし!

[アマゾン映画評]

FI2620491_1E.jpg

☆ 飼料稲専用コンバインによる牧草(イタリアンライグラス)の収穫実演

ヤンマーのフレール型飼料イネ専用コンバインです。

飼料イネ専用ではありますが、フレール型なので、刈り倒して予乾した牧草も拾い上げることができます。

つまり、機械の稼働率を上げることができると言うこと。

今回の実演は、イタリアンライグラスです。

飼料イネ専用コンバインには、この他、自脱型のタイプもありますが、自脱型はこのような地面にあるものを拾い上げることができません。そのかわり、収穫時のロスは自脱型の方が少ないという特徴があります。

FI2620489_1E.jpg

胴体内部で、ロールにして排出することができます。

この後、ベールラッパーでラッピングして保存します。

なお、現在、牧草の保存方法としてはフィルムによるラッピングが主流なので、北海道の牧場で思い浮かべる「サイロ:円形の高い建物」は、ほとんど使われなくなりました。

サイロに牧草を詰める作業は大変なのと、農作業事故も起きやすく、また、良質のサイレージを作るのもがかなか難しいためだそうです。

関心を持って見て頂けましたが、やはり、初期投資がかかるのと、ロールの径が小さいので、今ひとつ不満のようです。

しかし、ロールの径を大きくすると、機械が大型になり重くなるので、飼料イネのコンバインとしては成り立たなくなるというジレンマがあります。

FI2620489_2E.jpg

☆ ジム小隊市街戦 ジムコマンド ホットナイフによる切断

J.J.さんのブログで、ホットナイフが話題になっていましたので、実際に加熱したデザインナイフで熱切断してみました。

直線的な切断ならば、薄刃のノコギリ(ピラニアソー等)の方が切断面が綺麗だし、平面がキチッと出るので、再接着も楽ではあります。

しかし、どんなに薄刃でも、ノコギリの場合は、その刃の厚み分だけパーツのサイズが小さくなってしまうと言うデメリットはあるのです。

また、込み入った複雑な曲面のカットは、ホットナイフの方が向いているでしょう。

確かに、ホットナイフによる切断は、その断面が熱でめくれ上がるため、仕上げには再加工が必要ですし、曲線切りそのものがなかなか難しいという難点はあります。

FI2620488_1E.jpg

要は、目的に応じて道具や方法は選択していけばいいわけで、どれが正解という事もないと思います。

その手法の特徴なり性質を踏まえて使い分ければいいのではないでしょうか。

ところで、今回は直線切りのため、ノコギリでも良かったのですが、ガスコンロであぶったデザインナイフだと、あっという間に切断できました。

「つま先立ち」の様なポーズをとらせるため、ジョイント部に角度を付ける加工をするので、プラ板やパテで充填していくと言うこともあって、切断そのものにはあまり神経を使わない作業でした。

なお、私の場合、切断はニッパーでザックリというのが多いです。アクションポーズをキチッととらせようとすると、ほとんどのキットは、プロポーションの大幅な修正が必要ですので~。

FI2620488_2E.jpg

☆ 初中期一発除草剤の散布

一発剤の中では、最も古典的な剤の「ザークD」です。

散布適期は、移植5~15日後ということなので、移植10日後の今日散布することにしました。

散布量は10aあたり3?・・・と言っても、そのほとんど(約95%)が散布のための「キャリヤ」=鉱物(砂粒のようなもの)なんですが・・・、ほんとは1?剤の方が背負うのは楽ですが、まきムラや振込みすぎを起こしにくいと言う利点はあります。

有効成分は、ダイムロン1.50%・ベンスルフロンメチル0.17%・メフェナセット3.5%

で、ヒエを含むイネ科一年生雑草、多年生雑草、難防除雑草のクログワイ等など守備範囲が広く、しかも安価です。

ただし、連用すると、スルホニルウレア系抵抗性雑草が発生する場合があるので注意が必要です。

FI2620486_1E.jpg

[More...]

☆ 24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.4

7~8話は、着実に物語が進んでいきます。

うさんくさい人物が次々に出てきますね・・・。何やら、起こりそう・・・。

FI2620487_1E.jpg

[アマゾン映画評]

☆ 24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.3

登場人物がどんどん増えてきますが、それぞれ重要な役があるので、混乱することはありません。

物語も段々と核心に触れつつあり、益々過激に展開していきます。

この3巻目(5~6話)位になってくると、物語に引き込まれていきますね~。

面白くなってきましたよん。

FI2620485_1E.jpg

[アマゾン映画評]

☆ 「なすひかり」の現地技術実証展示ほ

現地技術実証展示ほ(圃)の最初の調査になります。

調査項目は、植え付け本数と栽植密度。

設置場所は、低い丘陵の間に広がる、のどかな田園地帯です。

FI2620484_1E.jpg

担当農家では、育苗箱施用剤を使わないので、畝畔ぎわの株にはイネミズゾウムシの食害痕が見られます。

おそらく、これ以上、被害が進行せず、稲が繁茂してくれば回復してしまうのでしょう。

外国からの侵入害虫のイネミズゾウムシは、侵入当初は猛威を振るいましたが、今では、普通の害虫になったようですね。

FI2620484_2E.jpg

☆ ジム小隊市街戦 ジムコマンド 上腿の幅増し?

横幅を太くした太ももを取り付け、全体のバランスを見てみます。

腰回りというか「ウエスト」は、かなり細身ですが、装甲を付けると程良くバランスが取れると思います。

これで貧弱な印象も無くなるでしょう。

FI2620483_1E.jpg

☆ 24-TWENTY FOUR- シーズン2 vol.2

物語も、いよいよ過激に進行しはじめてきました。CTUも被害にあうし、敵も味方も死者が続出する状況で、メイソンCTU支局長は放射能被爆しちゃうし・・・。

さてさてどうなる事やら・・・。

FI2620482_1E.jpg

[アマゾン映画評]

☆ ジム小隊市街戦 ジムコマンド 上腿の幅増し

ここのところ、ジムの作業のほとんどが「やすりがけ」のため飽きてきますので、たまには、ジムコマンドの方にも手を加えて気分転換を図ります。

ジムコマンドの脚部ですが、写真下側のように、ふくらはぎに比べて、太ももがかなり細いため、ポーズをとらせると貧弱な印象があります。

そこで、プラ板一枚を噛ませて一回り太くします。

FI2620481_1E.jpg

☆ 8 Mile

う~ん、アマゾンのレビューの評価が高いので、期待したのですが・・・。

主人公役の「エミネム」自身の自伝でもあり、アメリカの社会問題も良く描かれてはいるのですが、ドラマ性という点では盛り上がりに欠けます。

ラップの詩を作るのに重要な「リリック」を生み出していく苦労というのは何となく分かりますけどね・・・。

FI2620480_1E.jpg

[アマゾン映画評]

☆ ウェブ汚染社会

尾木 直樹 著

インターネットによる子供たちへの影響・・・なんて話はゴマンとある中で、特別目新しい視点も話もない、つまらない本でした・・・。

タイトルからして、もう少し期待したんですけどね・・・。

FI2620479_1E.jpg

[アマゾン書評]

☆ 初期除草剤の散布

難防除雑草のクログワイが発生する一筆のみ、体系防除とします。

初期剤として、田植え直後から使用できる「ショキニー」(そのまんまのネーミング!)を振りました。

拡散性が極めて良いので、畦畔から滴下しても全面に広がりますが、念のため田んぼの真ん中も一列だけ歩きました。

成分は、ブロモブチドペントキサゾン

特に、ペントキサゾンがクログワイに有効です。

FI2620478_1E.jpg

☆ 田植え(新型田植機)

植え付け部の前に、地ならし用のローラーがついたタイプの新型機を新調しました。

これで、枕地のならしが不要になります。

ナント、クラッチレスのオートマチック。無断変速・・・ 。

FI2620477_1E.jpg

植え付け精度も高いし、スピードも抜群です。

それでいて直進安定性も良いので、写真の通り、真っ直ぐに植えることが可能です。

FI2620477_2E.jpg

☆ ジム小隊市街戦 ジム アクションポーズ確認 その4

頭部と首のプロポーションや取り付け角度等の大まかな部分が固まってきたので、再度、全体像をチェックしてみました。

FI2620476_1E.jpg

写真左の黒背景が前々回のチェック、右側が今回です。

頭部はかなり修正を加えているのですが、パッと見は分からないですね・・・汗)

しかし、よく見ると、ジムらしい丸顔、小さすぎない程良い大きさの頭部、首が形成された事による身体と頭部の位置関係・・・など、バランスがかなり改善されているのが分かると思います。

左右写真で、ポージングの一番違う点としては、右手の突っ張り加減でしょう。

左の方は、右手を伸ばしているため緊張感があります。右はヒジに余裕があり、落ち着いてねらい撃ちしている雰囲気があります。

つまり、射撃シーン一つを取っても、どのような表現をとるか・・・何を訴えかかるか・・・が重要だと言うことです。

モデラーを自認するなら、そこまで意識すべきでしょう。

「うなじ」部分に、新造した首が見えます。

あごを引けば、後ろ側の「うなじ」部分が空くので、自然に見えるように首を作った・・・と言うだけではないんですね。

ジムは、首に相当する部分がほとんど無いため、あごを引こうと思っても胴体にぶつかってしまうのです、そこで、頭部そのものを2?ほど上方にスライドしています。

なんて事無いポージング一つ取っても、微調整で印象がずいぶん変わってきます。

FI2620476_2E.jpg

カレンダー


04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1093)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(168)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(304)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(408)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5