☆ 1/24 スコープドッグ 足首三重間接仮組み

なんとか強度も確保できそうです。三重間なので自由度が高いです。
ドッグ系ATで、地面膝付きポーズまでやった作例はないでしょう。

_20170923_100851[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足首三重間接のパーツ

内部空間に余裕があるとは言え、強度を考えると結構厳しいものがありますね。

_20170922_233635[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足首三重間接を考える

クリアランスのあまり無い足首空間に、3重間接を仕込むことを考えます。

_20170920_231453[1]

荷重のかかる部分でもあるので、緩くならないこととできるだけ鉛直方向に軸が並ぶように配置したいものです。

☆ 1/24 スコープドッグ 足裏モールドの幅つめ

足幅をどれだけ詰めているかがわかります。

_20170919_223523.jpg

モールドを避け、余白部分を詰めていきます。

☆ 1/24 スコープドッグ 足首関節開口部の成形

関節自由度を高めつつ、開口部をできるだけ小さく、またシルエットも全方向から違和感なく見えるよう調整します。

_20170918_174450[1]

しかしこれでも大きく角度をとった場合、つながりに違和感で出てくるはずなので、関節カバーを考えなくてはなりません。

☆ 1/24 スコープドッグ 膝関節回転軸の円形化

膝関節の上側に隙間があかないよう、前側を円形にしたのが5年前でした。今回は後ろ側を加工します。

_20170917_173937[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガード クリアランス

1/24ともなるとギミックを仕込むのもかなり楽にはなりますが、それだけに欲も出て、複雑な機構になりがちです。そして、パーツのクリアランスもぎりぎりになってきます。

_20170917_103554[1]

まぁ、それだけ面白いともいえるのですが。

☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガードのリンク

複雑な間接になるかと思ったのですが、リンクを長く取ることによって、回転の軌跡で対応できそうです。

_20170915_232231[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガードのスジ彫り

ヤスリがけで失われたスジ彫りを彫りなおします。

_20170913_231459


☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガード

分離した足の甲をガードするパーツを成形していきます。

_20170912_224615[1]

つま先を曲げたときに干渉しないように、高度なギミックが必要になるでしょう。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節軸受け設置

両足のつま先関節の位置決めができました。

_20170911_222505.jpg

角度はここまで曲げることができます。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節軸受け設置

つま先関節の回転軸と連結する、受け穴を開口します。

2017091021332282b.jpg

とにかく位置決めの精度が重要です。ずれれば、足裏が段違いになったり、ひねりが生じたりしますので。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節茶筒状カバー 両足

もう一つも同様に作ります。

_20170908_223605.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節茶筒状カバー

円弧パーツを組み上げていきます。

_20170907_225846.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節軸接着

回転軸を接着しました。

_20170906_225741.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節の半円ガイド

つま先を曲げたときにできる隙間を、可動曲線に沿って塞ぐようガイドをつけます。

_20170905_232646.jpg

演習をプラ板で覆って茶筒状にすればOKです。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節の仕込み

簡素で丈夫な間接とするために、ダブルのT字ポリランナーとプラ板で間接を仕込みます。

_20170904_225857[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 欠損モールの復元

以前、可動範囲の確保のためと思って裾をばっさり切ってしまったので、この欠落した部分を再現します。

_20170903_214159.jpg

凹モールドですが、正確な直角を出すのは難しいですね。

☆ 1/24 スコープドッグ下肢後ろ側比較

これだけ太さと裾広がり具合が違えば、全く別物ですね。

_20170902_235437.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ ふくらはぎの太さ比較

分離した側面を再接着しました。キットそのままのふくらはぎと、太さを比較してみます。



キットのふくらはぎは、太すぎてどうにもなりません。特に外側のパーツは許容範囲を超えています。設定画には独特の遠近法が用いられてますので、スリム化することで、本来のプロポーションとなります。
印象もだいぶ変わってきます。

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢側面段差パテ埋め

昔、オリジナルの装甲板でもつけようかと、余計なギミックを仕込もうとした穴をエポキシパテでふさぎます。

_20170830_222040[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢側面成形

まず、平坦なベースを確保します。少しずつ作業、作業。

15040144205090.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢側面装甲剥離

裾広がりでぶっといふくらはぎを修正すべく、どんどん剥離させていきます。

15039253506390[1]

☆ 1/24 スコープドッグ ふくらはぎの幅修正

実に5年ぶりの再開になるかもしれません。

ここのところ、製作意欲がめっきり落ちてしまっていますが、少しでも、気が乗る題材をいじろうかと思います。

_20170827_223907.jpg

ホットナイフとレザーソーでカットします。

☆ 1/144 FG ザクⅡ 立ち膝ポーズのチェック

約一年前にも、ちょこちょこいじってたんですね。
どーしても、立ち膝ポーズの射撃シーンを作りたくなって、再開することにしました。

15026283270621.jpg

☆ 1/100 スーパーバルキリー 欠損部品復元

腰パーツの左反面だけ紛失してしまった1/100スーパーバルキリー

20170717214051a68.jpg

エポキシパテで左右対称に気をつけながら、切削で復元しているところです。

☆ 1/100 リガード くるぶし関節用板

くるぶし関節用の板を設置します。

201706192247280ed.jpg

これで可動範囲が大幅に向上します。

☆ 1/100 リガード 脚部間接回転軸 上下

回転軸4つを埋め込むために、受け側の肉厚を調整します。

201706182203284e1.jpg

☆ 1/100 リガード 脚部間接回転軸

脚部の可動範囲を広げても違和感がでないように、回転軸に円盤状の部品を取り付けます。

20170611213215e04.jpg

プラ板を5枚貼り合わせ、リュ-ターで回転させながらヤスリで真円を出していきます。

☆ 1/100 リガード 足首関節の可動範囲拡大

1/144 初代MSV MS-06R-1Aについては、完成の姿が見えてきていますが、そうなると急速に制作意欲がダウンしてしまいます。やはり、ドラマ性のない単体作品だと、モチベーションの位置が難しいんですよね。とは言え、一度お休みするだけで、近い将来必ず完成まで持っていくつもりです。さて、

20170604134719843.jpg

今井科学製の1/100リガード、現在の水準で見てもなかなかの良作キッとです。ドラマ性のあるシーンが浮かんできたので、取りかかることにしました。作例としては他にもあるのですが、私なりにもう少し踏み込んだ情景にしていきたいと思います。

そのためには、下腿を大きく後ろに傾ける必要があります。そこで足首関節の可動幅を広げます。

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1128)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5