☆ 芝刈り機の替刃の自作

何年前に買ったかもう忘れてしまったけど、たぶん15年以上前だったと思います。

20170415_180921902[1]

替刃の入手方法もなく、毎年すり減る一方でした。構造が簡単なため、自作できるはずと思いつついたのですが、いよいよ末期になったため、金属プレートで替刃を作ってみました。材料費はたったの134円。

風を起こしてゴミを吸引するため、翼端をねじってプロペラ状にします。グラインダで削って刃に仕上げたら、元通りの性能が復活しました。

☆ 自作オーディオラックの改造

20年以上前に自作したオーディオラックですが、AVアンプの更新にあたって、内部の高さがどうにも足りません。

201609111550230fc.jpg

 そこで、上げ底になっている床面をすっぽりくり抜くことにしました。

20160911155024086.jpg

 ラックではなくて、上からかぶせるだけのカバーにしちゃいます。カバーならなくてもいいのでは?と思われますが、この上にセンタースピーカーを乗せるので、センタースピーカー台として重要なのです。

20160911155026b63.jpg

 紙やすりで整えた後の写真です。この後、外部から見えてしまう切断面は黒マジックで塗りつぶしておきます。

☆ 3段ラックの2段重ねにメッシュ補強

 一時ストック用のラックを、既製品を利用して省スペース大容量で作りました。

IMAG2186.jpg

 メッシュをインシュロックでしっかり固定し、補強しています。脇からこぼれる心配もありません。

☆ メッシュラックの作製

子供用に、ワイヤーメッシュで本棚を作ることにしました。

20160718223937daf.jpg

軽くて強度があって、使い買っても見た目も良く、簡単に作るには、やはり、ワイヤーメッシュを結束バンド(インシュロック)で固定するのが一番。

20160718223939ba8.jpg

ポイントは、傾斜をつけること。構造的にも背中側を強くすることができます。

201607182239365a5.jpg

重量のかかる底面は、合板と結束して、キャスターを5か所付けます。また、棚受けの前面がたるんでしまうのを防ぐため、ステンレスパイプで補強すると、見た目にもアクセントになって綺麗です。

☆ サンルームの屋根側壁の補修

4年ほど前にボロボロになり始めてたサンルーム屋根の側壁です。

20160718081844f45.jpg

完全にボロボロです。この間、ごく薄い化粧板を張り付けて応急処置をしていたと記憶していますが、ブログ記事に残してなかったようです。

201607180818433f3.jpg

ホームセンターには、シナベニヤのコンパネではなく、国産杉の合板が同じような値段で売ってました。耐久性はこちらの方が高いはずです。

20160718081841016.jpg

ウッドステインを塗って補修作業終了です。

☆ ぬかるみ解消コンクリート平板

タイヤ轍のぬかるみ対策に、コンクリート平板を敷き詰めました。

IMAG1775.jpg

つなぎ目でずれないよう、プラスティック境界杭を橋渡しして、下敷きにしています。

☆ 折りたたみ椅子の補修

先日壊れた折りたたみ椅子は、なんと極小スポット溶接で組み立てられてたらしく、よくまあ今まで壊れなかったと逆に感心してしまうほど。

IMAG1726.jpg


先日、背もたれ付きの椅子に買い換えましたが、外の作業に使うえるよう、ドリルで穴をあけ、木ねじで止めておきます。木ねじの先端はとがっていて危ないのですが、外作業で使う分には触れる部分ではないので、これで十分でしょう。

☆ 今年の修理初め

 帰省先で、玄関天井の壁紙が浮き上がってしまったとのこと。こういう場所は抑えが利かないので、クロス専用接着剤では対応できないはず。ゼリー状瞬間接着剤の出番です。壁紙の合わせ目は、本来ならば隙間が全くないのですが、経年変化で収縮しているため、どうしても空いてしまいます。

IMAG1713.jpg

 できるだけ引っ張って、隙間を極力狭くします。

IMAG1717.jpg

 伸縮門扉の芯抑えも脱落してしまっているため、ビス止めしました。

☆ パイプ車庫

取り壊したビニールハウスの廃材を使って、パイプ車庫(屋根のみ被覆)を建てました。

IMAG1580_1.jpg

これで、ガラス面の結露や凍結が防げます。

☆ カラー平板でぬかるみ対策

10月4日にカラー平板とコンクリ板を敷き詰めましたのですが、今日、位置を少しずらしました。この上にあるものを建てるためです。

IMAG1570.jpg

カラー平板は、人の体重くらいなら平気ですが、車などが乗ると割れてしまうので注意が必要です。

☆ ☆ パイプ車庫の天幕張り替え 2015

前回が4年5か月前なので、今回は、かなり持ちました。とは言え、ボロボロでしたが。

IMAG1558.jpg

高軒高タイプの天幕しか、もう生産していないらしく、前回から裾を折り曲げて張るようになったのでちょっと厄介です。
ついでに、バイク用のハウスも、屋根のみ張りました。

☆ カラー平板でぬかるみ対策 その1

浄化槽の近くのぬかるみになりがちな場所に、10月4日にカラー平板とコンクリ板を敷き詰めました。


☆ ケルヒャーの耐圧ホース補修

 ゴールデンウィークに修理したケルヒャーのホースですが、かなりの高圧なので、きちんとしたジョイントでなければ漏れてしまいます。ちょうど、コンプレッサー用のジョイント直径7ミリがぴったりなので、つないでみました。

IMAG1276.jpg

かなりきついですが、ドライヤーでホースを暖めて入れやすくし、金属部分が見えなくなるまできっちり入れることができました。
あれれ、完成写真がないですね。。。

IMAG1277.jpg

☆ 網戸設置

いくら要求しても、いっこうに補修されないとのことなので、内側ですが、網戸を自作して設置しちゃいました。

IMAG1176.jpg

狂いのない材を選びだして、慎重に採寸すれば、隙間のないぴったりの枠ができあがります。

IMAG1177.jpg

枠を黒く塗ってから、防虫網を目立たない場所でホチキス止めします。
後は、サッシとの隙間を、毛状の隙間テープでピッタリにすればOKです。

☆ いろいろと補修

今日はいろいろと補修作業などの多い日でした。

まずは、玄関タイル。安価なシリコンシーラントで接着します。安い割にはそこそこもってくれそう。



7年ほど前に購入した高圧洗浄機ケルヒャーですが、途中のホースが裂けてしまいましたので、エポキシ系接着剤などを使って補修しました。

IMAG1145.jpg

ダイゾンの掃除機の、HEPAフィルターです。気がついたら、2年半も掃除してなかったです。

IMAG1144.jpg

次女の給食の割烹着入れ袋が裂けてたので、手縫いで繕いました。

IMAG1151.jpg

夕食のおかずに、野菜炒めを追加して食べました。

IMAG1152.jpg

☆ LEDシーリングライト

 シーリングライトの蛍光灯安定器が壊れたので、お手ごろ価格になってきたLEDシーリングライトを購入しました。

IMAG1045.jpg

 黄色く四角いチップがLEDです。青色LEDに黄色いフィルターをつけて、白色になるようにしているんです。青色発光ダイオードの実用化は、生活を一変するほど革命的だったんですねぇ~。

IMAG1038.jpg

 スマホの露出をアンダーにして撮影。カバーがないと、宇宙要塞みたいです。

IMAG1039.jpg

 カバーをつけてみました。肉眼では発光ムラは気になりませんが、蛍光灯と違って、上手に配光しないとムラっぽくなりがちです。

IMAG1040.jpg

 リモコン付きですので、娘のロフトベッドの転落防止フェンスにホルダーを固定しました。じゃまにならないようにフェンス外側にタイバンドでくくりつけ、ボタンはフェンスの隙間から押せるようにしました。これで寝るとき、壁のスイッチまで行かなくて済みます。

IMAG1043.jpg

☆ バスケットボールのゴール支柱補修

 ミニバスケ用のゴールの支柱が、錆びによって折れてしまいました。強風の旅に揺れ動き大変危険です。

IMAG1026.jpg

 支柱を取り替えればいいのですが、ちょうど良い部品があるわけでもなく考えあぐねていたところ、突っ張り棒ではなく、ワイヤーで牽引すれば良いと発想を変えてみました。

IMAG1025.jpg

 材料は千円少々。がたつきがないように、柱とベースの隙間に直角プレートを挟み込みます。

IMAG1028.jpg

 ワイヤーの両端を輪にして留め具で固定し、ターンバックルで引き締めれば、がたつきが無くなりました。元々あった突っ張り支柱は、もう無くても問題ありません。牽引したため、ベースとの直角が維持できずに後ろに反っているので、ベース後端に平たい石を置き、柱が垂直になるまで持ち上げました。

☆ サンルーム正面引き戸の上部隙間テープ貼付け

 手作りサンルーム正面の引き戸の上部スライドガイドを修理しましたが、隙間が結構ありガタつきが出ます。
 そこで、ダイソーで防水隙間テープを購入してきたので、貼り付けてみました。

IMAG0877.jpg

 結構キツキツですが、経年変化で痩せると思いますので、やがてぴったりになると思います。

 これで、強風が吹いてもバタつかないでしょう。

☆ 母屋の水道工事

 母屋のシャワーのの水が出なくなってしまったとのこと。水道管にサビがたまり、目詰まりを起こしていたのが原因とのことですが、古くなった混合栓を取り替えることにしたようです。ところが。。。

IMAG0569.jpg

 何もなければ、蛇口交換は難しい作業ではありません。しかし、基の水道管が微妙に曲がっており、父が何度やっても接合がうまくいきません。

 基本的に、水道のように気密性が必要な配管というものは、正確な取り付けが大前提ですが、精密機械と違って、ごく僅かな狂いはパッキンなどで吸収できるような余裕があります。それに、ネジ部分には、シール材を巻くことで気密性を確保できるはずなので、まずは、仮組みして検証してみました。
 
 そもそも、お湯と水の取り付け基部のツラに段差があります。なので、押すネジの方をグラインダーで削り、段差に合うよう侵入深さを変えました。
 次に、お湯と水の配管の並行性がわずかに狂っているため、両方のネジの噛み合わせを確認しつつ、慎重に締め上げていきました。

 なんとか無事に、漏れることなく接合することが出来ました。

☆ フレッツ光+Yahoo から auひかりへ

 家族で、auのスマートフォンが2台になったため、お得なスマートバリューを適用することとしました。
 そこで、家のインターネットを、これまでの「NTTフレッツ光+Yahooプロバイダ」から「auひかり+au oneプロバイダ」に乗り換えることにしました。

2013111912265813a.jpg

 工事は、撤去業者と設置業者がほぼ同時にやって来て、手際よく進めていきます。
 ただし業者の方も、自分で壁掛け用に設置している例はみたことがないらしく、驚いていました。接続チェックさえしていただけば、設置は自分で行うので作業が終わったら引き上げていただきました。

 フレッツ光のルーターは壁掛けアダプター付きでしたが、auひかりのルーターは、放熱の都合上、縦置きしかできません。ホワイトボードから少し浮かせて放熱空間を確保しつつ、タイバンド(インシュロック)で固定します。

 今日の内に、メインのパソコン1台、プレステ3、スマホ2台のWiFiを設定しましたが、模型机のパソコンは、無線LAN外付け子機メーカーのサイトから、設定プログラムをダウンロードして、後日設定することとしました。

☆ キーボードのACアダプター修理

ACアダプターの断線により使われていなかったCASIOのキーボードですが、ピアノの練習用にメトロノームの機能を使いたいとのことで、断線箇所を修理しました。

IMAG0141.jpg

少しくらいひっかけても、切れないように、強固に修理しました。

☆ ワイヤーメッシュで簡単、軽量、キッチンスリムラック

テレビのボンビーガールにヒントを得て、百円均一ショップの材料を中心に、ワイヤーメッシュでスリムラックを作りました。



高さ160センチ、幅27センチ、奥行きは45センチ(棚突起部含めると51.5センチ)、一方向キャスター5カ所です。
自作のメリットはジャストサイズと使い勝手の良さ。
底部のキャスターは、直線運動しかしないのであれば、自在タイプではなく一方向タイプの方が動きがスムーズです。自在タイプも値段は変わらないのですが、バラバラな軸方向がそろうまでは動きが悪く、動いてからもふらふらしそうになるので、思い切って一方向にした方が良いですね。

IMAG0080904351066.jpg

材料代は3000円弱くらいでしょうか。すべてを百斤でそろえるとかえって割高になるので、ホームセンターと見比べながら調達しましょう。

IMAG0083_2013081522521095e.jpg

隙間にぴったり収まりました。必要に応じて、後から棚を増設するのも簡単です。

☆ 自作パソコンデスクの補修

一昨年秋~冬に作ったパソコンディスクですが、負荷がかかりすぎて一部にひびが入ってしまいました。

IMAG0031.jpg

ここは接着剤だけで接合した部分なので、はがれやすかったようです。裂け目に木工ボンドを流し込んで、木ねじで5カ所くらい強固に圧着します。

これで、引き出しもスムーズに閉まるようになりましたし、ライティングディスクの板の開閉もスムーズになりました。

今日は小学校のプール監視要員だったのですがあいにくの雨で中止。午前・午後とも、子供たちの病院やら塾の送り迎えをして、夕方は、友達のお父さんのお通夜に出席します。

☆ dyson(ダイソン) プレモーターフィルターの洗浄 (今回も一年半振り)

dyson dc12のフィルター清掃は、年1回とされていますが、前回同様、今回も約1年半経ってしまい、かなりホコリが付着していました。

DSC04297_1.jpg

ツインサイクロン方式のダイソンの場合、基本的には遠心力だけで微少なホコリを分離します。モーター直前に設置されているHEPAフィルターのみ、定期的な洗浄をすることになっています。

なんだ、ダイソンだって、やはり最後はフィルターに頼っているんだと思ったら大間違い。1年間掃除不要と言うことは、限りなく100%近く遠心分離だけでゴミを除去しているわけです。

洗浄は水洗いするだけ。写真左が洗浄前、右が洗浄後です。なお、ゴミをぎゅうぎゅう詰めにしない限り、普通は髪の毛などが着くことはありません。

☆ トイレのふたのヒンジ補修

トイレのふたの回転軸部分(ヒンジ)が割れてしまいました。本来力が加わるところではないので、そう壊れるはずがないのですが、17年位使っているので、プラスチックが劣化してきているのかも知れません。

DSC04288_1.jpg

そこでまずは、ドリルで木ねじをねじ込む穴を開けます。

DSC04290_1.jpg

接着面は瞬間接着剤を充填し、木ねじで締め上げてから、ネジ頭の部分をパテ埋めします。

硬化後にヤスリがけし、下地塗装・上塗りと丁寧に作業すれば、補修後はほとんど分からなくなるのですが、面倒なのとあまり目立たない部分のため、ヤスリがけ無しで、色あわせせずにアクリル塗料(プラカラー)を塗っておわりにします。

ここまでの作業ならば、取り外し・洗浄・補修・取り付け含めて1時間程度で出来ますからね。

(実際の作業は、11/18の夕方)

☆ ドライルーム屋根側面補修

4月に壊れてしまった屋根側面を補修しました。

CA390001.jpg

化粧ベニアを張っただけですが、1年くらいは持ってくれるのではないかと思います。

☆ 戸車交換

茶の間の引き戸の戸車がすり減ってしまいました。

PAP_4925_1a.jpg

この戸は一番人が通る場所で、毎日何回も開閉しますから、築後17年も経つとプラスチックの車の中心が摩耗して、グラグラになってしまいます。1つの戸に二つある戸車の内、高さ調整できる方の部品はプラスティックで、もう一つの固定車輪の方は金属製のようです。

PAP_4926_1a.jpg

サポートセンターに連絡したところ、FAXで部品を発注できるとのこと。自分で交換すれば部品代で済みますから安いもんです。一個750円程度でした。

固定はネジ釘でなされており、バールで引き抜いて、再び同じ釘を打ち付けます。引き抜くのに少々時間がかかりますが、簡単に交換できました。

☆ 折り畳みテーブルの再加工 その3

いよいよ最後の仕上げです。

PAP_4925_11_20111002060705.jpg

天板裏面はヒザが当たるところなので、バリやささくれが無いよう、電気カンナで平滑にします。元の天板に比べて、ぐるりと1週、角材を当てて大きくなっているのが分かります。

PAP_4926_11.jpg

天板と側板の接合部分は、シリコンシーラントで充填します。こうすれば、水などが侵入するのを防ぐことも出来ます。白色のシリコンにより、隙間が目立たなくなる効果もあります。

PAP_4929_11.jpg

今日は、今年最後の芝刈りをしました。端の方に咲いている彼岸花は満開です。今年も約20回ほど刈り込みました。これで、春までの半年以上は手入れ不要です。

☆ 折り畳みテーブルの再加工 その1

夏休みがあと二日も残っています。9月末までに消化しないと期限切れです。そこで、5日目の夏休み(9/27)を取って、3年前に作った折り畳みテーブルを再加工しました。

PAP_4936.jpg

天板が収縮し、隙間が空いた上に凸凹も出来ています。そこでまず、電気カンナで平らにします。

PAP_4932_20110928061301.jpg

木工ボンドを全体に塗りつけます。なお、家族4人で使うには横幅が狭かったので、3センチの角材をあてがって幅を広げています。

PAP_4933.jpg

コルクシートを貼ったたのですが、ニスを塗ったところ延びて浮いてきてしまいました。大量のニスが必要であることは容易に想像できたのですが、コルクシートがこんなに延びるとは思いませんでした。

上手くリカバリー出来そうにないことと、汚れ対策には、表面が平滑になるまでニスを充填しなければならないであろうことから、結局剥がして、別の素材を貼ることにします。

アイディアは悪くないと思ったのですが、今回は失敗でした。近日中に別の方法で再チャレンジです。

☆ 化粧ドアの補修

化粧ドアの格子を、室内犬にかじられてしまいました。

DSC09695_1.jpg

昼間独りぼっちでやることもないし、かわいそうではありますが、困ったもんです。

そこで、パテ埋めして塗装することにしました。
エポキシパテをてんこ盛りにして、リューターで削ります。

表面はサフェーサーを下塗りすれば良いのでしょうけど、そこまでの精度は必要ないので、このまま筆塗りしていきます。

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1103)
  • オーディオ・ビジュアル(240)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(305)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5