☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 1/24 スコープドッグ 肘ヒンジカバー4つ分離

両腕の肘ヒンジカバーを4つとも分離しました。

20171023231032139.jpg

わずかな幅つめですが、これが後で効いてくるのです。

☆ ONKYO TX-DS787 復活!

昨年9月に故障したオンキヨーのAVアンプ TX-DS787 ですが、故障の原因はおそらくリレーだろうと思ってました。

_20171022_121050[1]

もしかしたら接点の清掃くらいで直るんじゃないかと思い始め、とりあえず中をばらしてみたところ、なんと普通に電源が入り、落ちることがなくなりました。

取り付けビスを外して、パーツがグラグラゆすられているうちに、接点が復活したのかもしれません。またいつ機嫌が悪くなるかもしれませんが、今日のところは、しばらく音楽を聴いていても完調でした。

これは、ハードオフに売らなくてよかったかも。
こうなると、このアンプ用にスピーカーもほしくなります。

☆ 1/24 スコープドッグ 下腕の幅詰

あまりにも横に広い下腕の幅を詰めます。

_20171022_120958[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 肘ヒンジカバーの高さ

あまりにも飛び出しすぎている丸い突起の山の高さを低くします。

_20171022_192611[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 脚部組上げ

膝曲げ120度、降着機構完全再現の脚部となりました。

20171022232424ba3.jpg

精度の確保が大変でしたが、この後最後のすり合わせが残っています。

☆ 1/24 スコープドッグ 膝関節下側軸固定

後からでは塗りにくい部分だけを先に筆塗りしておいて、軸を固定します。

_20171017_224147[1]

固定した軸周りを成形してから、塗装し直します。

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢内部機構筆塗り塗装

焼鉄色を作って、パーツを筆塗りします。

_20171015_203444[1]

サフ吹きの後、十分丁寧にヤスリが消したつもりでも、まだ荒れているところがあります。

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢内部機構パーツサフ吹き

軸を固定するために、内部機構はいち早く塗装しておく必要があります。
その前に、下地処理というよりは、あら探しをしなければなりません。

_20171014_170347[1]

十分ヤスリが消したつもりでも、表面はまだまだ荒れています。

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢内部機構パーツのクリアランス確認

各パーツのクリアランスを追い込んでいきます。

_20171009_125615[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 膝当て装甲モールド追加

ディティールアップのため、モールドを追加しました

_20171007_204624.jpg

精度を確保するのは 、苦手です。

☆ 1/24 スコープドッグ 膝当て装甲平滑面

無理矢理切り出したパーツなので、平滑面とエッジ出しをきちんと補正します。

_20171002_224544[1]

地味な作業が続きます。

☆ 1/24 スコープドッグ 膝当て装甲の厚み

お椀型の膝当て装甲については、お椀のままにせずに、縁から一段下げて蓋をします。

_20170930_130951[1]

このとき、装甲の厚みが問題になります。アーマードトルーパーの装甲厚は、ストロングバックスの前面装甲100ミリという特殊な例を除けば一般的には薄いもので、スコープドッグの装甲厚は6~14ミリです。 とは言え、1/24のスケールモデルだと、わずか0.5ミリ程度にしかなりません。さすがにそれでは薄すぎるので、見た目的にそれらしい厚みとなるよう削り込んでみます。


☆ 1/24 スコープドッグ 膝当ての幅詰め

下肢幅のスリム化に伴って、分離した膝当ての幅も詰めます。

_20170927_223126.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢左右パーツ連結橋

下肢の左右パーツを連結するブリッジ(橋)の断面は、全体に比べるとかなり少ない面積になります。

_20170926_230906[1]

そして高い精度が求められる部分でもあります。

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢内部段差埋めパーツ接着

ヤスリがけでパーツの精度を高めて、全く同じ位置に接着するだけでも結構神経使うものです。

_20170925_223426[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 下肢内部段差埋めパーツ

降着機構の複雑な構造に対し、隙間を埋めるためのパーツを作ります。

_20170924_213430[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足首三重間接仮組み

なんとか強度も確保できそうです。三重間なので自由度が高いです。
ドッグ系ATで、地面膝付きポーズまでやった作例はないでしょう。

_20170923_100851[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足首三重間接のパーツ

内部空間に余裕があるとは言え、強度を考えると結構厳しいものがありますね。

_20170922_233635[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足首三重間接を考える

クリアランスのあまり無い足首空間に、3重間接を仕込むことを考えます。

_20170920_231453[1]

荷重のかかる部分でもあるので、緩くならないこととできるだけ鉛直方向に軸が並ぶように配置したいものです。

☆ 1/24 スコープドッグ 足裏モールドの幅つめ

足幅をどれだけ詰めているかがわかります。

_20170919_223523.jpg

モールドを避け、余白部分を詰めていきます。

☆ 1/24 スコープドッグ 足首関節開口部の成形

関節自由度を高めつつ、開口部をできるだけ小さく、またシルエットも全方向から違和感なく見えるよう調整します。

_20170918_174450[1]

しかしこれでも大きく角度をとった場合、つながりに違和感で出てくるはずなので、関節カバーを考えなくてはなりません。

☆ 1/24 スコープドッグ 膝関節回転軸の円形化

膝関節の上側に隙間があかないよう、前側を円形にしたのが5年前でした。今回は後ろ側を加工します。

_20170917_173937[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガード クリアランス

1/24ともなるとギミックを仕込むのもかなり楽にはなりますが、それだけに欲も出て、複雑な機構になりがちです。そして、パーツのクリアランスもぎりぎりになってきます。

_20170917_103554[1]

まぁ、それだけ面白いともいえるのですが。

☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガードのリンク

複雑な間接になるかと思ったのですが、リンクを長く取ることによって、回転の軌跡で対応できそうです。

_20170915_232231[1]

☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガードのスジ彫り

ヤスリがけで失われたスジ彫りを彫りなおします。

_20170913_231459


☆ 1/24 スコープドッグ 足の甲のガード

分離した足の甲をガードするパーツを成形していきます。

_20170912_224615[1]

つま先を曲げたときに干渉しないように、高度なギミックが必要になるでしょう。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節軸受け設置

両足のつま先関節の位置決めができました。

_20170911_222505.jpg

角度はここまで曲げることができます。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節軸受け設置

つま先関節の回転軸と連結する、受け穴を開口します。

2017091021332282b.jpg

とにかく位置決めの精度が重要です。ずれれば、足裏が段違いになったり、ひねりが生じたりしますので。

☆ 1/24 スコープドッグ つま先関節茶筒状カバー 両足

もう一つも同様に作ります。

_20170908_223605.jpg

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1143)
  • オーディオ・ビジュアル(241)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(169)
  • 日曜大工(119)
  • 農と自然(306)
  • 車・バイク(152)
  • プログラミング(13)
  • その他(406)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5