FC2ブログ

☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー 膝関節下側受け

下肢と膝関節をつなぐ部分をプラ板箱組みで作ります。

20180801231421428.jpg

ほとんど隠れてしまうパーツなので、表面処理に気をつかいません。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー 脚部パーツ表面処理

3月にちょっと記事を載せていたレイズナーです。
パーツ分割し、表面成形しています。201807291513089f8.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ照準器の基部

バズーカ本体からニョキッと伸びている照準器の柄の先に、取り付け強度を増すための四角い基部を作りました。

201807291506193e3.jpg

ちょっとずつ進んでいます。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ照準器のクロスゲージ

黄色の透明セロファンに黒ビニールテープを細切りにして、クロスゲージを作りました。

20180711202103670.jpg

色が濃いかと想いましたが、そうでもないようです。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ照準器の枠

照準器には、クリアパーツを二重に埋め込むことにしました。

2018070822012440c.jpg

そこで、照準器本体と前枠、後ろ枠をプラ板削りだしで作ります。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ前後グリップ

フォアグリップは、ポリランナーを軸受け抵抗にした可動式としました。


☆ あじさい祭り 2018

昨年に続いて今年も撮ってきました。
昨年は初めてだったから、どう捉えて良いかわからなかったけど、今年は、2回目なので、なんとなくねらい所がわかってきた気がします。

20180624204054e30.jpg

201806242040555ec.jpg

201806242040558fe.jpg

20180624204057a47.jpg

20180624221356685.jpg

20180624221856d32.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ後部末端弾倉部分

三菱のスティックのり「消えいろピット」は、表面のモールドを作るために薄いプラシートを巻けば、1/24のバズーカ弾倉にちょうど良い太さになります。

20180616232312c90.jpg

銃身とのつなぎになる円錐部分は、傘状にしたプラシートで作りました。
接着して表面を整えます。

☆ JBL CONTROL 1X 入手!

JBLのCONTROL 1と言えば、基本設計を変えずに30年に渡って作り続けられたコンパクトスピーカーの名機中の名機です。プロユースのモニター機という位置づけであり、待合室やカフェなどで良く見られます。当時は、ライバルのBOSE(101)の方が圧倒的に流行したのですが、いつの間にかコンパクト機からは手を引いてしまったようで、JBLが後継となるCONTROL Xを発売して未だに第一線で活躍しているのとは対照的です。

2018061314312033f.jpg

とは言え、現行のCONTROL Xは、PA(Public Address:公衆伝達)機としては、かつてラインナップした5、8、10のようなデザインに近く、本来の姿なのでしょうけれど、家庭で使うには、佇まいというか全く魅力がありません。

音質については、モニター調ではなく、金管楽器などのジャズ向きなJBLサウンド。かといって、雰囲気だけでなく解像度も悪くありません。重低音は望めませんが、不思議と低音不足を感じさせない、正にリトルジャイアントなスピーカーです。長時間聞き続けると、疲れは出やすいほうかもしれませんが、BGM的に鳴らしている分には、スパイスが利いており、そういう意味ではPA向きなんでしょう。

唯一の欠点は、加水分解により10年程度しか持たないウレタンエッジですが、補修済み中古の外観良品を、ヤフオク底値近くで入手することができました。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ銃身順次接着

眺めていても埒があかないので、とりあえずまっすぐになるよう接着しました。

20180610230623a2e.jpg

歪み無く同心円の円錐状に仕上げていきます。

☆ ONKYO D-V7

新規店舗拡大中の総合リサイクルショップ 2nd STREETを何気なく物色していたところ、なんとONKYO D-V7のエッジ破損無し、弾力有り、サランネットダメージ無しの外観良品が、なんと2本セットで700円で売ってるではありませんか!

201806131431203a7.jpg

ヤフオクなら、底値でも1200円はするでしょう。両々も結構かかりますから、試しに買ってみました。ミニコンポ付属で単品売りはしていなかったスピーカーですが、付属スピーカーとは言え、ONKYO製品ですから、作りはしっかりしているはずです。

設置性の都合で幅を狭くする代わり、箱容積を奥行きで稼ぐ、いかにもミニコンポ付属らしいタイプの寸法です。再生周波数のカタログスペックは50ヘルツ~となっていますが、測定グラフでは、まあ良いとこ80ヘルツくらいからしか立ち上がってきません。エッジ込みの口径で実測10センチ、容積7リットル弱の前面バスレフと、低音は使いこなしでどうこうなるものではないですが、まじめな美音なのは、いかにもONKYOらしいところ。

なかなか良い買い物だったと思います。真ん中に移っているのは、TDKのXA-80本体で、サブウーハーとして使えないか実験しているところです。

☆ 超小型 中華デジタルアンプ 基盤完成品

アマゾンのレビューで、ノイズ対策の改造例が写真付き載っていたため、ワンコイン以下という激安なこともあって、試しに買ってみました。

20180613143117ff2.jpg

ACアダプターは、5~12V程度であれば使えるようです。残念ながら、ホワイトノイズが許容できる範囲を越えているため改造例を試してみました。確かに、無音時のノイズは改善されるのですが、音楽信号を入れたときのノイズは改善されません。もう少しのノイズレベルが低ければ、音質自体は悪くないだけに残念です。

☆ SONY SA-S1の高音域改善

完成した自作スピーカーやD-200Ⅱと、SA-S1と聴き比べしてみましたが、SA-S1の静電型ツイーターは、やはり高音域が低下しているのがわかります。SA-S1の高音域減衰の抵抗値調整は、約5年前に一度チャレンジして失敗していたわけですが、再チャレンジしてみました。

R141と書かれている抵抗が、高音域のレベルをウーハーに合わせるためのアッテネーターであることが知られていますが、以前は、ここを単純に銅線で平行バイパスしてしまったわけです。負荷がかかりすぎるのか、あるいは保護回路か何かがあるのか、しばらくすると極端に音が出なくなるので、あきらめていました。

ここに可変抵抗を用いた作例もあって、要は適切な減衰値が得られればいいわけです。そこで、以前、低音が強すぎるデノンのスピーカーを入手するつもりで用意していた、5W 5.6Ωのセメント抵抗を、半田付けしてみることにしました。

20180507223718c68.jpg

やってみたら大成功、何種類か試せれば一番良いのでしょうけれど、とりあえずは、ベールが一枚かかっていたような高音域が、すっきりと出るようになりました。

☆ 卒業式のビデオ編集

3月の卒業式で撮影したビデオを編集して、ブルーレイディスクにしました。

☆ Nakamichi PA-300Ⅱ カー用パワーアンプのホームユース

2機所有しているNakamichiの車用パワーアンプ「PA-300Ⅱ」は、それぞれ18年前と5年前とに車から取り外して以来、デッドストックしていました。もったいないのでいつか活用してみたいと思っていましたが、ボリューム(可変式アッテネーターやプリアンプでも可)がないと使えないことと、電源の取り方がわからなかったこともあって放置していました。

20180510135948883.jpg

今回の自作スピーカーをどこに使うかは決めてなかったのですが、いまいち高音の冴えなくなっているSONY SA-S1と置き換えることにしたので、パワーアンプとして使うことに決定。(ただし、この後、SA-S1は、ツイーターへの抵抗のバイパス改造によりすっきり改善されることになるのだが。)
 電源の取り方は、Remote端子と+端子を結線(ショート)させれば良いとのことなので、ハードオフで15V5Aのたぶんノートパソコンで使われていた?中古ACアダプー(540円)を買ってきて、つけてみました。2機のうち、1機は壊れてしまったようですが、もう一機は使えるようです。電源投入後、30秒くらいはポップノイズがでるので、キャパシタの容量抜けか何かがあるようですが、電荷がチャージされた?以降はちゃんと使えます。

プリアンプなしでも、ボリューム調整ができる機器であれば、スマホでもなんでも直結して使えるんですけどね。パソコンで使う場合、ボリューム付きハイレゾ対応USB-DAC(ヘッドフォン端子有り)のFASTEX PC100USB-HRが、音質とコンパクトさ、適度な重み、そして手の届く値段と唯一無二の存在のため、二個目をヤフオク中古で買っちゃいました。

2018061707440969e.jpg

20180617081258980.jpg

スピーカーの設置は、耳の高さにツィーターがくるように天地逆さにしました。いい音で鳴っています。

☆ バンダイ食品玩具 G-FLAME ドム

スーパーのお菓子売場で見つけた「超絶アクションフレーム採用」G-FLAMEです。

フレームと外装が別売りパッケージになっていて、基本的には2つそろって購入する必要があります。共に500円なので、合計1000円!食玩としては高めですが、内容的には納得せざるを得ません。

201805101359465c9.jpg

20180510140203273.jpg

☆ 自作スピーカー完成!

ようやく完成しました。塗装仕上げを断念し、カッティングシートにしてからは、ほぼ1日で仕上がりました。

20180509125443ec2.jpg

☆ ダイソーカッティングシートを貼る

どうにもこうにも塗装がうまくいかないので、革風のカッティングシートを貼ることにしました。ダイソーの100円商品で、1枚30×80センチです。8枚使いました。

201805092258306f7.jpg

背面に作ったくぼみに、ネットワークをケースごと埋め込みます。



蓋をすればすっきり。

201805092255498bd.jpg

サランネットの代わりに、トライアルで購入した199円のメッシュ生地Tシャツをカットして貼り付けます。

20180509225552ee1.jpg

☆ 2018芝生刈り開始

4月最初の週末が、最初の芝生刈りになるのが近年のパターンのようです。今冬ほどモグラにやられた年はありませんでした。玄関前の冬雑草も多くなる一方。



今年こそは土入れしないと。

☆ 初めてのハンコックタイヤ

今の通勤距離では、2年しかタイヤが持ちません。これまでに3回ピレリを履きましたが、韓国製タイヤはピレリの半額以下で購入出来ます。

_20180408_224008.jpg

中でもハンコックは評価が高いらしく、試しに履いてみることにしました。サイドウォールが若干柔らかめで、乗り心地が良いです。

☆ 札幌駅にて

簡単には行き来出来ない北の地での暮らしが始まる。



映画のワンシーンのような別れ。この日のことを決して忘れにないだろう。

☆ 釧路川の夜景

今日は新しい年度の始まり。気温ほどには寒くは感じず、紺碧の水面に映る灯りに落ち着いた気持ちになる。

_20180402_192133.jpg

こんな素敵な街で、どんな青春時代を過ごすのだろう。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー 上腿サイズアップ

スコープドッグのバズーカ製作、気が乗らないのでまた寄り道。



固定ポーズで、レイズナーでも作ってみますか、って1/100スナップフィットキット、パーツばらして、再構成するわけですから手強いでっせ。まずはあまりにも小さい上腿をサイズアップします。

☆ 皮膜があつくなってきた?


[More...]

☆ 本体色を黒から白へ

真っ黒い塗装と格闘して飽きてしまったので、思い切って当初に考えていた白いスピーカーにする事にしました。

白は隠蔽力が一番弱いわけで、また遠回りです。

_20180402_191857.jpg

☆ 釧路川の夕日

初めて訪れた北海道釧路市
全く縁の無かった北の地に、これから何度訪れることになるのだろう。

西側に河口の開けた釧路川は、夕日の名所だそうです。

20180313055514311.jpg

3月の日差しは強く、最高気温3℃程度でも、真昼頃は潮風が気持ち良く感じられたのは驚き。

20180313055517750.jpg

幣舞橋には、4体の裸婦像「四季の像」が立っています。

2018031305551687c.jpg

フィッシャーマンズMOOで頂いた「さんまんま」と「サンマのつみれ汁」は絶品でした。

20180313061902f9b.jpg

☆ 刷毛塗りでリフティングを修復

刷毛目がしっかり着いてますが、それなりに厚めの塗装被膜を形成したいのでガッツリ塗りました。

20180313062549401.jpg

今度はしっかり乾燥させてから表面仕上げします。

☆ サンダー研ぎ出し

結局手作業ではどうにもならないので、リョービのサンダーを購入。材料費や道具代で、中古スピーカーの良い出物が買えてしまいます。

20180304222643ab4.jpg

かなり深く削ったつもりでも、塗装の層にまだ粘性があるせいで平滑面が出ません。この上にまた厚塗りしたら、また同じことの繰り返しです。そこで、ある程度削ったら、洗濯物用ドライルームで完全硬化させます。カチカチに乾いたら、思い切って深く掘り下げて、平面出しをします。結局はその方が早いと思います。

☆ 塗装失敗 リフティング(チヂミ)

もう何ヶ月、塗装に費やしていることやら >_<;

下地処理が甘かったせいなのはわかっているのですが、正に急がば回れでしたね。
後悔しても遅いですが。。。

20180304222658c04.jpg

前回の塗装から一週間たっているのに、完全に乾ききっていなかったせいで、缶スプレーを吹いたらリフティングが起きてしまいました。それもかなりの重傷。このときは原因がわからなかったので、後で研ぎ出しすればいいやと思っていたのですが、実は大変なトラブルでした。

カレンダー


07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1171)
  • オーディオ・ビジュアル(277)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(172)
  • 日曜大工(120)
  • 農と自然(307)
  • 車・バイク(154)
  • プログラミング(13)
  • その他(413)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5