☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 2018芝生刈り開始

4月最初の週末が、最初の芝生刈りになるのが近年のパターンのようです。今冬ほどモグラにやられた年はありませんでした。玄関前の冬雑草も多くなる一方。



今年こそは土入れしないと。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー 上腿サイズアップ

スコープドッグのバズーカ製作、気が乗らないのでまた寄り道。



固定ポーズで、レイズナーでも作ってみますか、って1/100スナップフィットキット、パーツばらして、再構成するわけですから手強いでっせ。まずはあまりにも小さい上腿をサイズアップします。

☆ 本体色を黒から白へ

真っ黒い塗装と格闘して飽きてしまったので、思い切って当初に考えていた白いスピーカーにする事にしました。

白は隠蔽力が一番弱いわけで、また遠回りです。

_20180402_191857.jpg

☆ 釧路川の夕日

初めて訪れた北海道釧路市
全く縁の無かった北の地に、これから何度訪れることになるのだろう。

西側に河口の開けた釧路川は、夕日の名所だそうです。

20180313055514311.jpg

3月の日差しは強く、最高気温3℃程度でも、真昼頃は潮風が気持ち良く感じられたのは驚き。

20180313055517750.jpg

幣舞橋には、4体の裸婦像「四季の像」が立っています。

2018031305551687c.jpg

フィッシャーマンズMOOで頂いた「さんまんま」と「サンマのつみれ汁」は絶品でした。

20180313061902f9b.jpg

☆ 刷毛塗りでリフティングを修復

刷毛目がしっかり着いてますが、それなりに厚めの塗装被膜を形成したいのでガッツリ塗りました。

20180313062549401.jpg

今度はしっかり乾燥させてから表面仕上げします。

☆ サンダー研ぎ出し

結局手作業ではどうにもならないので、リョービのサンダーを購入。材料費や道具代で、中古スピーカーの良い出物が買えてしまいます。

20180304222643ab4.jpg

かなり深く削ったつもりでも、塗装の層にまだ粘性があるせいで平滑面が出ません。この上にまた厚塗りしたら、また同じことの繰り返しです。そこで、ある程度削ったら、洗濯物用ドライルームで完全硬化させます。カチカチに乾いたら、思い切って深く掘り下げて、平面出しをします。結局はその方が早いと思います。

☆ 塗装失敗 リフティング(チヂミ)

もう何ヶ月、塗装に費やしていることやら >_<;

下地処理が甘かったせいなのはわかっているのですが、正に急がば回れでしたね。
後悔しても遅いですが。。。

20180304222658c04.jpg

前回の塗装から一週間たっているのに、完全に乾ききっていなかったせいで、缶スプレーを吹いたらリフティングが起きてしまいました。それもかなりの重傷。このときは原因がわからなかったので、後で研ぎ出しすればいいやと思っていたのですが、実は大変なトラブルでした。

☆ ONKYO FR-X9 ゴムベルト交換

2001年製 ONKYO FR-X9のゴムベルトを交換します。FRシリーズは、ヤフオクでも数多く出ていますが、ゴムベルト劣化によるジャンク品は格安で入手できる上、補修パーツであるゴムベルトもCDパーマンさんから簡単に入手でき、修理も比較的簡単ですので、中古オーディオの目玉商品といえます。

修理の手順についてはこちらのサイトが大変わかりやすいです。参考にしつつ、少しだけ手抜きをして交換作業をしていますが、そのサイトで最大の難関と指摘している部分は、外す作業よりも組戻すときの方が苦労するので、注意してください。

20180304222641245.jpg

本体を覆うカバーを取りはずし、台所用クレンザーで汚れを落とします。

201803042226397e0.jpg

外すビスの数はそれほど多くありませんが、このようにまとめておくと紛失もしないし、戻すとき手際よくできます。

20180304222638389.jpg

伸びるどころかすっぱり切れていました。交換しやすいのでかえっていいかも。

201803042226370ca.jpg

トレイは取り外すほど完全に引き抜く必要はなく、ゴムの上部を覆っているカバーも爪を一カ所外すだけでゴムの交換が可能です。

ピックアップが劣化してなければこのゴムベルト交換だけで直ります。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ銃身中央部

アクリルは硬いのなんのって。。。グラインダー使わないと疲れるばかりです。

20180225232411cf7.jpg

グラインダーで大まかに削ったので、あとは微調整ですね。

☆ ONKYO FR-X9

中古ジャンク品を格安で入手しました。CDトレイが開閉しないとのことですが、ゴムベルトのヘタリであることは確実でしょう。そこで、ゴムベルトを
CDパーツマン」に発注しました。

2018022413385225b.jpg

もしピックアップがダメでも光デジタル入力があるので、その時は、光出力付きのCDウォークマンをつなぎます。LINE入力からの音出しは正常でした。リモコンは安く出品されるまで気長に待ってみます。

☆ 鏡面下地出来た?

楕円スピーカー取り付け面が、なかなかきれいになりませんが、なんとか鏡面下地出しが終わりそうです。

2018022413385160e.jpg

手作業でヤスリ掛けしていることもあって
鏡面ではあるけど完璧な平面出しにはなってない感じです。

まあ、今回は良い勉強になってます。これで音がよかったら、また作っちゃいそう(^^;)

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ銃身素材決まり

いらなくなったボールペンの軸が、バズーカの銃身の太さにぴったり。

20180218215542389.jpg

銃身の太い部分は、アクリルパイプをカットし、テーパーをつけて接合していきます。

☆ ピカピカになってきた

だいぶ鏡面らしくなってきたかな?

20180218222245b85.jpg


20180218215819272.jpg

☆ デフオイル漏れ

5,000㎞毎のオイル交換にディーラーに行ったら、なんとデフオイルの漏れが見つかりました。(2/17)


201802182155400ce.jpg

1.3Lの規定量に対して、オイルを補充したら1L入ったとのことで、危ないところでした。
台車は即日手配していただけました。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカのグリップ基部

プラ板箱組みで作っていきます。

2018021310300149e.jpg

フォアグリップを可動式にするため、後で軸をもうけます。

☆ 刷毛塗り最後になりませんね。。。

ヤスリがけしても木材が露出しなくなってきたので、下地はできあがりつつあるのですが、なかなか鏡面になりませんね。

20180211233045a56.jpg

もう少しなんだけどなぁ。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカのグリップ

今度は、グリップの芯を作ります。

20180211232846ecd.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカ前側取っ手の芯

1/35キットを参考に、1/24のバズーカを作っていきます。

20180211232844364.jpg

まずは前の取っ手の芯からです。

☆ 1/24 スコープドッグ プラ・パテ混合成形

エポキシパテブロック削りだしパーツに、キットのプラパーツ部分を埋め込みました。

201802082302316e1.jpg

さすがにキットを使った方が楽に成形できます。ただし、複合素材の場合の表面処理は難しくなりますね。

☆ 刷毛塗り最後になるか?

600番のヤスリ掛けをして、木材面が出てこなくなれば、鏡面下地になるでしょう。

20180203100627ea7.jpg

この次、スプレーに移行出来ればいいんだけど、たぶん、もう一回刷毛塗りかなぁ。

☆ 最後のパテ塗りにしたい(>_<)

これで何度目のパテ塗り?

2018020310062670b.jpg

さすがにもう最後にしたい。!

☆ 1/24 スコープドッグ 右人差し指成形

太さや角度に不自然があった人差し指を成形します。

201802031006283a1.jpg

プラシートやパテの継ぎ接ぎなので、表面仕上げが苦労しそうです。

☆ 1/24 スコープドッグ  右握り手サフェーサー塗り

人差し指の整形がまだですが、サフ吹きをしました。

2018012223362074c.jpg

☆ モグラの山片付け

この冬は未だかつて無いほどモグラの被害にあいました。

20180121214419ed7.jpg

たぶん30カ所くらいは山になっています。ヤレヤレ。

☆ 鏡面のベースが見えてきた?

ようやく平滑面の下地に手が届きそうです。

20180121214422178.jpg

映り込みも結構綺麗になってきました。

☆ まだムラがあるかな?

これでいったい何度目でしょう?

20180121214423584.jpg

まだ平らになりませんね。

☆ 1/24 スコープドッグ  左握り手サフェーサー塗り

左握り手手の表面をヤスリがけし、サフェーサーを塗りました。

20180121214425bad.jpg

荒隠しですが、この後、スジ彫りの均一性を調整します。

☆ 1/24 スコープドッグ 握り手4指削り込み

エポキシパテの固まりから、指を作っていくのはやはり大変ですねぇ。

20180121214426fc5.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ 左握り手3指切削

人差し指を差し替え式にする予定なので、残り3指を切削していきます。

20180115225420967.jpg

かたく握った感じに仕上げていきます。

カレンダー


03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1162)
  • オーディオ・ビジュアル(268)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(170)
  • 日曜大工(120)
  • 農と自然(307)
  • 車・バイク(153)
  • プログラミング(13)
  • その他(412)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5